Monthly Archives: 6月 2014

さあ、グループA~グループHまで、連日熱戦をくり広げてきたワールドカップブラジル大会のグループリーグの全試合が終了したことで、ついに決勝トーナメント進出ベスト16のチームが決定しました!

 

●グループA~グループHで決勝トーナメントに進出した上位2チーム

 

まず、グループA~グループHまでの、決勝トーナメントに進出した上位2チームは次のようになっていました。

 

【グループA】

1位 ブラジル

2位 メキシコ

 

【グループB】

1位 オランダ

2位 チリ

 

【グループC】

1位 コロンビア

2位 ギリシャ

 

【グループD】

1位 コスタリカ

2位 ウルグアイ

 

【グループE】

1位 フランス

2位 スイス

 

【グループF】

1位 アルゼンチン

2位 ナイジェリア

 

【グループG】

1位 ドイツ

2位 アメリカ

 

【グループH】

1位 ベルギー

2位 アルジェリア

 

あぁー…、こうして見ると、決勝トーナメント進出のグループCの上位2チームに日本の名前がなかったのは、あらためて残念に感じてしまいましたね……。

 

しかも、韓国、イラン、オーストラリアといった、日本を含むアジア勢4チームも、全て最下位の4位で全滅という結果となってしまったのでした

 

●決勝トーナメントから本格的に面白くなるワールドカップ!

 

日本が決勝トーナメントに進出できなかったのは残念でしたが、決勝トーナメントから本格的に面白くなるのがワールドカップでもあります!

 

なにしろ、グループリーグと違って引き分けはなく、前半と後半合わせて90分で勝負がつかなかったら、前半15分、後半15分の30分間の延長戦に。

 

それでも勝負がつかなかった場合はPK戦へともつれ込むことで、どちらかが勝つまで試合をやらなければならないんですからね。

 

そうなった場合、選手たちにとってはこのうえなくしんどいんでしょうが、見ているこちら側としては、決勝トーナメントでPK戦までもつれ込むような試合がたくさんあることを望んでいます。

 

それに、アルゼンチンのメッシ選手や、ブラジルのネイマール選手など、スーパースターと呼ばれている選手のスーパープレイが見られるのも楽しみですね。

 

●決勝トーナメントの組み合わせと試合日程 第1戦はブラジル対チリ!

 

その決勝トーナメントですが、ついに組み合わせと試合日程が次のように決定しました!(日付は現地のものとなります)

 

【6月28日】

 ブラジル対チリ

 コロンビア対ウルグアイ  

 

【6月29日】  

オランダ対メキシコ  

コスタリカ対ギリシャ  

 

【6月30日】  

フランス対ナイジェリア  

ドイツ対アルジェリア  

 

【7月1日】  

アルゼンチン対スイス  

ベルギー対アメリカ

 

なお、第1戦のブラジル対チリ戦は、この記事を更新した翌日の6月29日(日)の深夜1時よりTBSで放送されるそうです。

 

 

ということで、次はベスト8チームが決定次第、またワールドカップブラジル大会の記事の続きとして書いてみたいと思います。 (198)

スポンサード リンク

この記事は、2014年グループリーグ第2戦で、日本対ギリシャは0-0の引き分け 決勝トーナメント進出はコロンビア戦で勝つことが絶対条件に!の続きの内容となります。

 

6月25日、日本時間午前5時より、日本対コロンビア戦の試合が行なわれ、私も、もしかしたら日本代表におけるワールドカップブラジル大会の最後の試合となるかもしれないと思い、テレビ朝日でリアルタイムで見ました。

 

コロンビアはフルメンバーではなく、11人中8人が控えといった、まさに1.5軍か2軍とも言えるメンバーに。

 

それでも、日本に比べたらはるかに強いと言われていました。

 

負けたらグループリーグ即敗退となる、まさに崖っぷち、背水の陣で挑んだ日本のコロンビア戦は、前半16分ごろ、コロンビアのラモス選手が日本の今野選手にペナルティーエリア内で倒され、PKを獲得。

 

これをクアドラード選手ががゴール中央に決まったことで、コロンビアが1点を先制しました。

 

すると、前半のアディショナルタイム(前ロスタイム)1分内で、日本の岡崎選手が右からの本田選手からのクロスに、頭から飛び込みんでのヘディングで同点に追いつくことに。

 

前半は1-1で終わりました。

 

