Monthly Archives: 2月 2014

この記事は、2014年2月15日に更新の、ついにソチオリンピックで、日本代表選手からメダル第1号が誕生! 獲得した選手は15歳!の続きの内容となります。

 

前回のメダル獲得第1号の記事から、えらく遅れましたが、ソチオリンピックにおけるメダル獲得についての記事をお送りいたします。

 

日本時間で、2月14日の0時に行なわれたフィギュアスケート男子ショートプログラムで、日本代表の3選手のうち、羽生結弦選手が101.45点という、史上初の最高得点で1位に!

 

高橋大輔選手は、86.40点で4位。

 

町田衛選手は、83.48点で11位という結果となりました。

 

そして、2月15日の日本時間0時に行なわれたフリーの結果は、町田樹選手が169.94点で、ショートの得点と合わせると253.42点で5位。

 

高橋大輔選手が162.27点で、ショートの得点と合わせると250.67点で6位。

 

そして、ショートで史上初の最高得点となった羽生選手は178.85点で、ショートと合わせて280.09点で、結果、見事金メダルを獲得!

 

フィギュア男子の日本代表としても史上初の快挙を達成したのでした!

 

金メダルを獲得した羽生選手のフリーの演技は、最初の4回転サルコウは転倒。

 

3回転フリップは着氷で詰まるようにバランスを崩し、両手をついてしまいました。

 

けれど、ほかのジャンプは予定通りに跳び切り、ラストのステップ、スピンを力強く演じたことや、ショートの点数が史上初の高得点だったことが功を奏したみたいでしたね。

 

高橋大輔選手は、最初の4回転トゥループは、両足ながらも着氷。

 

でも、3回転ジャンプは危なげない場面はなく、最後ということもあって、時おり笑顔を見せながら滑っていた姿。

 

徐々にスピードが上がるスピンでは、観客から拍手と歓声が。終盤のステップでは、ビートルズメドレーの曲の広がりとともに、リンクを広く使って壮大なスケーティングを見せたのでした。

 

ラストのスピンを終えると、観客からは大歓声。 昨年11月末に右すねにケガを負った高橋だったものの、影響をほとんど見せない演技だったように見えたのでした。

 

フリーの得点は162.27点。

 

ショートの得点と合わせた結果250.67点で6位という結果となりました。

 

もう1人の町田選手は、最初の4回転トゥループは、着氷が滑り転倒。次の4回転は着氷でこらえて2回転トゥループをつけ、連続ジャンプにしました。

 

4回転の転倒はあったものの、トリプルアクセル、他の3回転ジャンプとともにしっかりと勢いをつけて跳ぶことに。

 

持ち直した終盤のジャンプは、それぞれ丁寧に跳んだ印象を受けました。

 

ステップでは、大きく手足を動かし「火の鳥」の動きを見せることに。

 

しかし、演技後に町田選手の笑顔はなく、少し気落ちした表情でキス&クライで待っていた得点は 、ショートの得点と合わせた結果、253.42点で5位となりました。

 

これにより、

 

金メダル 羽生結弦選手(日本)

銀メダル パトリック・チャン(カナダ)

銅メダル デニス・テン(カザフスタン)

 

という結果となっていたのでした。

 

●スキージャンプ男子ラーシヒル個人・決勝で、葛西紀明選手が悲願の銀メダル獲得!

 

以下、ソチオリンピックの日本代表選手におけるメダル獲得の話題をダイジェストでお知らせいたします。

 

2月16日、日本時間の午前2時30分に行なわれたスキージャンプ男子ラーシヒル個人・決勝で、日本の葛西紀明選手が悲願の銀メダルを獲得しました!

 

以下、1位~3位までとなる結果です。

 

金メダル カミル・ストップ(ポーランド) 278.7点 2冠達成!

銀メダル 葛西紀明(日本) 277.4点

銅メダル ペテル・プレヴツ(ポーランド) 274.8点

 

葛西選手が銀メダルを獲得したことで、日本のメダル獲得数は5個。

 

つまり、バンクーバーオリンピックのときの日本のメダル獲得数に並んだことになりました。

 

●スキージャンプ男子ラージヒル団体の決勝で、日本が銅メダルを獲得!

