Monthly Archives: 8月 2015

この記事は、2015年5月14日に更新の、今年の27時間テレビの総合司会はナインティナイン! 27時間マラソンも3年ぶりに復活! 山本圭一の復帰も?と、7月25日に更新の、 本日放送! 第29回「FNS27時間テレビ めちゃ2ピンチってるッ!本気になれなきゃテレビじゃないじゃ~ん!!」

 

8月19日に更新の、ツッコミどころ満載! 「FNS27時間テレビ めちゃ²ピンチってるッ! 1億2500万人の本気になれなきゃテレビじゃないじゃ~ん!!」を私なりに振り返ってみましたの続きの内容となります。

 

では、「FNS27時間テレビ めちゃ2ピンチってるッ! 1億2500万人の本気になれなきゃテレビじゃないじゃ~ん!!」(以下、27時間テレビ)の続きの記事をお送りしたいと思います。

 

テレビさんま・中居の今夜も眠れない

今年でめでたく15年目を迎えた、27時間テレビの名物コーナー「さんま・中居の今夜も眠れない」。

 

実はさんまさんは、27時間テレビがスタートした7月25日に、俳優の生瀬勝久さんが脚本の舞台「七人ぐらいの兵士」をやって、翌日の7月26日には千秋楽を迎えることになっていたそうです。

 

それを知って、あぁー、だから水泳大会の罰ゲームのバンジーのとき、木村さんが、

 

「千秋楽、おめでとうっ」

 

と言って飛んだんだなということがわかったのでした。

 

それまでは、てっきり大相撲の千秋楽だと思っていましたからね。

 

さんまさん、中居さんに加え、ナイナイの岡村さん矢部さんの4人が揃った中で、まず今夜も眠れないでは、「明石家さんまのテレビの危機を救え!ダイヤモンドオールスターズ本気の体力測定」のリアクションバーの測定のときの、さんまさんによるディレクターの話から始まります。

 

さんまさんによると、最近フジテレビがディレクターやプロデューサーでスターが生まれてないから、そのつもりで、 リアクションバーのディレクターとのやり取りも1~2回はイケると思っていたそうです。

 

しかし、結局はド素人だったことがわかったということでした。

 

また、「めちゃイケ」の番組内の企画で、CMでもおなじみのパーソナルトレーニングジム「ライザップ」に通っていた岡村さんは、現在25歳の女性トレーナーに恋していることを告白。

 

「食事の制限も大変なので、お弁当を作ってくれてきたことがあるんです」

 

と、めちゃイケの番組でも話していたことがあった、女性トレーナーにお弁当を作ってくれたことを今夜も眠れないでも明かしたのでした。

 

そこで、ディレクターによって中居さんに手渡された、女性トレーナーの電話番号がわかったことで、中居さんが電話をかけて生電話をすることに。

 

生電話では、岡村さんがデートの約束を取り付けようとすると、女性トレーナーは岡村さんの体脂肪のことを聞いていました(体脂肪が10%を切っていたらデートの約束をしていたから)。

 

続けて、岡村さんが、「(体脂肪が)10%になれば、2人きりでデート?」と問うと、「それは上のものに確認します」と返されてしまうことに。

 

そして岡村さんは、思い切って、「お付き合いしていただいてもよろしいでしょうか?」と、女性トレーナーに愛の告白をしました。

 

すると、「それは(上の者に)確認します」と、同じセリフで交わされてしまうことに。

 

中居さんが電話をかけた、女性トレーナーの連絡先の電話番号が書かれたメモも、ディレクターに回収されてしまったのでした。

 

ほかにも、今夜も眠れない恒例の「ラブメイト10」では、9位にランクインした、「6月1日に新幹線で一緒に写真を撮った美容専門学生」の情報を募集したところ、本人から連絡があり、なんと一般女性は15歳であったことが発覚するというハプニングが!

 

15歳といえば、さんまさんから見たら孫とおじいちゃんの関係でもあるので、さすがにそれをラブメイトのランキングにしたらヤバイですよね。

 

そんなこんながありながら、「ラブメイト10」のベスト3は、3位が女優の綾瀬はるかさんで、2位が長澤まさみさん。

 

そして1位は、女優の剛力彩芽さんとなったことで、剛力さんは3連覇となったのでした。

 

毎年恒例のビートたけしさんも、もちろん今年も登場。

 

はじめに、「河内音頭」を歌う河内家権三丸として、カダルカナルタカさんが漕ぐ船に乗って、歌いながら登場したたけしさんでしたが、途中で船の3分の1あたりが割れて池に落ちてしまった演出がありました。

 

さらに、「浪曲の名人・北野イタ子」では、ナイナイの岡村さんとコラボし、歌を披露。

 

同じく船に乗船した2人は大きく左右に揺られ、最後には池に落ちるというオチだったものの、たけしさんは、船から落ちる際に船のヘリに頭を打ってしまうハプニングが発生したのでした。

 

テレビお台場のカイダン 本当にあったフジ縛霊の怖い話

このコーナーでは、フジテレビで起きた、出演者とスタッフとの様々なトラブルやもめごとに怨念を持ったお笑い芸人40人が、地縛霊ならぬフジ縛霊となってスタジオに大集結。

 

フジテレビが大嫌いなお笑い芸人40人として暴露トークをくり広げたのでした。

 

40人いるかどうかはわかりませんが、主な出演お笑い芸人は次のようになっていました。

 

たむらけんじ

小藪一豊

塚地武雅(ドランクドラゴン)

梶原雄太(キングコング)

秋山竜次・馬場裕之・山本博(ロバート)

村本大輔・中川パラダイス(ウーマンラッシュアワー)

板倉俊之(インパルス)

アイアム野田・おおかわら・和田貴志(鬼ヶ島)

ノブ・大悟(千鳥)

吉村崇・徳井健太(平成ノブシコブシ)

東口宜隆・森田哲夫(さらば青春の光)

金田哲・川島章良(はんにゃ)

山田ルイ53世・ひぐち君(髭男爵)

坪倉由幸・杉山裕之・谷田部俊(我が家)

田崎佑一・トキ(藤崎マーケット)

池田一真・村上淳(しずる)

岩井勇気(ハライチ)

やしろ優

バボドコロ(トミドコロ?)

