Monthly Archives: 1月 2015

この記事は、2015年1月26日に更新の、2015年1月 TBSテレビ、フジテレビ、日本テレビ、テレビ朝日の20時~22時にかけての冬の新ドラマがスタート!の続きの内容となります。

 

では、2015年1月にスタートした、TBSテレビ、フジテレビ、日本テレビ、テレビ朝日の20時~22時にかけての冬の新ドラマについて、もう少し書いてみることにしましょう。

 

新ドラマとはいえ、すでにこの時点で第3話を迎えているドラマもあったりしますが、まあそこは大目に見てくださいね(苦笑)。

 

【TBS系】

 

テレビ月曜20時 月曜ミステリーシアター「警部補・杉山真太郎~吉祥寺署事件ファイル」 

今年でデビュー20周年を迎える、俳優の谷原章介さんですが、意外にも、今回の新ドラマが民放の連続ドラマ初主演なのだそうです!

 

そんな、民放の連続ドラマ初主演の谷原さんによる「警部補・杉山真太郎~吉祥寺署事件ファイル」は、1月12日にスタート。

 

3人の子供を持つ吉祥寺署の警部補・杉山真太郎として、仕事と家族の間で奮闘する人間くさい刑事を演じます。

 

テレビ火曜21時 「まっしろ」

堀北真希さん演じる、看護師を主人公とした医療ドラマ「まっしろ」は、1月13日にスタートしました。

 

結婚する元カレを見返そうと、政財界や芸能人、文化人などセレブたちが集まる東王病院に転職した、「無印」の有村朱里(ありむらあかり)。

 

しかしそこは、病院内の出来事は一切他言できず、失敗すれば退職を余儀なくされる“白い大奥”のような場所でもあったのでした。

 

さらに、看護師の服装はデザインを重視しただけでなく、放送当時は不衛生なため、ほとんどの病院で廃止されたナースキャップを、看護師憧れの象徴としてあえて復活させることに。

 

これに、看護婦の職分のランクによって真珠を付ける(有村朱里のように、採用6ヶ月未満の「無印」もあり)ことで、一風変わった医療ドラマとなっていたのでした。

 

テレビ木曜21時 木曜ドラマ劇場「美しき罠~残花繚乱~」

「美しき罠~残花繚乱~」は、1月8日にスタートした、女優の田中麗奈さん主演のドラマ。

 

田中さんにとっては、7年ぶりの連続ドラマ出演となるのだそうです。

 

原作は、小説家の岡部(おかべ)えつの恋愛小説『残花繚乱』となっていました。

 

田中さんが演じるのは、一大流通グループ、ショウズホールディングス傘下のオーガニックカフェチェーン「アレグロ」店長で、美人妻の西田りか。

 

りかには、恋に落ちて3年になる、妻が柏木美津子(若村真由美)の夫で、浮気癖のある柏木荘太(村上弘明)の不倫相手がいたのでした。

ところが、りかが壮太に裏切られ、捨てられてしまうことになります。

 

それを画策したのは、なんと壮太の妻の美津子だったのです…!

 

そんなりかに、映画館で偶然出会った男で、りかに思いを寄せる青年実業家(青柳翔)を美津子から紹介されることに。

 

しかも、それも美津子がりかに仕掛けた罠でもあったのでした。

 

その後も、りかの周囲は敵だらけとなり、互いに騙し合い、牽制し合う中、誰が真の幸せに辿り着くことができるのか?

 

熱く切ない大人たちの闘いが「美しき罠~残花繚乱~」のドラマによって始まるのでした。

 

テレビ金曜22時 金曜ドラマ「ウロボロス~この愛こそ、正義。」 

「ウロボロス~この愛こそ、正義。」は、1月16日にスタートした、俳優の生田斗真さん主演の刑事ドラマです。

 

原作は、漫画家の神崎裕也さんの累計120万部を発行する人気漫画『ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-』であるそうです。

 

新宿第二警察署刑事課に勤務する、ふだんはさえない印象であるものの、実は署内で検挙率No.1の刑事の龍崎イクオ役を演じる生田さん。

 

また、「ウロボロス」の主要人物であり、暴力団・松江組の幹部である段野竜哉役を演じる小栗旬さんとは、2007年に放送されたフジテレビの「花盛りの君たちへ」以来、約8年ぶりの共演となったそうです。

 

イクオと竜哉は、2人が小学生のとき、母親のように面倒を見てくれた施設職員の結子先生(広末涼子)が何者かに殺されるのを目撃。

 

犯人について2人は警察に証言しますが、その言葉は“金時計”をした警察関係者に握りつぶされ、なぜか事件はもみ消されてしまったのでした。

 

それから20年。

 

イクオは刑事で竜哉は暴力団といった、警察とヤクザの関係に…。

 