 

2月18日に行なわれた、スキージャンプ男子ラージヒル団体の決勝で、清水礼留飛選手、竹内択選手、伊東大貴選手、葛西紀明選手による日本が銅メダルを獲得!

 

長野オリンピック以来、16年ぶりの団体でのメダル獲得となりました!

 

以下、1位~3位までを表す結果となります。

 

金メダル ドイツ 1041.1点

銀メダル オーストリア 1038.4点

銅メダル 日本 1024.9点

 

ジャンプ男子ラージヒル団体で日本が銀メダルを獲得したことで、メダルの数は6個に。

 

これにより、バンクーバーオリンピックのときの5個を上回る獲得数となりました!

 

●日本人選手女子メダル1号! スノーボード女子パラレル大回転の決勝で、日本の竹内智香選手が銀メダルを獲得!

 

もうひとつ、2月19日に行なわれたスノーボード女子パラレル大回転の決勝で、日本の竹内智香選手が、途中で転倒はしたものの、銀メダルを獲得!

 

ソチオリンピックに出場の女子選手でのメダル1号となったうえ、スノーボード女子としても初の快挙を達成しました!

 

決勝の結果は次の通りです。

 

金メダル パトリシア・クマー(スイス)

銀メダル 竹内智香(日本)

銅メダル ZAVARZINA Alena(ロシア)

 

これにより、日本は7個目となるメダル獲得となりました!

 

あともう少しでソチオリンピックも終わりますが、バンクーバーオリンピックでは銀メダルだったスピードスケート女子チームパシュートなど、日本代表選手がメダルを獲得できそうな競技がまだ残っています。

 

ひき続き日本代表選手の活躍に期待しましょう! (349)

スポンサード リンク

ついに、ソチオリンピックの日本代表から、待望のメダル第1号が誕生しました!

 

それは、現地時間で2月12日に行なわれたスノーボード男子ハープパイプ決勝で、平野歩夢選手が銀メダルを!

 

平岡卓選手が銅メダルを獲得したことです!

 

正確に言えば、ひとつの競技でメダルが一度に2号誕生したことになるでしょうね。

 

しかも、平野選手の年齢が15歳で、平岡選手が18歳と、2人とも10代の選手。

 

日本選手で史上最年少だけでなく、冬季オリンピックのスノーボードにおけるメダル獲得も初という快挙を成し遂げたのでした!

 

第1位~第3位までの結果は次の通りです。

 

金メダル ユーリ・ポドラドチコフ(スイス) 94.75点

銀メダル 平野歩夢選手 93.50点

銅メダル 平岡卓選手 92.25点

 

なお、少しだけ注目をしていた、3連覇を狙っていたアメリカのショーン・ホワイト選手は90.25点で4位に終わっていました。

 

●20年ぶりに日本代表選手がメダル獲得! ノルディック複合男子ノーマルヒル個人・決勝

 

さらに、2月12日には、前半はジャンプ、後半は10kmのクロスカントリーで争われた、ノルディック複合男子ノーマルヒル個人・決勝で、日本の渡部暁斗選手が銀メダルを獲得!

 

これにより、ノルディック複合個人で、日本代表選手としては20年ぶりのメダルをもたらしたのでした!

 

 

今後も、ソチオリンピックにおける日本代表選手のメダル獲得については、新しい情報がわかりしだい私のブログでもお伝えいたします。 (246)

さて、かなり遅ればせながらですが、2月8日に、ついにソチオリンピックが開幕しました!