 

このように、出演者は男性芸人だけかと思いきや、紅一点といった感じでやしろ優さんも女性芸人として参加していましたね。

 

主な内容としては、ある芸人が体験した実話を再現VTRで流し、それに基づいたテーマでトークをくり広げるといった感じだったのですが、正直そんなに面白くはありませんでした。

 

まあ、それでもかろうじて面白く感じたのは、かつてフジテレビで放送されていたバラエティ番組「はねるのトびら」の元メンバーが何人か揃っていたことや、かつてのはねトびのディレクターもギャラリーに加わっていたことで、ロバート秋山さんと言い争いのようになったこと。

 

あと、さらば青春の光の東口宜隆さんが、鬼ヶ島の和田貴志さんの元妻と不倫していたことを告白。

 

これは、鬼ヶ島のおおかわらさんが、

 

「(東口さんが)結婚して1週間後に、なんと奥さんが浮気をしてしまいまして、それがなんとお笑い芸人で、このメンバーの中にいるんです」

 

と、不倫と離婚について発言したことが発端となったのでした。

 

【オモテン】

コーナーの最後で、平成ノブシコブシの吉村崇さんが所有している、めちゃイケのキレ芸オーディションのときにも登場した2000万円のBMW・i8が再び登場したことで、吉村さんだけでなく、相方の徳井さんも調子に乗って、BMWのフロントガラスを破壊していたシーン。

その後に、なぜかお笑い芸人たちがマイケル・ジャクソンの「スリラー」ならぬ「フジラー」というタイトルで踊り出した、「スリラー」にも似たダンスも何気に面白かった。

 

テレビ早朝のフジ本気ロックフェスティバル

音楽に精通する芸人たちが大集合し、プロ顔負けの演奏力や歌唱力を魅せる面白ギャップショーとして行なわれた、早朝のフジ本気ロックフェスティバル。

 

かなりファンキーな格好の岡村さんがDJタカシ、紗理奈さんがムネヒロ紗利奈という名前の司会者2人によりこのコーナーが進行していきました。

 

必ずしも、固定されたメンバーではありませんでしたが、全体的に、今回のロックフェスティバルに演奏で参加したメンバーの芸人と担当楽器は次のようになっていました。

 

ドラムス:カンニング竹山・ゆうたろう・梶原雄太(キングコング)

ベース:藤田憲右(トータルテンボス)・はなわ

キーボード:さゆり(かつみ♥さゆり)・岩井勇気(ハライチ)

シンセサイザー:雛形あきこ

ギター・バンドマスター:後藤輝基(フットボールアワー)・川島邦裕(野生爆弾)・徳井健太(平成ノブシコブシ)・山本耕治(俳優)

サックス:武田真治・濱口優

 

以上のメンバーの演奏により、歌を披露した芸人と曲目は次のようになりました。

 

椿鬼奴・レーザーラモンRG

「目を閉じておいでよ」バービーボーイズ

 

♪エハラマサヒロ

「シーソーゲーム」Mr.Children

 

♪渡辺直美

「罪と罰」椎名林檎

 

♪黒沢かずこ(森三中)

「キューティーハニー」(前川陽子さんのバージョンが元祖ですが、ここでは倖田來未バージョンで披露)

 

♪ロバート秋山

「TOKAKUKA」(オリジナル)

 

♪フット後藤

「巡礼歌」長渕剛

 

♪神奈月

「モニカ」吉川晃司

「BE MY BABY」CONPLEX

 

♪山本耕治&オールスターラインナップ

「Marionett」BOØWY

 

【オモテン】

フット後藤さんの「巡礼歌」のときには、ギターでバンドマスターが歌っていたことに、なんでお前が歌うんやと激怒していた、野生爆弾の川島さん。

しかし、山本耕治&やオールスターラインナップの演奏が終わると、まるでフランケンシュタインのように顔を白く塗った状態で登場し、BOØWYの「Marionett」と「Only You」、米米クラブの「君がいるだけで」をふざけた感じで歌っていたシーン(結局自分も歌いたかったということ)。 

 

●バンジーの白鳥にハプニング! 「たんぽぽ白鳥 本気のジャンプ世界記録に挑戦」→「本気でバンジー」に変更

 

27時間テレビも翌日26日となり、早朝午前6時すぎとなったとき、バンジージャンプのギネス記録に挑んでいたたんぽぽの白鳥さんにハプニングが発生。

 

それは、ドクターストップがかかり、中止になってしまったのでした。

 

相方の川村さんによると、

 

「実はですね、白鳥さん、10回連続で飛んでいる途中で具合が悪くなってしまって、ドクターストップになっちゃったんです」

 

と報告。

 

白鳥さんは、「がんばりたい」と意欲を示したそうですが、川村さんは、

 

「ダメです。

 ドクターストップ、ホントのやつなんで。

 マジのやつなんです」

 