一般社会では決して交わることのない2人の目的は、事件を握りつぶした「金時計の男」を警察内から探し出し、真実を探り出し、最強の権力組織である“警察”の闇を暴くことでもあったのでした。

 

テレビ日曜21時 日曜劇場「流星ワゴン」

「流星ワゴン」は、1月18日にスタートした、俳優の西島秀俊さんと香川照之さんとのW主演の連続ドラマ。

 

原作は、小説家の重松清さんの、累計発行部数100万部を突破した長編小説『流星ワゴン』となっていました。

 

西島さん演じる、主人公の永田一雄は、真面目でしっかりした性格で、何よりも妻の永田美代子(井川遥)と子供を大切にする38歳の会社員。

 

香川さん演じる、永田一雄の父親の永田忠雄は、破天荒で血気盛んな性格。

 

金融業など数々の事業を興して成功させたこともありました。

 

妻と息子を大切にし、日々を正直に生きる一雄でしたが、妻子の心の闇を見過ごしてしまったことで家庭が崩壊。

 

一方妻は、完璧すぎる夫から逃れたいと感じ、ふとしたきっかけから心のバランスを崩してしまうのでした。

 

絶望の淵に追い込まれ、「もう死んでもいい」とさえ感じていた一雄。

 

そんなとき、突如目の前にワインカラーのワゴンカーが現れます。

 

運転していたのは橋本義明(吉岡秀隆)と、助手席に座るその息子。

 

やがて、決して分かり合えないと思っていた父親の忠雄が、一雄と同じく38歳の同い年の姿で現れるでした。

 

行き先は、一雄の人生にとって大切な分岐点。

 

後悔の人生をやり直すためのドライブが「流星ワゴン」のドラマによって始まるのでした。

 

【フジテレビ系】

 

テレビ月曜21時 「テート ~恋とはどんなものかしら~」

「デート ~恋とはどんなものかしら~」は、1月19日にスタートした、フジテレビの月9ドラマでもあります。

 

主演の杏さんは、フジテレビの「月9」枠では今回のドラマが初出演かつ初主演であるとのこと!

 

杏さん演じるのは、東大大学院を卒業し、国家公務員として内閣府の研究所で働く、30歳手前の堅物女子(リケジョ)の藪下依子。

 

一方、「高等遊民」を自称するも、実際はニートと変わらない日々を送る谷口巧(長谷川博巳)は、自宅で美術教室を営む母親の留美(風吹ジュン)と2人暮らし。

 

そんな堅物女子とアラフォーニートによる、“恋愛力ゼロ”の女と男のロマンチック・ラブコメディとなっていました。

 

テレビ火曜21時 「ゴーストライター」

「ゴーストライター」は、1月13日にスタート。

 

主演の中谷美紀さんとしては、なんと13年ぶりの連続ドラマ主演となるのだそうです!

 

中谷さん演じる、30代にしてたぐいまれなる才能と美貌を兼ね揃えた、天才小説家と呼ばれる遠野リサは、大手出版社・駿峰社主催の新人賞受賞式に選考委員として出席。

 

リサが出した小説は必ずミリオンセラーになるだけでなく、実写映画はどれも大ヒットするのでした。

 

そんな、すでに名声を手に入れながらも、実は、1人息子と母親との家族の関係の破綻に悩んでいたリサ。

 

さらに、最新作の「エバーフレッシュ」への悪評に行き詰まるリサの前に、小説家を夢見て東京にやってきた20代の女性の川原由樹(水川あさみ)が現れます。

 

田舎で待つ婚約者には1年限りという約束をして、最後の挑戦と意気込み東京へやってきて、いくつもの新人賞の応募を続けた由樹でしたが、ついに結果を出すことなく1年がたつことに。

 

それでもあきらめきれない由樹は、新人賞には申し込まず手元に残していた原稿を持って駿峰社を訪れたとき、新人編集マンの小田颯人(三浦翔平)に声をかけられます。

 

その目的は、由樹が持ち込んだ原稿を読むことではなく、「遠野リサのアシスタントを探している」という、あのリサのアシスタントの仕事の紹介だったのでした。

 

そして由樹は、原稿を受け取ってもらうことを条件に仮採用でアシスタントをやることになりました。

 

最初は、リサに憧れを抱いていたはずが、次第に激しい憎悪を抱くことになる作家志望の由樹。

 

そんな、リサと由樹との泥沼な愛憎劇が、「ゴーストライター」のドラマによってくり広げられていくのでした。

 

テレビ火曜22時 「銭の戦争」

もともとは、2007年に韓国で放送されていたテレビドラマ「銭の戦争」を原作として、関西テレビが舞台を日本の東京に置き換えて製作されたのが、火曜日22時より放送中の「銭の戦争」でもありました。

 

主演の、SMAPの草彅剛さん演じる白石富雄は、東京大学卒のエリート証券マン。

 

ところが、金も職も婚約者も全て失い、借金まみれのホームレスに…!?