しかし、後半になってから、司令塔であるロドリゲス選手が投入されると、状況は一変。

 

10分ごろ、ペナルティーエリア付近でパスを回されると、最後はコロンビアのジャクソン選手にゴールを許し、1-2と勝ち越されることに。

 

37分後にも、カウンターから再びジャクソン選手に得点を許し、1-3に。

 

さらに終了間際には、再びカウンターからロドリゲス選手にダメ押しで決められ、1-4と大幅にリードを広げられてしまいました。

 

これにより、1-4でコロンビアの勝利。

 

結局、日本は3試合のうち1勝もできず、グループリーグ最下位の4位で終えることになってしまったのでした

 

せっかく、ギリシャがコートジボワールに2-1で勝ったという奇跡を起こしたのに、日本がそれを奇跡の勝利で返すことができなかったのは、実に残念だったと言えます。

 

それでも、日本のグループリーグ3試合の中で、シュート数がギリシャ戦の16本を上回る23本!

 

試合内容も、いちばん日本らしい、とてもいい試合だったようにも感じたのでした。

 

こういった試合が、初戦のコートジボワール戦で発揮できていたら結果も変わっていたかもしれませんが…。

 

●FIFAランキング通りの妥当な結果であったというユーザーさんも

 

日本がコロンビアに負けたことで、ネットのユーザーさんからのコメントで多かったのが、「FIFAランキング(※参照)通りの妥当な結果だった」ということでした。

 

コロンビア戦終了後、日本のFIFAランキングが騒がれていたので、私も今回あらめてFIFAランキングに注目してみたところ、なんと46位!(思った以上に低っ!)。

 

ちなみに、グループCにおけるFIFAランキングでは、コロンビアは6位で、ギリシャは12位。

 

コートボワールは23位となっていました。

 

※FIFAランキング

FIFAランキング(正式名称:FIFA/Coca-Cola World Ranking)は、国際サッカー連盟(FIFA)により発表されるランキングのこと。

 

1993年から発表が始まり、FIFAに加盟する各国・地域の男子Aナショナルチーム(A代表。年齢制限のない最強の代表)の過去4年間の国際Aマッチ(A代表同士の公式国際試合)の成績をもとにポイント化し、集計して毎月発表されるそうです。

 

正式名称にもあるように、FIFAランキングはFIFAのオフィシャルパートナーであるコカ・コーラが協賛しています。

 

●テレビ朝日の日本対コロンビア戦に向けての特集番組がハンパなかった!

 

それにしても、いくら日本戦の権利を獲得した放送局とはいえ、テレビ朝日の日本対コロンビア戦に向けての特集番組はハンパなかったです!

 

なにしろ、夜の19時~22時にわたって、日本対コロンビア戦に向けての3時間の特集番組が組まれることに。

 

深夜にも、日本対コロンビア戦の直前スペシャルということで、2時~4時40分まで特番が放送されていました。

 

●あえてお疲れさまは言わない 4年後のワールドカップに向けてガンバレ! ニッポン!

 

私は、サッカーにそんなに詳しくありませんし、このブログはサッカーをテーマにしていませんので、今回の日本代表の敗因や課題についてはあえて触れないことにします。

 

でも、「決定力不足」と「ザッケローニ監督の采配ミス」は、ネットのユーザーさんの多くが指摘していましたし、私もそう感じたことで、日本代表の大きな敗因だったと言えるかもしれません。

 

もうすぐ日本代表が帰国しますが、あえてこの記事でお疲れさまは言わないことにします。

 

ユーザーさんの中には、

 

「日本を強くしようと思ったら、温かく出迎えずに心を鬼にして、外国みたいにブーイングか、出迎えに誰も行かないこと!」

 

といった厳しい意見もありましたが、私もこの意見には賛成です。

 

そうすれば、4年後のワールドカップにもし日本がまた出場できたら、日本代表の選手たちも出国前に、「今度帰ってくるときは、みんなから温かく出迎えられるような、結果を残せる試合をしなければ…!」という気持ちにもなると思うからです(甘いかな?)。

 

とにかく、今度は4年後のワールドカップロシア大会に向けて、ガンバレ! ニッポン!