 

そこで、これも遅ればせながらではあるものの、私のブログでもソチオリンピックについての記事を書いてみることにしました。

 

2月8日に開催されたソチオリンピックの開会式については、私のメインブログである「続きは、CMのあとすぐ!」のcommerdialさんが、2014年2月9日に、新たに12種目が加わったソチオリンピックが開幕! 2月8日の開会式では2つのハプニングも発生!の記事でご紹介しましたので、このブログでは省略させていただきます。

 

●ソチオリンピックで新たに加わった、新種目の12種目について

 

記事のタイトルにもありましたように、ソチオリンピックでは、今季の大会より新たに12種目もの新種目が加わりました。

 

4競技12種目である新種目は次のようになります。

 

・スキージャンプ女子ノーマルヒル

・スキーフリースタイルハーフパイプ(男子・女子)

・スキーフリースタイルスロープスタイル(男子・女子)

・フィギュアスケート団体

・リュージュ団体(チームリレー)

・スノーボードスロープスタイル(男子・女子)

・スノーボードパラレル回転(男子・女子)

・バイアスロン混合リレー

 

これにより、2010年のバンクーバーオリンピックのときの7競技86種目を上回る、7競技98種目となったということでした。

 

新種目であることから、どの国のどの選手、あるいはチームが優勝しても、ソチオリンピックにおける記念すべき初代女王・初代王者・初代優勝チームとなれるチャンスがあるわけです!

 

12種目のうち、すでに競技が行なわれたスノーボード男子スロープスタイルに出場の、日本の角野友基選手は8位入賞に。

 

個人的に期待していたフィギュアスケート団体では、日本は5位入賞で終わってしまったことで、残念ながら初代優勝チームになることはできませんでした…。

 

それでも、スキージャンプ女子ノーマルヒルに出場の高梨紗羅選手をはじめ、初代女王あるいは初代王者、リュージュ団体やバイアスロン混合リレーにも日本がエントリーしていたのであれば、初代優勝チームとなれる可能性はまだあります!

 

個人的に、いちばん楽しみにしているのは、フィギュアスケート男子・女子による個人戦です。

 

でも、ソチオリンピックでは、新たに12種目が加わったことで、初代女王・初代王者・初代チームは誰になるかという楽しみも出てきました。

 

できれば12種目のうち、どれか1種目でも日本代表の選手がそうなってほしいですね。

 

なお新種目のうち、この記事を書いている時点で残りとなる10種目の結果については【追記】という形でお知らせの予定です。 (453)

この記事は、2月3日に更新のついに笑っていいとも!新レギュラーとして水曜日に登場した、とんねるずの石橋貴明!の続きですが、1月24日に更新の、とんねるずの木梨憲武が、新レギュラーとして笑っていいとも!木曜日に登場!の続きとも言える内容となります。

 

2月3日月曜日の「笑っていいとも!」月曜日で、いいとも新レギュラーになったばかりで、不定期レギュラーでもあるとんねるずの木梨憲武さんがまたやってくれました!

 

それは、いいとも月曜日の「明日忘れるゆる名言」というコーナーでのこと。

 

月曜レギュラーの1人であるさまぁ~ずの三村マサカズさんが、最近気付いたことを名言ぽく発表する見本を見せようと、用意されていた木の台の上にあったフリップを立て、「亀はうら…」と発表していたその時!

 

バリッ! という音を立て、フリップを立てた台の板を突き破るかのように、とんねるずの木梨憲武さんが登場したのでした…!

 

頭から登場した憲武さんは「アイタッ…!」と言いながらも、台に入った状態で、あらかじめ用意していた 、

 

「レギュラーだ!!  月曜いいとも!!  来たで、来たで!!」

 

と書かれた「明日忘れるゆる名言」のフリップを見せ、声にも出して発表したのでした。

 

不定期レギュラーだけに、何日の何曜日に登場するのかまったく予想はしていませんでしたが、まさか、フリップを置く台という、あんな狭いところに隠れていたとは思いもしませんでした!

 

憲武さんによると、ゆる発言のコーナーが始まるおよそ6分前からスタンバッていたとのこと。

 

もちろん、月曜レギュラー全員はこのことを知らず、知っているのはタモリさんだけだったそうです。

 

まさに、緊急参戦とでも言うべき憲武さんの、2度目となる神出鬼没な月曜いいともの登場となりましたね!