 

家族や自分を苦しめた金貸し業に自らも足を踏み入れることで、どん底から這い上がっていく、痛快エンタテインメントとなっています。

 

テレビ木曜22時 「残念な夫」

「残念な夫」は、1月14日にスタート。

 

主演の玉木宏さんが、子どもの誕生で夫婦の危機を迎えてしまった父親役に挑戦しています。

 

玉木宏さん演じる、夫の榛野陽一と、妻の知里(倉科カナ)の夫婦は、温かくて明るい、誰もが思い描くような“理想の家庭”を夢見て結婚。

 

しかし、その夢は知里の出産を期に変化しようとしていました。

 

それは、陽一には、仕事ができて、他人には親切であること。

 

知里はそれを理解しているからこそ、陽一が育児を手伝わないことにイライラが増していたのでした。

 

さらに、育児にお金がかかることを知った知里は、趣味などに浪費する陽一に小遣い制度導入を宣言。

 

このように、出産直後から育児に追われる知里は、新婚のころのような初々しさをなくし、豹変していくのでした。

 

果たして陽一は、妻との産後危機と対立を乗り越え、“最高のパパ”に成長することができるのでしょうか?

 

テレビ木曜22時  木曜劇場「問題のあるレストラン」

「問題のあるレストラン」は、かつてフジテレビで2013年1月の木曜22時に放送されていた連続ドラマ「最高の離婚」の制作陣が送る、真木よう子さんのフジテレビ連続ドラマ初主演となるドラマでもあります。

 

真木よう子さん演じる田中たま子は、真面目に働くのが好きな独身女性。

 

小さな仕出し会社に勤めていたたま子は、その会社がカリスマ社長・雨木太郎(杉本哲太)率いる大手飲食会社「ライクダイニングサービス」に吸収合併されたのを機に、全国展開を見据えた新規店舗のプロジェクトに参加することになりました。

 

しかし、「ライクダイニングサービス」は極端なほど男性偏重で、手柄はすべて男たちのもの。

 

おまけにセクハラ、パワハラが日常的に横行していたのでした。

 

それでもたま子は、物件や料理人探しに奔走し、やがて優れた腕を持つシェフ・門司誠人(東出昌大)と出会います。

 

そんな折り、たま子は、高校時代の友人でもある同僚・藤村五月(菊池亜希子)が、屈辱的ともいえる酷いセクハラを受けた上に異動させられたことを知り、ある復讐を決行することに。

 

職を失ったたま子は、元同僚でプライドばかり高い東大卒の新田結実(二階堂ふみ)、家出中のフリーターで人間嫌いの雨木千佳(松岡茉優)、高校時代の同級生で子どもを連れて家を出た専業主婦・森村鏡子(臼田あさ美)、前の会社の同僚だが謎の多い烏森奈々美(YOU)。

 

そして、女装好きのゲイという理由で仕事を得られなかった一流パティシエの几ハイジ(安田顕)にも声をかけるのでした。

 

そんな中、「ライクダイニングサービス」が門司をシェフに起用したことで、たま子にとっては恋の相手であり、敵対する相手にもなることに。

 

門司がシェフを務める表参道にオープンさせる新店舗「シンフォニック表参道」のすぐそばにある雑居ビルの屋上で、先ほどの問題のある女性たちと一緒にレストランを始めようと、ビストロ「フー」を立ち上げました。

 

そのビストロは、格安で借りたペントハウスを厨房とし、屋上テラスにカウンターとテーブル席を作ったもの。

 

当然、雨の日はお休みとなるのでした。

 

このように、様々な問題を抱える女性たちがレストランを開店して、人生を変えるレシピを探していく物語が「問題のあるレストラン」のドラマとなっていました。

 

【日テレ系】 テレビ水曜22時 水曜ドラマ「○○妻」

「○○妻」は、1月14日にスタート。

 

意外にも、柴崎コウさんはこのドラマで連続ドラマ初主演なのだそうです!

 

ドラマのタイトルにもなっている「○○妻」の○○とは、一部の方が思い付いたかもしれない「契約妻」ではないとのこと。

 

それでも、夫を完璧な内助の功で支える、主演の柴崎コウさん演じる良妻・ひかりと、歯に衣着せぬ発言で人気のニュースキャスターの夫・正純(東山紀之)は、家族や世間を欺き、6年もの間「契約書」1枚でつながった契約夫婦でもあったのです。

 

正純はひかりとの正式な結婚を望みプロポーズするものの、それを断り、あくまでも「契約」にこだわるひかり。

 

なぜ、ひかりは正純と籍を入れられないのか?