 

 

ということで、日本はグループリーグ敗退となりましたが、ワールドカップはまだまだ続いていますし、決勝トーナメントの試合からが本格的に面白くなってきます。

 

そこで、次のワールドカップをテーマにした記事では、決勝トーナメントに進出した16チームが決まり次第書いてみたいと思います。 (251)

この記事は、2014年6月15日に更新の、日本初戦を白星で飾れず… ワールドカップブラジル大会 グループC コートジボワール対日本の第2戦の内容となります。

 

昨日の6月20日、日本時間の午前7時に、グループCの第2戦である日本対ギリシャ戦の試合が行なわれました。

 

コートジボワールとの初戦を落とし、負ければグループリーグ敗退決定という崖っぷちの状況でギリシャ戦を迎えた日本。

 

絶対に勝って勝ち点3が欲しい日本は、前半の28分ごろに本田選手のフリーキックや、後半31分ごろの大久保選手のミドルシュートなど、果敢にギリシャのゴール前を攻撃しました。

 

前半と後半合わせて、日本が放ったシュートの数は、なんと16本!

 

それだけに、もう少しでゴールだったかもしれない惜しい場面もいくつかありましたね。

 

しかも、前半37分ごろには、ギリシャのカツラニス選手がイエローカード2枚目のレッドカードで退場となり、ギリシャは1人減り、10人で戦わなければならない状況になりました。

 

しかし、10人になったことで逆に守備を固められ、日本の選手たちは高いクロスやパワープレイ(※参照)といった、サッカーがそんなに詳しくない私でも、ちょっと不可解と感じるような攻撃が連発。

 

結局、最後までゴールを割ることはできず、0-0の引き分けで終了となりました。

 

※パワープレイ

パワープレイとは、フォワード(FW・相手ゴールに一番近いところにポジションをとり、得点を取ることが主な役割)に多くの選手を配置した上で、ロングパスをフォワードに放り込み、そうしたパスから直接、またはこぼれ球からゴールを狙うサッカーの戦術のひとつ。

 

もともとはアイスホッケーの用語でもあるそうです。

 

●なんとか望みをつないだ状態の日本が決勝トーナメント進出への絶対条件 まずはコロンビア戦に勝つこと! 

 

日本がギリシャと0-0で引き分けた中、コロンビアは2連勝の勝ち点6で、すでに1次リーグ突破が決定!

 

決勝トーナメントにはグループリーグの上位2チームのみが進出できるので、残り2位をかけての戦いとなります。

 

次の試合の日本対コロンビア戦で、日本がコロンビアに勝てば1勝1分け1敗で勝ち点4に。

 

なんとか望みをつないだ状態の日本が決勝トーナメントに進むための絶対条件としては、とにかく勝たなければならないわけです。

 

ほかにも、次のような結果によっては、日本が決勝トーナメントに進出できるどうかが左右されることにもなります。

 

サッカーコートジボワール対ギリシャ戦で、コートジボワールがギリシャに勝つと勝ち点6となり、日本は敗退。

 

サッカーコートジボワールがギリシャに引き分けた場合、日本が2点差以上(例:2-0、3-1、4-2)の勝利なら決勝トーナメント進出。  1点差勝利なら総得点の争いに。

 

サッカーギリシャが勝てば勝ち点4となり、こちらもグループC組2位を日本と得失点差で争うことに。

 

もちろん、日本がコロンビアと引き分けた場合は勝ち点2で、コートジボワール対ギリシャ戦の結果に関係なく敗退となります。

 

たとえ日本が勝ったとしても、獲得した得点や、同じグループCのチームの結果次第によっては敗退することもあるんですから、このあたりがワールドカップの面白いところでもありますね。

 

いずれにしても、日本がコロンビア戦に勝って、勝ち点4を獲得することが絶対条件となります。

 

●ネット上では日本対コロンビア戦を消化試合と予想 でも最後まで何が起こるかわからない!

 

ネット上では、次の日本VSコロンビア戦は消化試合。

 

つまり、すでに日本はグループリーグ敗退かもしれないと予想しているようです。

 

それにコロンビアは、決勝トーナメントに向けて日本戦では主力選手を温存すると言われています。

 

それでも、日本より強いそうですからね。

 

ゆえに、日本がコロンビアに勝つ可能性は極めて低いのですが、最後に何が起こるかわからないのがワールドカップでもあります。

 

なにしろ、前回王者のスペインがグループBの1次リーグで敗退しましたし、死のリーグと呼ばれる、ウルグアイ、イングランド、イタリア、コスタリカのグループDでは、誰も予想していなかったコスタリカが2連勝し、早くも決勝トーナメントに進出決定となっていましたからね!