と制止。

 

これについては、白鳥さんも次のようにコメントしていました。

 

「交渉はしたんですけれども、危ないということで、ドクターストップです。

 ちょっと脳震とうを起こしまして」

 

というわけで、白鳥さんのバンジーのギネス記録の挑戦は10回で終わることになったのでした。

 

そのかわり、川村さんから、

 

「白鳥さんのサポートでバンジーマスターの資格を取ったので、これからは罰ゲームで来てくれる方を全力で飛ばしていきたいと思います」

 

と、とばっちりジャンパーと呼ばれた人たちを次々とバンジーで飛ばしていく役目に徹すると発表。

 

これにより、「たんぽぽ白鳥 本気のジャンプ世界記録に挑戦」→「本気でバンジー」に変更。

 

とばっちりジャンパーとして、次の方たちがバンジーを飛んだのでした。

 

【とばっちりジャンバー】

木村拓哉(水泳大会で負けた罰ゲーム)

近藤ディレクター(フジ縛霊のコーナーで選ばれたことで)

ロバート山本(フジ縛霊コーナーでのとばっちり)

三上真奈(フジテレビアナウンサー)

チェリー吉武(たんぽぽ白鳥の初彼氏)

加藤浩次(後でも触れる「TED」で置いてけぼりをくらい、見せ場が欲しいと願ったことで)

鈴木紗理奈(「FNSドリームカバー歌謡祭」で寝てしまったのが発覚したことで)

 

テレビFNSちびっこホンキーダンス選手権

今年の27時間テレビの目玉企画でもあった、FNS27局代表のちびっこダンサーが、日本一の称号を目指し本気のダンスを披露するコーナーが、FNSちびっこホンキーダンス選手権でした。

 

今年4月に応募を開始し、系列局での1次予選。

 

東京で行なわれた全国予選と、3ヶ月以上の長い戦いを勝ち抜いてきたのは、27チーム計136名でした。

 

決勝戦として行なわれたホンキーダンス選手権では、

 

審査委員長:中居正弘(SMAP)

剛力彩芽(女優)

荒川静香(プロフィギュアスケーター)

ケント・モリ(ダンスアーティスト)

仲宗根梨乃(ダンサー、振付師)

パパイヤ鈴木(振付師)

片岡愛之助(歌舞伎役者)

夏まゆみ(ダンスプロデューサー)

カーニバル三浦(振付師)

井森美幸(タレント)

 

の個性豊かな審査員を迎え、

 

ダンス技術の評価=テクニックポイント

見た目の評価=ビジュアルポイント

面白さの評価=エンタメポイント

 

この3つの総合評価で優勝チームが決定されたのでした。

 

【オモテン】

個人的に、最初、「アレッ? なぜ審査員に水沢アリーさんが?」と思っていたら、実は仲宗根梨乃さんだったのでした。

 

決勝戦となる本戦のホンキーダンス選手権では、前半戦と後半戦に分けて行なわれました。

 

まず、前半戦のFNS各局の出場チームと、ダンスのジャンル、アピールポイントからです。

 

北海道文化放送代表

Emotion(HIPHOP)

「EXPG札幌校トップクラスの女の子4人組」

 

長野放送代表 

Art Rich(FREE STYLE) 女の子4人組

「突然の衣装チェンジ」

 

テレビ宮崎代表

Funkastic(LOCK)

「江頭2:50登場も反応が薄い、女の子4人、男の子1人の5人組」

 

【オモテン】

ホンキーダンス選手権では、各チームが踊る舞台のすぐ横に、もう壁一面とも言ってもいい超大型ビジョンが設置。

そこで、テレビ宮崎のスタジオ内からの中継だったと思われる、宮崎県のご当地アイドル「カラフルドール」のメンバーが、オリジナル曲「お野菜ずっきゅん」のイントロが流れると、「♪元気どっさりさりさり~」と勝手に歌っていたシーン。

 

福島テレビ代表

プリンセス(FREE STYLE) 女の子2人組

「キレのあるダンスと、豊かな表現力」

 

テレビ西日本代表

九州男児GENERETIONZ(BREAK) 男の子12人組

「とにかく回る!圧巻のヘッドスピン」

 

テレビ長崎代表

将太と4人の少女(バレエ)

「全国3位の男子と華麗なターン」

 

テレビ熊本代表

「ブリリアン」(LOCK)

「EXCILE絶賛!実力派中学生」

 

東海テレビ代表

闘真会館(ミュージック空手) 男女2人組

「アナ雪×空手奇跡のコラボ」

 

岡山放送代表

「リキジャクソンfeat.コノン」(マイケルダンス) 姉弟コンビ

「ケント・モリ公認のちびっこマイケル」

 

富山テレビ代表

「MION」(FREE STYLE) 女の子1人

「すべてアドリブ! 思いのままに踊る天才少女」

 

テレビ愛媛代表

「香音&七音」(LOCK) 姉妹コンビ

「姉は学級委員! 息ピッタリの小学生姉妹」

 

福井テレビ代表

片川兄弟(剣詩舞) 兄弟コンビ

「ともに日本一の伝統兄弟」

 

【オモテン】

弟がモニターで兄の踊りを見ながら歌っていた最中に、岡村さんが弟の顔の近くまで接近することで、歌の邪魔をしていたシーン。

 

ここまでが前半戦の出場チームでした。

 

続いて、後半戦のFNS各局の出場チームと、ダンスのジャンル、アピールポイントです。

 

秋田テレビ代表

ぽんぽんブラザーズ(STREET) 女の子2人組

「秋田のキッズダンサーの憧れ」

 