 

そこには、ひかりの壮絶な過去が明かされたとき、本当の○○妻の姿が見えてくるのでした。

 

テレビ土曜21時  「学校のカイダン」

「学校のカイダン」は、1月24日に、広瀬すずさんの主演でスタートしました。

 

タイトルからして、よくある学校の怪談ものと思いきや、実は「コトバで世界を変える、物語、はじまる。」とあるように、1人の底辺女子高生が、学校の頂点へ革命のカイダンを駆け上げるという意味でのカイダンだったのでした。

 

学校の頂点へ革命のカイダンを駆け上げるための彼女の武器は、誰もが手にできる、そして世界で最も強力なたったひとつの武器「コトバ」=スピーチ。

 

「学校のカイダン」は、私立明蘭学園高等学校を舞台に、1人のド底辺の「女子高生」で新・生徒会長でもある春菜ツバメ(広瀬すず)と「スピーチライター」という、歴史上語り継がれる名スピーチを生み出し、それを演出することを職業とする雫下彗(神木隆之介)との天才スピーチライターとの出会いから始まるドラマとなっていました。

 

【テレビ朝日系】

テレビ木曜20時 木曜ミステリー「出入禁止(デキン)の女 ~事件記者クロガネ~」

なんと、24年連続で連続ドラマの主演を務めるという前人未到の記録を更新中の女優の観月ありささんが、初の事件記者役に挑戦しているドラマが「出入禁止の女」です。

 

そんな、主演の観月ありささんが演じる鉄忍布(くろがねしのぶ)は、新聞社「京都タイムス」社会部の遊軍記者。

 

何度も硬派な告発記事を書き、受賞経験もある名物記者でもあるのでした。

 

つい最近まで、硬質なスクープが目玉の「京都新報」という新聞社でしたが、オーナーが変わったのを機に社名も路線も一変。

 

売り上げ重視の大衆向け新聞となっていたのでした

 

そんな方針を嫌い、多くの記者が「京都タイムス」を去る中、なぜか職場に残った忍布。

 

大胆にして粘り強い取材力、真実をつまびらかにするという信念を持った敏腕記者ぶりが、時にヤリすぎて「出入禁止」になることもしばしば。

 

「男社会で生きていくには、へりくだることも必要」という考えを持つデスク・古林千華子(財前直見)と激しく対立しながらも、わが道を行き、大胆かつ粘り強い取材でさまざまな事件の意外な真実を明らかにしていきます。

 

そのように、鉄忍布ら京都タイムズ社会部の記者たちが体当たりで事件を取材し、時に葛藤し時に憤慨しながらも、隠された深層に迫る姿を描くドラマとなっていました。

 

テレビ木曜21時 「DOCTORS 3~最強の名医~」

2011年の第1シリーズ「DOCTORS~最強の名医~」の第3シリーズとして1年半ぶりに復活。

 

1月4日の新春スペシャルを経て1月8日よりスタートしたのが、沢村一樹さん主演の「DOCTORS 3~最強の名医~」です。

 

沢村さん演じる医師・相良涼介は、ふだんは患者に笑顔で接するスゴ腕のスーパー外科医。

 

その一方で、自分が信じる医療のためなら目的や手段を選ばない非常な一面も持ち合わせているのでした。

 

「医師である前に真っ当な人間でありたい」という信念を持つ相良が、堂上総合病院の医師たちと対立をくり返しながらも病院の再生に尽力していく本格医療ドラマでもあります。

 

また、シーズン1から続く、好敵手という表現がピッタリの森山卓(高嶋正伸)の強烈すぎるキャラクターと、相良VS森山“”との対立構図も見どころのひとつとなっているということでした。 (167)

スポンサード リンク

この記事は、2014年10月27日に更新の、2014年10月 TBSテレビ、フジテレビ、日本テレビ、テレビ朝日の20時~21時にかけての新ドラマがスタート!の続きの内容でもあります。

 

さてさて、2015年を迎え、TBSテレビ(以下、TBS)、フジテレビ、日本テレビ(以下、日テレ)、テレビ朝日による1月の冬ドラマが、先週よりひと通り出揃ったようです。

 

そこで、秋ドラマに続き、テレビ東京をのぞく、キー4局による21時~22時にかけての冬の新ドラマについて書いてみることにしました。

 

まず、今月1月にスタートした、TBS、フジテレビ、日テレ、テレビ朝日の新ドラマは次のようになっていました(参考までに、前ドラマのタイトルも記載しています)。

 

【TBS系】

 

月曜21時 「警部補・杉山真太郎-吉祥寺署事件ファイル」(前「SAKURA〜事件を聞く女」)

主演:谷原章介

 