 

 

ということで、次の日本対コロンビア戦は6月25日(水)で、日本時間の午前5時よりキックオフとなります。

 

まだ1勝もしていない日本のグループリーグの最終戦だけに、意地と可能性を見せることで、なんとか日本が勝ってほしいものです。

 

私も、6月25日の日本対コロンビア戦の試合は、試合を生中継するテレビ朝日でリアルタイムで見届ける予定でいます。

 

ガンバレ! ニッポン! (259)

この記事は、6月13日に更新の、ついに開幕! 2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会! テレビで生中継される放送局やメインキャスター 公式サイトもの続きともいえる内容となります。

 

6月13日、日本時間の午前5時に、開幕戦となるブラジル対クロアチア戦が行なわれて以降、連日熱戦が続いているワールドカップブラジル大会。

 

そして、この記事を更新した6月15日の午前10時には、ついに日本代表の初戦となる、グループCのコートジボワール対日本の試合が行なわれました!

 

試合は、前半16分に、日本の本田選手がペナルティエリア内で左足の強烈なシュートでゴール!

 

ワールドカップブラジル大会での、日本における記念すべき初ゴールは、やはり本田選手でした。

 

前半の終盤にもたびたび日本ゴールに迫ったコートジボワールでしたが、日本はどうにかそのまま守り抜くことに。

 

こうして、日本が1点をリードしたままで前半45分が終了しました。

 

しかし後半16分には、エースのドログバを投入したことで、コートジボワールの動きが良くなり、その3分後にボニのゴールで同点に追いつくことに。

 

後半21分には、ジェルビーニョのヘディングシュートで逆転となったのでした。

 

結局、コートジボワールがそのまま2-1で逃げ切ったままで試合終了。

 

日本は初戦を白星で飾ることかできず、非常に厳しい形でワールドカップをスタートすることになったのでした。  

 

次の試合は、6月20日(金)の日本対ギリシャ戦で、日本時間では午前7時にキックオフとなっていました。

 

残念ながら初戦は落としましたが、次のギリシャ戦ではなんとか勝ってほしいですね。

 

ということで、次のギリシャ戦に向けて、ガンバレ! 日本! (237)

さあ、この記事を更新した本日より、4年に1度となる世界最大のサッカーの祭典であり、世界各国から選ばれし32ヶ国の中から世界一を決める「2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会」(以下、ワールドカップブラジル大会)が、ついに開幕しました!祝日

 

そこで、オリンピックに続き、ワールドカップについても新規にカテゴリーを設けたことで、このブログでもワールドカップブラジル大会について私なりに書いてみることにしました。

 

●以前までワールドカップブラジル大会を放送していた放送局と、メインキャスター&公式サイトも

 

以前までこの項目では、テレビをテーマにしたブログにふさわしい(笑)、今回のワールドカップブラジル大会を放送する放送局と、メインキャスター(放送局によっては不明の場合もあります)をご紹介していました。

 

以下は、ワールドカップブラジル大会を放送していた各放送局と、その当時オープンしていた公式サイトのタイトル、担当していたメインキャスターの情報となります。

 

テレビNHK「2014 FIFAワールドカップ|NHK – NHKオンライン」

アナウンサーは紹介されていたものの、メインキャスターについては不明。

 

テレビTBS「TBS 2014 FIFA ワールドカップ」

加藤浩次さん

村上信五さん(関ジャニ∞)

 

テレビ日本テレビ「2014 FIFAワールドカップ ブラジル|日本テレビ」

手越裕也さん(NEWS)

 

テレビフジテレビ「FIFA ワールドカップ ブラジル 2014 – フジテレビ」

ジョン・カビラさん

本田朋子さん(フジテレビアナウンサー)

 

テレビテレビ朝日「テレビ朝日|テレ朝サッカー」

矢部浩之さん(ナインティナイン)

 

テレビテレビ東京「2014 FIFA ワールドカップ 南アフリカ:テレビ東京 公式サイト」

福澤朗さん(フリーアナウンサー)

 

なお、全64試合のうち、NHKは32試合を地上波で生中継。

 

残り32試合は民放各局で放送されていました。

 

●開幕戦は6月13日のブラジル対クロアチア戦 日本対コートジボワール戦は6月15日

 

この記事を更新した時点で、すでに6月13日に開会式であるオープニングセレモニーが行なわれることに。

 