テレビ新広島代表

FLEX(JAZZ) 男女7人組

「広島No.1ダンススタジオの精鋭」

 

テレビ静岡代表

CHEERSFACTORY(チアダンス) 女の子9人組

「世界大会準優勝のメンバーも在籍」

 

沖縄テレビ代表

ケンケン体操クラブ(体操) 男女12人組

「タンブリング日本代表 出るかスゴ技」

 

【オモテン】

リーダーの又吉くんという、タンブリング世界大会2位の実力者が、タンブリングを披露すると見せかけ、恐竜のティラノザウルスのものまねのような動きを披露。

それを見て、岡村さんが又吉くんを容赦なく叩き、ツッコんでいたシーン。

 

新潟総合テレビ放送代表

H!NATA(SWAG) 女の子1人

「世界大会準優勝の実績 日本ダンス界が注目する逸材」

 

山陰中央テレビ代表

安木節神門支部どじょっこ隊(どじょうすくい) 男の子8人組

『伝統芸「どじょうすくい」界の秘蔵っ子』

 

仙台テレビ代表

熊谷・鹿野田ペア(社交ダンス) 女の子2人組

「女子のペアで全日本ジュニア優勝の実力」

 

石川テレビ代表

REAL THE SHIT(HIPHOP) 女の子5人組

「コミカルなHIPHOP 猿マネ少女たちに注目」

 

フジテレビ代表

ちびーずfrom花鳥風月(FREE)

「驚異の柔軟性! とにかくカワイイ3人娘」

 

高知さんさんテレビ代表

西岡璃世(日本舞踊) 女の子1人

「高知が生んだ日本舞踊界のアイドル」

 

岩手めんこいテレビ県代表

遠野一輪車クラブAmuse!(一輪車) 女の子11人組

「練習は週6日 クルクル回るファンタジー一輪車」

 

山形さくらんぼテレビ代表

酒田ユニサイクル 

ケセラ(一輪車) 男女6人組

「たった1人の男子がチームを引っ張る!」

 

鹿児島テレビ代表

AnotherLokers(STREET) 男の子7人組

「マジックを織り交ぜたダンスに注目」

 

関西テレビ代表

COOL MINT(HIPHOP) 女の子5人組

「関西が生んだ次世代モンスター」

 

佐賀テレビ代表

ティーンズミュージカルSAGAチームがばい!(ミュージカル) 女の子12人組

「1分半の感動ミュージカルをあなたに」

 

これら、前半戦と後半戦合わせてくり広げられた27局のチームのダンスの結果について、まず8位~3位は次のように決定されることに。

 

8位 リキジャクソンfeat.コノン(岡山放送代表)

7位 闘真会館(東海テレビ代表)

6位 CHEERSFACTORY(テレビ静岡代表)

5位 AnotherLokers(鹿児島テレビ代表)

4位 REALTHESHIT(石川テレビ代表)

3位 COOL MINT(関西テレビ代表)

2位 プリンセス(福島テレビ代表)

 

そして、1位の優勝は…、

 

優勝 ちびーずfrom花鳥風月(フジテレビ代表)

 

となりました。

 

うんうん、たしかにちびーずfrom花鳥風月は、ちびーずというだけあって、3人の女の子がとても小さかったです。

 

でも、私もたまたま知っていた「らき☆すた」のオープニングテーマ「もってけ!セーラー服」をアレンジした曲にのせて披露していたダンスは、とてもパワフルでかわいかったですし、何よりも、27組のチームのうち、驚異ともいえる柔軟性がありました!

 

なお、ちびっこホンキーダンス選手権では、途中、リフレッシュタイムといって、出場チームがEXCILEのメンバーと一緒に踊ったり、江頭2:50さんも乱入して踊っていた場面が合計3回。

 

ほかにも、審査員もリフレッシュタイムとしてダンスを披露する場面もあったのでした。

 

テレビめざましテレビ FNS27時間テレビ 本気でがんばる中居さんを本気でおもてなしSP

実は、先ほどのホンキーダンス選手権の前半戦の合間に放送されたのが、毎週月曜日~土曜日まで放送されている情報番組「めざましテレビ」の27時間テレビSPでした。

 

見るからに日差しが強くて暑そうなフジテレビの屋上から生放送されためざましテレビは、中居正弘さんもゲストで出演。

 

中居くんを本気でおもてなしと題した企画として、次の5つが用意されていたのでした。

 

①巨人伝説 名シーンを生実況

②休日返上! 今日の占いカウントダウン

③きょうのわんこ 日曜日特別篇

④三宅&軽部のメインイベント 中居さん専用ジャグジー

⑤27時間テレビピンポイントお天気予報

 

この中で、④の中居さん専用ジャグジーでは、本来は中居さんが一番風呂で入る予定が、加藤浩次さん、武田真治さん、濱口優さん、カンニング武山さんの4人が先に入っていた展開に。

 

その後、ナイナイの岡村さんが飛び込む形で入り、なぜかフジテレビのアナウンサー三上真奈さんも、服を着たままで自ら回転しながらジャグジーに飛び込んだハプニングもあったのでした。

 

テレビ男気×女気 日本橋三越本店本気買いスペシャル

あの「とんねるずのみなさんのおかげでした」の人気コーナー「男気じゃんけん」が、女気じゃんけんを追加して27時間テレビのコーナーに登場!