火曜21時 「まっしろ」(前「女はそれを許さない」)

主演:堀北真希

 

木曜21時 「美しき罠~残花繚乱~」(前「ママとパパが生きる理由。」)

主演:田中麗奈

 

金曜22時 「ウロボロス~この愛こそ、正義。」(前「Nのために」)

出演:小栗旬・生田斗真・上野樹里吉田羊・ムロツヨシほか

 

日曜21時 「流星ワゴン」(前「ごめんね青春」)

出演:西島秀俊・香川照之・井川遥・吉岡秀隆ほか

 

【フジテレビ系】

 

月曜21時 「デート~恋とはどんなものかしら~」(前「信長協奏曲」)

主演:杏

 

火曜21時 「ゴーストライター」(前「すべてがFになる」)

主演:中谷美紀

 

火曜22時 「銭の戦争」(前「素敵な選TAXI」)

主演:草彅剛

 

水曜22時 「残念な夫」(前「ファーストクラス」)

主演:玉木宏

 

木曜22時  「問題のあるレストラン」(前「ディアシスター」)

主演:真木よう子

 

【日テレ系】

 

水曜22時 「○○妻」(前「今日は会社休みます。」)

主演:柴咲コウ

 

土曜21時  「学校のカイダン」(前「地獄先生ぬ~べ~」)

主演:広瀬すず

 

【テレビ朝日系】

 

木曜20時 「出入禁止の女~事件記者クロガネ~」(前「科捜研の女(第14シリーズ)」)

主演:観月ありさ

 

木曜21時 「DOCTORS 3~最強の名医~」(前「ドクターX大門未知子」)

主演:沢村一樹

 

なお、テレビ朝日の水曜日21時の時間帯については、

 

水曜21時 「相棒season13」

出演:水谷豊・成宮寛貴ほか

 

が、昨年の10月より放送中となっています(最終回は2015年3月18日に迎えました)。

 

ということで、あくまでも20時~21時にかけて、キー4局でスタートした2015年冬の新ドラマについて、まずは一覧でご紹介いたしました。

 

次の記事では、2015年冬の新ドラマについてもう少し書いてみたいと思います。 (163)

私のブログを読んでくださっているみなさんは、ふだんから本をたくさん読まれている方も多いと思います。

 

しかし、時に、たくさん読まなければならない本の量に圧倒されてしまうことはありませんか?

 

ましてや、それがネット上であふれている記事などの情報であるならなおさらのことですね。

 

そんなとき、

 

「いまよりも2倍、3倍のスピードで本が読めたら…」

「ネット上にあふれている情報をすばやく読んで処理できたら…」

 

と考えたことはないでしょうか?

 

もし、みなさんが一度でもそんなことを考えたことがあるのでしたら、今回ご紹介の画期的な速読法であるDVDプログラム「プチ速読ホームスタディコース」がオススメです。

 

プチ速読の生みの親である池江俊博について

 

今回ご紹介の「プチ速読ホームスタディ」にある、プチ速読の生みの親は、池江俊博さんという方です。

 

池田さんは、これまで20年に渡り、0才からの右脳教育に携わり、能力開発の研究を行なってきた方でもあります。

 

DVDプログラムでもプチ速読を、北海道から鹿児島まで数十校の小学生や中学校へ指導。 NHK文化センターなどを通じて、一般向け、企業向けの速読プログラムも提供しているそうです。

 

●プチ速読の3つの特徴

 

誰でも簡単にたった60分で速読できる!

 

池田さんが提唱するプチ速読には、主に3つの特徴があります。

 

1.年齢に関係なく本が読めるようになる!

2.速く読んでも内容が理解できる!

3.集中力、記憶力、運動能力…etcまでアップする!

 

1.は、池江さんのプチ速読講座は、下は7歳から上は78歳まで、のべ4000人以上の幅広い年齢層の方が受講しているそうです。

 

その結果、年齢に関係なく、全員速読ができるようになっているということでした。

 

2.は、右脳のみを使う速読法の中には、速く読めるようになっても内容の理解が伴わないものが存在します。

 

しかし、プチ速読なら内容をきちんと理解しながら、本を速く読めるようになります。

 

3.は、プチ速読で身に付けられる能力は、速読力だけでなく、集中力、記憶力、想像力、発想力、情報処理能力、運動能力…etcと、多方面の能力を上げることが可能になってくるということでした!

 

●小学生や中学校へ指導し、一般向け、企業向けに行なっている速読講座が自宅で受講できる!

 

今回ご紹介のDVDプログラム「プチ速読ホームスタディ講座」は、池田先生が北海道から鹿児島まで数十校の小学生や中学校へ指導し、一般向け、企業向けに行っている講座を、 みなさんのご自宅で受講できるようにしたものです。

 

つまり、先ほどご紹介の、のべ4000人以上が受講し、全員が本を読むスピードが速くなったプチ速読の講座が、日本のどこにいても受講できるようになったということなんです!