ブラジルなのに、なぜかアメリカの人気歌手のジェニファー・ロペスさんが登場し、FIFA公式認定の今大会テーマソングは、ピットブルの「We Are One (Ole Ola) ・ウィー・アー・ワン(オーレ・オーラ)」を、ピットブルとともに歌ったことで盛り上がりを見せたのでした。

 

開幕戦となる最初の試合は、オープニングセレモニー後に開催されるグループAで、ブラジル対クロアチア戦となります。

 

そして、日本代表の初戦となる、日本対コートジボワール戦は、6月15日の午前9時よりNHK総合で放送されるということでした(試合開始は午前10時から)。

 

それでは、今後は日本代表の試合があるごとに、私のブログでも随時結果を記事でお伝えしていきたいと考えています。 (437)

さて、

 

2009年 AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」

2010年 AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」

2011年 AKB48 22thシングル選抜総選挙「今年もガチです」

2012年 AKB48 27thシングル選抜総選挙 ~ファンが選ぶ64議席~

2013年 AKB48 32thシングル選抜総選挙 ~夢は一人じゃ見られない~

 

と続き、今年で第6回目となるAKB48シングル選抜総選挙は、「AKB48 37thシングル選抜総選挙 夢の現在地~ライバルはどこだ?~」(以下、AKB選抜総選挙)をテーマに、いよいよ明日の2014年6月7日に、東京・調布の味の素スタジアムで開催されることになりました。

 

AKBの選抜総選挙については、今年はAKB48の36枚目のシングル「ラブラドール・レトリーバー」の初回限定盤、通常盤、劇場版のCDに封入されている投票権に記載されている投票シリアルナンバーで投票する方法。

 

また、AKB48の公式ファンクラブ会員や、Mobile会員、NET会員、ON DEMAND月額見放題会員(SKE48・NMB48・HKT48は、Mobile会員、ON DEMAND月額見放題会員)に会員登録することで投票権を獲得し、お気に入りのメンバーを選んで投票できるシステムとなっていました。

 

毎年のように選抜総選挙を放送しているフジテレビでも、「AKB48第6回選抜総選挙 生放送SP」の タイトルで、17時~11時30分と、18時30分~23時10分まで、およそ5時間、味の素スタジアムの特設スタジオで生放送されるそうです。

 

私のブログでは、2014年5月29日の日付で、岩手県で開催のAKB48握手会で傷害事件が発生! 「バイキング」水曜日レギュラーの川栄季奈も被害に!というタイトルで記事を更新したことがありました。

 

この傷害事件発生により、ネットのユーザーさんの間では、今回の総選挙は中止となり、投票結果のみ公表される形になるのではないかと予想されていました。

 

しかし結局は、あのような傷害事件が発生したにもかかわらず、やっぱり選抜総選挙はやるみたいですね。

 

●1人のファンが、ひとつのレーンでAKBメンバーの握手会を独占!

 

AKBの握手会のことが傷害事件のニュースでも取り上げられたことで、あらためて私は異常に感じたことがありました。

 

それは、握手券付のCDを大量購入することで、ひとつのレーンでメンバーとの握手を、握手券の枚数分の時間だけ独占するファンが存在していること。

 

これについては、2012年12月1日に放送された「めちゃ×2イケてるッ!冬も食べすぎ働きすぎ涙の2時間スペシャル」のうち、「矢部浩之のオファーしちゃいました第13弾」での企画でも、一部のレーンで同じような現象が起こっていた様子が放送されたことがありましたね。

 

握手券付のCDを大量購入することは、お金に余裕がないファンにとってかなり痛い出費ではないかと思われます。

 

けれども、ファンの心理を考えると、何よりCD1枚につき約7秒以上よりもなるべく多くの時間を使って、好きなメンバーと握手をしたり会話を交わすことかできることを考えると、CDを大量購入することも決して惜しくはないんでしょうね。

 

●もはや毎年恒例の現象に AKB48選抜総選挙での投票権付CD購入のアピール合戦

 

話をAKBの選抜総選挙に戻して、この選抜総選挙が行なわれるたび、ここ数年はファンによる投票権付CD購入の投票アピール合戦がくり広げられることに。

 

いわゆる、握手券とはまた違った、投票権付のCDの大量購入と呼ばれる現象です。

 

AKBのファンでもなければ、これといった推しメンもいない私としては、それはもう異常ともいえる事態!