 

全員が100万円という大金を用意してきた中で、次に挙げる男気軍と女気軍のメンバーが勢ぞろいしたのでした。

 

【史上最強の男気軍】

石橋貴明・木梨憲武(とんねるず)

日村勇紀(バナナマン)

岡村隆史・矢部浩之(ナインティナイン)

濱口優・有野晋哉(よゐこ)

秋山成勲

清原和博

加藤浩次

 

【史上最強の女気軍】

RIKACO

土屋アンナ

古閑美保

ダレノガレ明美

千秋

光浦靖子・大久保佳代子(オアシズ)

雛形あきこ

 

これらの豪華メンバーによって行なわれた戦いの舞台は、なんと夜の日本橋三越本店!

 

この三越本店を貸し切って、合計8つの対決が行なわれたのでした!

 

本気買い商品とそのお値段、そして支払ったのは誰だったのかについては次のようになっています。

 

本気買い商品①

彩果の宝石フルーツゼリー 40箱

43,200円

支払い:岡村隆史

 

本気買い商品②

鳥鶏庵「烏骨鶏金箔かすていら」 40箱

70,840円

支払い:岡村隆史(2回連続)

 

本気買い商品③

三越特製「たらばがに缶詰」 5セット

145,580円

支払い:濱口優

 

本気買い商品④

クラブハリエ「バウムクーヘン」 5本

70,760円

支払い:古閑美保

 

本気買い商品⑤

ザ・ベニンシュラ「マンゴーゼリー」 200個

86,600円

支払い:濱口優(2連勝)

 

本気買い商品⑥

九谷焼「天女(まごころ)像茶碗」

300,240円

支払い:設楽統

 

本気買い商品⑦

精肉の二幸「神戸牛詰め合わせ」 42箱

453,600円

支払い:雛形あきこ 

 

本気買い商品⑧(最終対決)

吉川物産「熊本産本マグロ」 

800,000円

支払い:大久保佳代子

 

これにより、合計は、

 

男気軍 648,640円

女気軍 1,331,360円

 

で、女気軍の勝利となったのでした!

 

【オモテン1】

買い物タイムのとき、男気軍の濱口さんがチャチャを入れたことで、とんねるずの石橋さんからお金を雑に抜き取られていたシーン。

 

【オモテン2】

女気軍の千秋さんが、買い物タイムのときにチャチャを入れたことで、バナナマンの日村さんからケツバット(しかも合計2回!)を受けたことで本気で痛がっていたシーン。

 

【オモテン3】

じゃんけん勝負の種類のうち、勝ち抜き戦ではいちばん後ろに並ぶと不利になるのだが、いつもいちばん後ろに並ぶ羽目になっていたのは、男気×女気じゃんけんのアシスタントを務めていた、元フジテレビアナウンサーの本田朋子さん。

そのため、逆ギレしたり、「ゲロ吐きそう…」と言っていたシーン。

 

テレビTED×27hTV(超人気お笑い芸人 本気のプレゼン大会)

27hTVはわかるものの、TEDって何? とタイムテーブルを見たときから疑問に思っていたのが「TED×27hTV」のコーナーでもありました。

 

TEDとは本来、

 

Technology(テクノロジー)

Entertainment(エンターテインメント)

Design(デザイン)

 

という意味があるとのこと。

 

しかし、TED×27hTVでのTEDは、

 

T テレビが

E えらいことなってるけど

D ど~すんの?

 

なのだそうです。

 

そんなTED×27hTVでは、ホンキーマンJr.がオープニングとエンディングのプレゼンターとして登場し、超人気お笑い芸人がプレゼンテーションを行なっていきます。

 

しかし、そこは超人気のお笑い芸人。

 

各芸人ともに、最初のほうは真面目に語っていたものの、後になって徐々に話が脱線していったことをお断りしておきます。

 

以下が、TEDに出演していた超人気お笑い芸人と、プレゼンテーションのタイトルとなります。

 

岡村隆史

「テレビにおけるお笑い芸人の覚悟」

 

カンニング竹山

「写真に見るテレビの可能性と限界」

 

【オモテン】

竹山さんいわく、この写真を見れば、テレビには限界はないと言って、笑っていいとも!の最終回の感動的な写真を紹介するつもりが、なぜか週刊誌で掲載されたことがあった、竹山さんの不倫写真がスクリーンに映し出されてしまったシーン。

 

田村淳(ロンドンブーツ1号2号)

「本気でドキドキするテレビとは」

 

【オモテン】

「今のテレビに必要なアノ人」というワードに、てっきりあの山本圭壱さんがついに登場(加藤浩次さんもどこかで期待していたような?)するのかと思いきや、中継までつないだアノ人とは淳さんの相方である田村亮さんで、フジテレビのお台場近くで船に乗って釣りをしていたシーン(その後、TEDのコーナーに合流)。

 

光浦靖子(オアシズ)

「テレビとブサイクの許容範囲の秘密」

 

堀内健(ネプチューン)

「ピカソと歌舞伎に見るテレビの法則」

 

山崎弘也(アンタッチャブル)

「テレビの危機にどうしても言いたいこと」

 

劇団ひとり

「テレビが失ってしまった大切なモノ」

 

【オモテン】

話の途中から、やたらと「オッパイ」を連呼していたシーン。

 

出川哲朗

「リアクション芸人が語るコンプライアンス問題の本質」

 

【オモテン】

まさか、TEDのステージにこの仕掛けが!? と思った、あらかじめ熱湯が入った落とし穴が用意されていて、出川さんがそれに誘導される形で落ちてしまったシーン。

 

他にも、飛び入りとして、原西孝幸(FUGIWARA)さんがステージに上がったものの、事前に話の内容を用意していなかったためか、結局ギャグに走ってしまうことに、

 