 

そのうえ、60分のトレーニングだけでも、いままでより速く読めるようになったと実感している方が多いのだそうです。

 

「プチ速読ホームスタディ講座」のセットとしては、実践編と理論編のDVD2枚と、マニュアル1冊となっています。

 

●30日間の返金保証も付いている!

 

しかも、「プチ速読ホームスタディ講座」には30日間の返金保証も付いています!

 

これは、「プチ速読ホームスタディ講座」の内容を実践していただいたうえで、みなさんの本を読むスピードが速くならないようであれば、お申し込みから30日以内に商品を返送することで、代金を100%返金してくれる保証のことです。

 

なお、この記事でご紹介した「プチ速読ホームスタディ講座」の内容は、あくまでも一部てす。

 

ということで、返金保証を含め、プチ速読についてもっと詳しく知りたい方や、お申し込みをご希望の方は、下の画像をクリックして「プチ速読ホームスタディ講座」の紹介サイトにアクセスしてみてくださいね。

 

誰でも簡単にたった60分で速読できる! (158)

この記事を更新した1月15日に放送された、日テレのバラエティ番組「あのニュースで得する人損する人 絶対ヤセるぞ!ダイエットの天国と地獄2時間SP」。

 

2時間スペシャルということで、いろんなダイエット企画が放送されていた中、芸能界屈指の美食家といわれる、フリーアナウンサーの高橋真麻さんに、全国の「お取り寄せ商品」を食べてもらい、本当に「取り寄せて得する商品」なのかを検証する新企画がスタートしていました。

 

実はその新企画で、楽天市場の楽天鍋ランキングでなんと268週1位を獲得している、驚異的な記録を更新中の鍋セットが紹介されていたんです。

 

それが、「博多若杉牛もつ鍋セット」という鍋セットでした。

 

●リピート率50パーセント超! 博多若杉牛もつ鍋セット人気の秘密

 

博多若杉牛もつ鍋セットを販売している「博多若杉」は、博多の味を守り続けて創業33年。

 

ネットでのお取り寄せ部門を始めてからは8年目となるのだそうです。

 

その博多若杉もつ鍋セットの人気の秘密には、主に次の3つがありました。

 

1.専門店ならではの「もつ鍋スープ」 しかも全部で6種類から選べる!

 

博多若杉牛もつ鍋セット人気の秘密は、なんといっても秘伝のもつ鍋スープ。

 

しかも、 醤油味、味噌味、ポン酢味、塩とんこつ味、チゲ味、あごだし醤油味の6種類があり、いずれかひとつお好きな味が選べるようになっていました。

 

2.じゅわ~っと広がる国産牛もつ

 

博多若杉もつ鍋セットに使用されている牛もつは、安心価格で最高級の国産牛ホルモンを、1つ1つ確認しながら手作業で洗浄処理とカット。

 

お店独自の割合で数種類のホルモンをミックスすることにより、適度な大きさのホルモンと、お野菜を一緒に楽しめます。

 

3.全種類にちゃんぽん麺付き!

 

牛もつ鍋を楽しんだ後の〆(シメ)のために、全種類にちゃんぽん麺付き!

 

麺がスープにコクを与え、すべてのうまみが詰まったスープを吸いこんだちゃんぽん麺を食べるんですから、おいしいことは間違いないでしょう。

 

今回ご紹介の博多若杉牛もつ鍋2~3人前のセットは、

 

・国産牛もつ 300g 

・各もつスープ 1000g 

・ちゃんぽん麺 2玉   

・ゴマ1袋  

・柚子胡椒2袋

 

となっています。

 

けれど、実は2~3人前だけでなく、3~4人前、4~5人前まで用意されていることがわかりました!

 

●現時点でのご注文は、お届け日指定不可

 

ところで、さすがは楽天鍋ランキング268週1位獲得。

 

しかも今回テレビでも紹介されただけあって、「博多若杉牛もつ鍋」。

 

および、牛もつ鍋の醤油味、塩とんこつ味とトッピングして食べるのをおすすめしている「辛子高菜」は、現時点でご注文が殺到によりお届け日の指定ができないそうです。

 

でも、売り切れになったわけではないみたいで、ご注文時より随時発送を行なってくださるとのことでした。

 

ということで、お取り寄せ商品である博多若杉牛もつ鍋についてもっと詳しく知りたい方。

 

お申し込みをご希望の方は、見ているだけでおいしそうで食べたくなってくる、「博多若杉牛もつ鍋」のショップページにアクセスできる下のリンクをクリック!