 

たとえば純粋なファンなら、開封して常に聴く用として1枚、未開封のまま保存用として1枚、計2枚のCDを買うのであればまだわかります。

 

けれとも、AKBの選抜総選挙ともなると、特に推しメンがいるファンの場合、それこそ何十枚、何百枚単位の購入は当たり前となっているようです。

 

それだけ、自分の推しメンを上位に上げることで、ぜひ次のシングルへの選抜入りをしてほしいというファンの心理があるのかもしれません。

 

●1人で投票権付のCDを191万7800円近くも購入したファンがいた!

 

そんなAKB選抜総選挙を冷ややかに見つつも、ネット上で今年の選抜総選挙について、ファンによる投票権付のCDを大量購入した方について、興味本位でネットで調べたところ、なんと3150万2400円分のCDを購入したという、信じられないファンの存在が…!?

 

けれども、3150万2400円のCDを購入したというファンがアップしていたツイッターに掲載(すでにツイートは削除)されていた箱の画像には、フィギュアの造形企画製作、販売を行なう「海洋堂」と記載されていたこと。

 

しかもその写真は別のブログからのものだったことが明らかとなり、完全な釣り(ウソで他人を引っ掛けること)ネタであったことがわかったのでした。

 

ちなみに、このユーザーさんが3150万2400円のCDを購入したとウソをついてまで推したかったメンバーは、AKB48チームBのメンバーである高橋朱里さんだったそうです。

 

それとネットでは、1人で投票権付のCDを191万7800円近くも購入したファンもいたことが明らかに! 

 

これについては、シングルCDが入った箱の画像が掲載されていたこと。

 

郵便局のゆうパックの代金引換金額が200万円以下であることから、あながち釣りネタとも言えませんでしたね。

 

冒頭でもご紹介しましたように、AKB選抜総選挙の投票はいろんな方法が用意されています。

 

でも、1人で大量投票を行なうためには、CDをご購入するのが最もシンプルでやりやすいとのこと。

 

いずれにしても、AKBのファンではない私から見れば、同じCDを大量購入するのは異常に感じますけどね。

 

●気になる、握手券や投票権付で大量購入したCDの末路 

 

握手券や投票権付のCDを大量購入するAKBのファンがいるとなると、気になるのは、その大量購入した後、握手券や投票権を抜き取った後のCDの行方です。

 

これについては、よくてブックオフなどのCDの買い取りか、ヤフーオークションに代表されるオークションサイトへの出品。

 

最悪の場合は、ゴミとして箱ごと大量に不法投棄と、まさに悲惨なCDの末路が待っていたのでした……。

 

事実、ネット上では、握手券あるいは投票権が抜き取られた後と思われるAKB48のシングルが箱ごと捨てられている写真が、かなり多く公開されていましたからね。

 

●5月21日時点での第1位~第10位までの順位 毎年恒例の政見放送も

 

というふうに書いてはみたものの、選抜総選挙が開催されることがわかったならば、ファンでなくても気になるのが順位のこと。

 

AKB4837thシングル選抜総選挙の公式サイトによりますと、5月21日時点でのAKB選抜総選挙の第1位~第10位までの中間発表による順位は次のようになっていました。

 

第1位 指原莉乃さん HKT48チームH 37,582票

第2位 渡辺麻友さん AKB48チームB 25,283票

第3位 松井珠理奈さん SKE48チームS 23,012票

第4位 柏木由紀さん AKB48チームB&NMB48チームN兼任 17,266票

第5位 島崎遥香さん AKB48チームA 15,514票

第6位 松井玲奈さん SKE48チームE 14,897票

第7位 山本彩さん NMB48チームN&AKB48チームK兼任 14,798票

第8位 柴田阿弥さん SKE48チームE 12,340票

第9位 松村香織さん SKE48研究生 12,190票

第10位 兒玉遥さん HKT48チームH&AKB48チームK兼任 9,879票 

 

あと、以前までこの記事のリンクでもご紹介していた、これもAKBの選抜総選挙では毎年恒例となっている政見放送が、今年も動画投稿サイトのYouTubeで公開されました。

 

 

なお、このブログはAKB48のファンのブログではないため、選抜総選挙に関する記事はここまでとさせていただきます。

 

けれど、投票の結果がわかり次第、この記事で、第6回のAKB選抜総選挙のシングルの選抜メンバーとなる第1位~第16位までをお知らせしたいと思います。

 