もうひとつ、ステージには上がらなかったものの、黒沢かずこ(森三中)は、客席内で、女芸人の扱い方も含め、テレビのことをかなり熱く語っていました。

 

あまりにも黒沢さんのトークがヒートアップしていたことから、まず中居さんが「亮さん止めて」と指示され、ロンブーの亮さんは話が止まらない黒沢さんを止めようとします。

 

しかし、亮さんが「やめろ」といった瞬間、黒沢さんからビンタをくらってしまったのでした(しかも2発!)。

 

続いて、カンニング竹山さんも止めようとしますが、同じく黒沢さんからメガネが吹っ飛ぶくらいのビンタを受けてしまいます。

 

そして最後は、司会を務めていた中居さんに振ったことで、中居さんが黒澤さんのほうに近づき、

 

「やめたほうがいいと思う。  もうみんな感情的になっているから、やめたほうがいいと思う。  やめたほうがいいよ黒沢、やめな」

 

と優しく言ったにもかかわらず、結局黒澤さんからビンタを食らってしまったのでした。

 

なお、みんなのプレゼンテーションが無事に終わったことでめでたしめでたしと思ったら、実は加藤浩次さんが残っていたことに。

 

しかも、時間の都合によりプレゼンテーションはできなくなったことから、出演者全員をビンタするなど、加藤さんが激怒。

 

めちゃイケでもよく見た場面でもあったのでした。

 

しまいには、見せ場が欲しいと言ったことで、先ほども書いたとばっちりジャンパーとしてバンジーを飛ぶことになってしまいましたからね。

 

テレビFNSドリームカバー歌謡祭

絶対にカッコよくなりそうにないアニメソングやCMソングなどの曲、一流アーティストが歌うとどうなるか?

 

アーティストがまさかの本気カバーということで行なわれた「FNSドリームカバー歌謡祭」は、あの「FNS歌謡祭」を思われる豪華なセットで開催され、司会は中居くんでしたが、ナイナイの岡村さんと矢部さんは、なぜか女装した状態での司会となりました。

 

ドリームカバー歌謡祭について、正直最初は期待していませんでした。

 

でも、1曲目として披露された、

 

曲名:月亭可朝「嘆きのボイン」

歌:MayJ.

 

の歌い出しを聴いた瞬間、期待していなかった気持ちが一転。

 

この後、どんな歌手がどんなカッコよくない曲を披露してくれるんだろうという期待へと変わっていったのでした。

 

以下は、MayJ.さん以外に曲を披露した曲名とアーティスト名となります。

 

曲名:田中マイミ「ミラクルショッピング~ドン・キホーテのテーマ」

歌:槙原紀之

 

曲名:歴代の助さん・格さん「あゞ人生に涙あり」

歌:華原知美

 

曲名:舟木一夫「銭形平次」

歌:森山直太朗

 

曲名:ひょうきんストリートBAND「THE TAKECHANマン(タケちゃんマンの歌)」

歌:秋川雅史

 

曲名:子門真人「およげ!たいやきくん」

歌:クリス・ハート

 

曲名:「ゲゲゲの鬼太郎」

歌:持田香織(Every Little Thing)

 

曲名:花頭巾「にっぽん昔ばなし」

歌:ToshI(X JAPAN)

 

曲名:ザ・ドリフターズ「ドリフの大爆笑 オープニングテーマ」

歌:和田アキ子

 

この中でいちばんよかったのは、X JAPANのToshIさんが歌った、花頭巾が歌う「まんが日本昔ばなし」の主題歌「にっぽん昔ばなし」でした。 ネットでも、この曲は神曲としてYouTubeの動画サイトにもアップされていましたね。

 

その次は、秋川雅史さんの「THE TAKECHANマン(タケちゃんマンの歌)」も、私的にはとてもよかったです。

 

一方、和田アキ子さんの「ドリフの大爆笑 オープニングテーマ」は、思ったよりも声が出ていなかったですね。

 

選曲ミスだったんでしょうか? どうせなら、ほとんどの人が和田さんが歌っていたと勘違いしていた「富士サファリパーク」のCMソングを歌ってほしかったと思いました。

 

●大トリは司会の中居正弘 歌はあの「チェインギャング」だったが…

 

私としては、てっきり和田さんの曲が大トリだと思っていた「FNSドリームカバー歌謡祭」。

 

けれど、実は中居さんが大トリだったのでした。

 

中居さんのカバーというと、THE BLUE HEARTSの通算3枚目のシングル「キスしてほしい」のB面の曲である「チェインギャング」が知られていて、私も音楽番組で聞いたことがありました。

 

なので、個人的には「チェインギャング」以外の曲を歌ってほしいと思っていたのですが、結局はドリームカバー音楽祭でも「チェインギャング」を歌うことになったのでした。

 

草彅さんが弾くギターに合わせて、ワンコーラスからツーコーラスに入ってしばらくしたそのとき、突然中居さんが曲をストップさせました。

 

理由は、どうやら濱口さんが笑っていたからのようです。

 

そのことが気になったらしく、濱口さんを注意した後、再開した2回目もやはり途中で曲を止め、笑っていた濱口さんを注意した中居さん。

 

そして3回目では、今度こそ歌い切るのかと思いきや、めちゃイケにおける中居さんの日本一周の企画でよく見られた、司会の岡村さんが、27時間テレビで寝ていなかったためか、うつらうつらとなっている仕草が見られ、それが会場内の笑いを誘うことに。

 