 

ちなみに、突然の憲武さんの登場にいちばんビックリし、しばらくは動けなかった三村さんにおける、見本として発表予定だったゆる名言は次のようになっていたのでした。

 

「亀はうらがえると死んでしまうといわれてますが、生きたきゃがんばるんだぁなぁ みむを」 (337)

この記事は、1月24日に更新のとんねるずの木梨憲武が、新レギュラーとして笑っていいとも!木曜日に登場!の続きとも言える内容となります。

 

先週の1月23日の木曜日に放送された「笑っていいとも!」(以下、いいとも)では、とんねるずの木梨憲武さんがいいともの新レギュラーとして登場しましたよね。

 

そして今度は、とんねるずの石橋貴明さんが1月29日の水曜日に、ついに新レギュラーの登場を果たしたのでした!

 

●木梨憲武以上のサプライズを期待していただけに、ちょっと拍子抜けした石橋貴明の登場

 

貴明さんは、オープニングの水曜レギュラー出演者紹介で、一番端にいたフジテレビアナウサーの三田友梨佳さんの隣で、地味な服装で、直立不動で立つように登場。

 

すると、水曜レギュラーである爆笑問題の太田光さんより、

 

「転校生を紹介します。

 帝京高校をタバコ吸って退学になった石橋君です」

 

と転校生として紹介されたことで、貴明さんは、いかにも転校生らしく、いいともの観客に向かって深々と頭を下げるのでした。

 

次に、いいともの観客を自分の生徒たちに見立てたかのように、

 

「みんな仲良くしてやってね」

 

と太田さんが言うと、

 

「迷惑かかんないようにします」

 

と、あくまで謙虚な姿勢をとっていた貴明さん。

 

さらには、 太田先生(←いつの間にか先生に?)が、

 

「まだ教科書を持っていないので吉田君の隣に座って」

 

と、1人分だけ空いていた客席を指すと、貴明さんは素直に従って客席のほうへと行き、苗字が吉田かどうかはわからなかったものの、ある年配の女性の隣に空いていた席へとちょこんと座ることに。

 

でも、すぐに太田さんから「もういいよ」の声がかかったことで、貴明さんは再びステージへと戻ったという、新レギュラーとしては、ちょっと先生と転校生の設定でのミニコントのような登場ならびに紹介となったのでした。

 

みなさんもそうだったと思いますが、私も、とんねるずの木梨憲武さんが突然スタジオの天井からワイヤで降下しながら現れたことで、貴明さんにはそれ以上のサプライズ的登場を期待していたのでした。

 

それだけに、転校生役として真面目に登場していた貴明さんを見たときには、ちょっと拍子抜けした感じがしてしまいましたね。

 

●新聞のテレビ欄でも告知されていた、いいとも新レギュラーとしての石橋貴明の登場 

 

憲武さんの1月23日のいいとも登場は新聞の番組欄でも告知されていなかったことから、まさに神出鬼没でもありました。

 

一方貴明さんについては、いいとも水曜日の出演については、あらかじめ新聞のテレビ欄でも告知されていました。

 

そのため、いったいどんな破天荒な登場のしかたになるんだろう? と注目されましたが、上記したように、貴明さんらしくない、実に真っ当な登場となったのでした

 

その後も、各コーナーにも出演し、いいとものレギュラーとしてきちんと役割を果たした貴明さん。

 

エンディングでは、司会のタモリさんが「どうでしたか?」と、新メンバー最初のいいとも出演の感想を聞くためにマイクを向けると、貴明さんは、

 

「このあと『ごきげんよう』でもがんばります」

 

と、午後13時からの小堺一機さん司会の番組出演まで予告することに。

 

でも、さすがにこれは冗談だったみたいでしたね。

 

ネットのユーザーさんたちは、1月29日の貴明さんのいいとも新レギュラーとしての登場は、あくまでもごあいさつがわり。

 

今後は、ハチャメチャで破天荒な展開を期待したいといった投稿が多く寄せられていたのでした。

 

私も、今後貴明さんがいいともの不定期レギュラーとして、ぜひハチャメチャで面白くなりそうな展開を期待したいですね。 (471)

スポンサード リンク