【追記】

遅ればせながら、第6回のAKB選抜総選挙のシングルの選抜メンバー第1位~第16位までを以下にお知らせいたします。

 

第1位 渡辺麻友さん AKB48チームB 159,854票 第2位 指原莉乃さん HKT48チームH 141,954票 第3位 柏木由紀さん AKB48チームB&NHB48チームN兼任 104,364票 第4位 松井珠理奈さん SKE48チームS&AKB48チームK兼任 90,910票 第5位 松井玲奈さん SKE48&チームE&乃木坂46兼任 69,790票 第6位 山本彩さん NHB48チームN&AKB48チームK兼任 67,916票 第7位 島崎遥香さん AKB48チームA 67,591票 第8位 小嶋陽菜さん AKB48チームA 62,899票 第9位 高橋みなみさん AKB48チームA 57,388票 第10位 須田亜香里さん SKE48チームE 48,182票 第11位 宮脇咲良さん HKT48チームK?&AKB48チームA兼任 45,538票 第12位 宮澤佐江さん SNH48チームS?&SKE48チームS兼任 44,749票 第13位 横山由依さん AKB48チームK 40,232票 第14位 生駒里奈さん AKB48チームA&AKB48チームB兼任 40,089票 第15位 柴田阿弥さん SKE48チームE 39,264票 第16位 川栄季奈さん AKB48チームA 39,120票

 

 

★もうチョコっと一言!

今回、川栄莉奈さんと入江杏奈さんが、24歳の無職の男性に切りつけられた傷害事件があったことで、この2人に対し、川栄さんや入江さんの推しメンではないAKBファンからも、同情票、あるいは応援票とも言えるような投票が増えるのではないかと予想されます。

 

なお、昨年の選抜総選挙で、川栄季奈さんは25位と、17位~32位までのアンダーガールズ(AKB48・SKE48・NMB48・SDN48においてシングルのカップリング曲を歌うために編成される音楽ユニット)入り。

 

入江杏奈さんは30位と、こちらもアンダーガールズ入りとなっていたのでした。

 

となると、もし明日の選抜総選挙で、この2人に同情票や応援票が多く集まった場合、もしかしたら2人とも選抜メンバーに入れる可能性が高いかもしれませんね!

 

【追記】

先ほどもお知らせしましたように、川栄季奈さんは16位で、ギリギリながら選抜メンバー入りに。

 

入江杏奈さんについては、同情票や応援票などで選抜メンバー入りを予想していたのですが、結果は20位と、惜しくも選抜メンバー入りとはなりませんでした。

 

 

といったところで、AKB48のファンでもなければ、これといった推しメンもいない私による、今年のAKB48選抜総選挙の記事をお送りいたしました。 (329)

さて、6月3日午後23時59分を過ぎたことで、予定通り「一生お金に困らない華僑の成功法則 華僑が世界中で財を成せる秘密が初公開!」の公開が終了となりました。

 

このたびは、私のブログを通じて、「一生お金に困らない華僑の成功法則 華僑が世界中で財を成せる秘密が初公開!」(以下、「一生お金に困らない華僑の成功法則」)の紹介サイトにアクセスしてくださったみなさん、誠にありがとうございました!

 

●ステーションブレイクアーカイブスとして記事を残しておくことにしました 

 

すでに「一生お金に困らない華僑の成功法則」が終了したことで、これまで私のブログでも「一生お金に困らない華僑の成功法則」をテーマにご紹介したことがあった記事はほとんど削除させていたきました。

 

けれども、せっかく書いたのに、企画が終了したからといって、このまますべての記事を削除してしまうのは実にもったいないことです。

 

そこで、いちばん最初にご紹介した、5月20日に更新の記事についてはステーションブレイクアーカイブスとして残しておくとともに、「一生お金に困らない華僑の成功法則」における第1話~第3話の内容の一部も追加してご紹介させていただくことにしました。

 

もしこの記事をお読みになって、「一生お金に困らない華僑の成功法則 華僑が世界中で財を成せる秘密が初公開!」についてご存じなかった方がおられましたら、よろしければ次の日付で私なりにまとめてみた記事のリンクをクリックしてご覧になってみてくださいね。

 

2014年5月20日

ステーションブレイクアーカイブス 一生お金に困らない華僑の成功法則 華僑が世界中で財を成せる秘密が無料で初公開! (1952)

スポンサード リンク