結局最後まで歌えないままコーナーは終わったのでした。

 

また、このコーナーの途中には、矢部さんの妻の青木裕子が長男の稜くんとともに登場。

 

その際、第2子を妊娠していることを明かしたこともありました。

 

テレビ中居&矢部本気のスポーツチャレンジ

このコーナーは、中居さんと矢部さんが本気でそれぞれのスポーツにチャレンジしたコーナーでもあります。

 

予告にもありましたように、矢部さんはサッカー、中居さんは野球、となりました。

 

録画ではありましたが、対決方式となっていた今回のスポーツチャレンジでは、野球とサッカーを同時にスタートさせ、チャレンジを達成できたら勝利ということになっています。

 

そのチャレンジ内容は、まず矢部さんは、「27枚のボードをすべて打ち破るPKチャレンジ」と題し、サッカーゴール内に設けられた27枚のパネル(9列×3段)を全て射ぬくキックターゲット。

 

中居さんは、「90mのフェンス超えを目指すホームランチャレンジ」と題し、野球場で飛距離90m以上のホームランを出すことが目標となっていました。

 

その結果、矢部さんは1時間以内にチャレンジが成功。

 

中居さんについては、矢部さんの勝利後も続行され、400球+泣きの27球と合わせて、なんと427球を打つことに!

 

それでもホームランを出せずに、最高飛距離は85mでチャレンジ断念となったのでした。

 

テレビ「サザエさん」27時間テレビスペシャル

毎年恒例の「サザエさん」27時間スペシャルでは、声優として、ナイナイの岡村さんと矢部さん、SMAPの中居さん、江頭2:50さんが担当。

 

3本目の「本気の挑戦」というタイトルで、ワカメが出場した「ちびっこホンキーダンス選手権」というテレビ番組に、岡村さんと矢部さんは司会役で、司会進行役は中居さん。

 

江頭2:50さんは、お笑いピン芸人でおなじみのあの江頭さんそのものの役で、それぞれアニメとして登場していました。

 

【オモテン】

エンディングで、サザエがあやまってフライパンのようなもので波平を叩いたことで、波平が頭にマンガのような大きなコブを作ったまま倒れていたシーン。

久しぶりにマンガのような大きなコブを見たことから、しばらく笑いが止まらないくらい面白かった。

 

 

あぁー、ここまで書いたことで、ようやく「サザエさん」までたどり着きました…。

 

でも、まだ続きがあるので、次の記事ではグランドフィナーレまで書くことにより、そろそろ今年の27時間テレビの記事を最後にしたいと考えています。 (514)

スポンサード リンク

この記事は、5月20日に更新の、今年の24時間テレビのチャリティマラソンランナーのオファーにDAIGOが! 結論は5月26日にと、5月27日に更新の、5月26日放送の「幸せ!ボンビーガールSP」で、ついにDAIGOがDAI語の「HM」で最終結論! 「走り……ます!」の続きの内容でもあります。

 

27時間テレビ2015の記事の途中ですが、早くも今年の「24時間テレビ」がスタートしますので、まずはその予告記事を書いてから、続きの記事を更新したいと思います。

 

●今年の27時間テレビ38について

 

さあ、いよいよ本日の8月22日(土)~23日(日)にかけて「24時間テレビ38 愛は地球を救う」がスタートします!

 

私のブログの記事としては、2014年8月31日に更新の、すでに放送がスタート! 24時間テレビ37「愛は地球を救う」 から始まり、

 

9月6日

24時間テレビ37「愛は地球を救う」が終了! 私なりに放送内容を駆け足で振り返ってみました

 

9月9日

24時間テレビ37「愛は地球を救う」 チャリティマラソンのゴールとその他の主な企画 

 

の記事以来となりますね。

 

日本テレビが毎年8月の下旬に、土曜日から日曜日にかけて生放送されている、長時間のチャリティー特番としてすっかりおなじみの、24時間テレビ「愛は地球を救う」。

 

第38回目となる今年の24時間テレビのテーマは「つなぐ~時を超えて笑顔を~」で、命や夢、友情や伝統など、さまざまなこことを“つなぐ”をキーワードに、様々なストーリーを紹介するとのことです。

 

メインパーソナリティは、2015年4月5日(日)に放送の、「2015春DASHでイッテQ!行例のできるしゃべくり 日テレ系人気番組No.1決定戦」の4時間スペシャルで発表された、ジャニーズの男性アイドルグループ「V6」と「Hey! Say! JUMP」という、番組史上初の2組のグループが担当することに。

 

チャリティパーソナリティは、女優の松下李緒さんとなっていました。

 

総合司会は、2014年に続き、羽鳥慎一さんと水ト麻美さんです。

 

去年より、「24時間テレビ」のカテゴリーを設け、24時間テレビに関する記事をいくつか書いていることから、みなさんの中には、「テレビ好きさんって、27時間テレビだけでなく24時間テレビもよっぽど好きなんだろうなぁ~」と思われた方がおられたかもしれません。

 

でも実際はその逆で、数年前から24時間テレビについては、「またあの偽善めいた特番が今年も始まるのか…」という思いでいるのです。

 

なぜなら、24時間テレビをキーワードで振り返る記事を書いてみてわかった、一部の出演者にギャラが支払われていたことで、24時間テレビが純粋なチャリティ番組ではないことがわかったからです。

 

それでも、24時間テレビだからこそ見ることができるかもしれない企画が多いのも事実。

 

個人的に楽しみにしている企画があるのもまた事実だったりします。

 

●今年のチャリティマラソンランナーDAIGOが100kmマラソンにチャレンジ! 