 

博多若杉牛もつ鍋セット(2~3人前)【2セット以上で送料無料&おまけ付き】楽天総合ランキング1位獲得

(452)

私のブログをお読みくださっているみなさん、

 

2015年 新年あけましておめでとうございます!

 

昨年も、12月の年末より記事を書き始めたと思ったら、早くも年が明け、2015年を迎えていたのでした!

 

そこで、2014年に続き、新年最初となる記事は、私の独断と偏見による、大晦日から1月1日~1月3日まで見たテレビで、印象に残ったテレビ番組をいくつかピックアップし、ご紹介してみたいと思います。

 

なお、記事の中で(録画)とあるのは、文字通り番組を録画していて、しかもまだ見ていないことを表しています。

 

12月31日

 

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対に笑ってはいけない大脱獄24時」(録画)

 

NHK「第65回紅白歌合戦」 (ただし、例のごとく頻繁にチャンネルを変えながら)

3年連続、3回目の出場となるゴールデンボンバーが「女々しくて」を熱唱する中、歌の最後で樽美酒研二さんが断髪式を行い、丸刈りに。

中森明菜さんが、アメリカ・ニューヨークのレコーディンクスタジオから生中継で登場。

紅白に登場するのは2002年以来12年ぶりで、公の場に登場するのは実に4年5ヶ月ぶりだったという明菜さん。

話し方は小声だったものの、新曲「Rojo -Tierra-」を歌っていたときは声もよく出ていたように感じました。

サプライズ出演として、サザンオールスターズが、9年ぶりとなる年越しライブの会場である横浜アリーナから中継での出演。

「ピースとハイライト」と、今年9月に発売したシングル「東京VICTORY」の2曲を披露しました。

「アナと雪の女王」では、ニューヨークからの中継で、イディナ・メンゼルさんと神田紗弥加さんが出演した場面が印象的に。

松たか子さんやMay J.(メイジェイ)さんの日本語バージョンがすっかり聞き慣れていたことから、イディナ・メンゼルさんが歌った「Let it go」はとても新鮮で、かなりの感動があったのでした。

 

【私のコメント】

それにしても、NHKホールで生で歌うのが醍醐味のはずの紅白なのに、第65回はとにかく出場者の中継での出演が多かったですね……。

「2014→2015 ツキたいグランプリ~ゆく年つく年~」

今年はジャニーズカウントダウンがなかった代わりに放送されたのがこの番組。

司会は坂上忍さんが担当し、2014年ツキに見放された芸能人が集結し、まず自らの不幸エピソードを赤裸々に振り返ることに。

その後、「2015年こそはツキたい」という切実な願いを込めて、108の煩悩を取り除く「除夜の鐘」のように鐘を「♪ゴーン」と突いていくという形で放送されるとともに、2015年を迎えたのでした。

 

1月1日

 

「ぐるナイ大晦日恒例!おもしろ荘 若手にチャンスと愛を…誰か売れて頂戴SP 」

「なでしこルーム(エレキテルに続け!若手女芸人部屋)」の「エレキに続け女芸人ブロック」から4組が出場した中で、ゆいPとオカリナの2人のコンビであるおかずクラブと、ピン芸人の小杉まりもがさん面白く、今後注目してみたい女芸人でもありました。

特に小杉まりものしゃべり方とネタは、あの狂気じみた女ピン芸人の鳥居みゆきさんをイメージさせるものがありましたね。

 

日本で一番早いお笑いバトル! フットンダ王決定戦 2015(録画)

 

「第48回爆笑ヒットパレード2015」

【爆笑ブッキングパレード】

このコーナーでは、爆笑ヒットパレードにスタジオ出演していた芸人が、知り合いの芸能人に突然のブッキング電話をすることで、飛び入りでの出演をお願いするのが何気に面白かった。

[実際にスタジオまで来た芸能人]

ずん(やす・飯野和樹)

おのののか

中村アン

中村昌也

【矢部浩之の妻、青木裕子が息子と一緒に生放送に初登場!】

ナインティナインの矢部浩之さんの妻で、元TBSアナウンサーの青木裕子さんと、 第一子である息子が、爆笑ヒットパレードの生放送で初登場!

息子の名前が陵(りょう)君であることは、2014年のぐるナイのゴチで、クビになっていた矢部さんが「育メンマン」といって、おみやを決めるルーレットで、哺乳瓶の着ぐるみをかぶって登場するたび、お腹のところに「陵」という名前が大きく書かれていたので覚えていました。

 

「さんタク」

福岡ヤフオク!ドームで行なわれたSMAPLIVEに、さんまがステージで登場。

5万人もの観客の前で、サザンオールスターズの桑田啓祐作詞・作曲の「アミダばはあの唄」を歌った。

【遺伝子検査でわかる潜在能力】(サクラアズクリニック天神)

さんまさんと木村さんが、今回小児遺伝子検査という形で、遺伝子検査を受けることに。

その結果、次のようなことが明らかとなりました。

[学習能力]

明石家さんま、木村拓哉ともに頭脳明晰タイプ。

 [記憶力]

さんま 発明家タイプ

木村 臨機応変タイプ

 [身体能力]

さんま 持久力スポーツタイプ

木村 多種目系タイプ

 [リスク管理]

さんま 完全リスクタイプからリスク度外視タイプ

木村 リスクをちょっと気にするタイプ

 [ストレス耐性]

さんま 落ち込みやすいタイプ

木村 バランスタイプ

また、今回の遺伝子検査の診断結果、さんまと木村の相性は双子に近いことが判明したのでした。

【テレビ初!LEDの残像で絵かき歌に挑戦!!】 さんまさんと木村さんの2人がLEDで「パパが石鹸を拾っている」というタイトルの絵を、かつて「オレたちひょうきん族」で、「ひょうきん絵描き歌(ポーランド民謡「森へ行きましょう」のサビパートのピアノ伴奏とコーラス隊(男女混合)の合唱に合わせて、山田邦子さんが絵を描くコーナー)」をやっていたように、絵描き歌風に描きました。 【日本初!LEDの残像で巨大書初めに挑戦!!】 同じくさんまさんと木村さんが、LEDの残像を使って巨大書初めに挑戦。 空中を描くようにしてスティックを操ったのですが、見た目には何も見えず。

しかしその後、残像では巨大な「賀正」の文字を書いたことがわかったのでした。

 

「鶴瓶のうるさすぎる新年会2015」

【福くんに見せたい宴会芸】

いろんな宴会芸を披露していた中いつもここから×遠野なぎ子×紗綾×ミスターちんによる「悲しいとき」のネタを披露していたのが個人的に面白く感じました。

【ローラと雪の女王】

ローラさんが、30日間の特訓を経て、フジテレビの最新CG技術を駆使し、アナではなくエルサになりきったローラさんの動きを生合成することで、映画「アナと雪の女王」の大ヒット曲「Let it go」の世界を完全再現。

 

【私のコメント】

「ローラと雪の女王」を見て、もしまだフジテレビで「スターかくし芸大会」があったとしたら、東軍か西軍の出し物のひとつとして披露してもいいのではないかと思ったくらい、完成度が高かったように感じました。

 

「ぐるナイ新春ゴチ!史上最強の新メンバー(秘)スターお披露目SP」

昨年年末のゴチ15で、元フジテレビアナウンサーの平井理央さんと俳優の上川隆也さんがクビになったことで、ゴチ16からの新メンバーは誰になるのか注目されていました。

そんな中、4時間30分という長時間で放送されたゴチ16は、「ザ・リッツ・カールトン東京」でくり広げられる究極の日本料理。 設定金額4万円で、綾小路きみまろさん、指原莉乃、東山紀之さんをゲスト迎えたゴチバトルの結果、1位は綾小路きみまろさんに!

指原莉乃さんは3位でした。

そして東山さんというと、ビリとなり、27万5600円の高額自腹を支払うことで第1戦は終了したのでした。 【新メンバーは柳葉敏郎】

4時間30分にわたって引っ張りに引っ張り、やっと明らかになったゴチ16の新メンバー。

超大物ということで、ネット上では、女性では和田アキ子さん、男性では高橋英樹さんではないかという予想もあったのでした。

けれど実際は、俳優の柳葉敏郎さんが新メンバーとなったのでした。

学ラン姿で登場した柳葉さんは、出演を決めた理由を問われると、「12年前にゲストとして出演させて頂いた結果が中途半端だったんで、どうせなら白黒はっきりしようかと思って」とコメントしたそうです。

 

【私のコメント】

ゴチ16の新メンバーが柳葉敏郎さんということで、たしかに超大物ではあると思いました。

でも、柳葉さんの登場のために、4時間30分もの時間を費やしたのはあまりにも引っ張りすぎ!

 

1月2日→1月3日

 

「ウンナン極限ネタバトル THE GOLD RUSH~イロモネアへの道~」

「一発ギャグ」「モノマネ」「ショートコント」「モノボケ」「サイレント」の5つのジャンルのうちひとつを選び、5人全員が笑えばクリアとなる形で行なわれることに。

その結果、「クマムシ」が見事1月5日に放送の「ザ・イロモネア10周年SP」に進出となりました。

 

 

といったところで、実に独断と偏見とも呼ぶにふさわしい、私による大晦日からはじまり、1月1日~1月3日まで放送されたテレビで、印象に残った番組をピックアップした記事をお送りいたしました。

 

それでは、今年もどうぞよろしくお願いいたします! (359)

スポンサード リンク