 

すでにみなさんもご存じのように、今年の「24時間テレビ」のチャリティマラソンランナーを務めるのは、歌手でタレントのDAIGOさんです。

 

DAIGOさんといえば、7月28日に、レギュラー出演している日テレのバラエティ番組「幸せ!ボンビーガール」に出演し、スポーツジムで測定を行なった様子が放送されました。

 

ランナー用のウエアに着替えたDAIGOさんを見て、これまでのチャリティーマラソンランナーを見てきた坂本雄次トレーナーは、「足が細い」と、歌手の研ナオコさんやお笑い芸人のアンガールズなみに細いと印象を語っていました。

 

長距離を走りきるためには、大腿部やお尻の筋肉も鍛える必要があることを坂本トレーナーは指摘。

 

そこで体幹を鍛えるため、腹筋は30回できるようになることを目標とし、DAIGOさんは両足をあげて挑戦しますが、 4、5回目で悲鳴をあげ、7回目でダウン寸前に。

 

なんとか10回をやりきったのでした。

 

続けて、大腿部の後ろの筋肉を鍛えるためにマシントレーニングにも挑戦し、懸垂にも挑戦したが1回もできずにギブアップしてしまったのでした。

 

そして、スポーツジムのインストラクターがDAIGOの筋肉量を測定したところ、筋肉量が少なく、「適正」と「脂肪過多」の間で若干脂肪過多よりであることが判明。

 

インストラクターは「もう少し脂肪が増えてしまうと脂肪過多になってしまいます」と述べたそうです。

 

これには、DAIGOさんも、「ボンビーガール」の司会であるTOKIOの山口達也さんも揃って、「えーっ!!」とびっくり。

 

DAIGOさんは、「ロックミュージシャンで脂肪過多…」と自身にあきれたように語ったそうです。 そんなDAIGOさんが、今年の24時間テレビで走る距離が発表。

 

本人は、ロックミュージシャンということもあり「69(ろっく)km」と予想していたようですが、実際は100kmを走ることになったのでした。

 

●今年は新しい試みも 2本のたすきを肩に掛け、DAIGOが武道館のゴールを目指すことに

 

さらに、いままでのチャリティーマラソンでは、単独もしくはチームでリレーを行なう形となっていましたが、今年は「つなぐ」にちなんだ新しい試みが行なわれました。

 

それは、北から南から「つなぎたい想い」のある人々が、走るだけでなく、様々な手段で47都道府県をたすきでつなぐリレーを行なってきたこと。

 

24時間テレビ当日、マラソンスタート地点にたすきを届けることになっています。

 

マラソンランナーのDAIGOさんは、日本全国の熱い想いと汗の染み込んだ2本の重いたすきを肩に掛け、アンカーとして100kmを走り、武道館のゴールを目指すことになるのでした。

 

●気になるスターターは? まさか北川景子…!?

 

「24時間テレビ」のチャリティーマラソンというと、スターターを誰が務めるのかが話題となりつつあります。

 

私がそれを気にし始めたのは、2011年の第34回で徳光和夫さんがチャリティマラソンランナーを務めたとき、スターターが、なんとあの巨人軍終身名誉監督の長嶋茂雄さんだったことからでした。

 

去年の、TOKIOの城島茂さんがマラソンランナーだったときは、スターターが、城島さん憧れの東山紀之さんでしたね。

 

今年は、ひょっとして、堂々と恋人宣言もしてることから、女優の北川景子さんが早くもスターターとして登場するのでは!?

 

そんな期待を抱きつつも、実際にDAIGOさんのスターターにふさわしい人は誰かと想像した場合、いちばん考えられるのは、DAIGOさんがボーカルを務めているバンド「BREAKERZ」のメンバー2人。

 

もしくは、レギュラー出演していることから、「天才!志村どうぶつ園」の園長である志村けんさんがスターターを務めるのかもと予想しています。

 

●24時間テレビ38の注目企画

 

24時間テレビ37に続き、24時間テレビ38でも、番組スタート前から内容の予告となる番組がいくつか放送されていました。

 

でも今回は、目玉企画と呼べる企画としては紹介されていなかったことから、予告番組でよく紹介されていた注目企画を次のように3つほど挙げてみました。

 

・義手の少年が家族の想いをつなぐ和太鼓パフォーマンス

 

・V6とHey! Say! JUMPと体の不自由な子供たち 心をつなぐストンプ

 

・小さな島の心をつなぐ 34年ぶりのプレイボール

 

このうち、「小さな島の心をつなぐ  34年ぶりのプレイボール」では、離島の中学校に、たった3人しかいない野球チームがあります。

 

3人の夢は、「このメンバーで1度でいいから試合に出て、戦ってみたい!」ということ。

 

そこで、千葉県船橋市の非公認ゆるキャラでありながらも、いまだ大人気のふなっしーが、チームの監督となり奔走する内容となっているそうです。

 

あと、かつてV6の三宅健さんがレギュラー出演していた「伊藤家の食卓」が、24時間テレビで復活という予告も登場!

 

私も「伊藤家の食卓」は毎週のように見ていただけに、どんな裏ワザが紹介されるか楽しみです。

 

 

なお、27時間テレビではタイムスケジュールに合わせて、私なりに内容を振り返った記事を書いていますが、24時間テレビについては、そんなに見たい番組でもないことから、そこまではしないことにしました。

 

でも、最低でも先ほど記事にした3大注目企画を含め、私が見て記事にしてみたくなった企画については、24時間テレビ終了後に、内容をダイジェストで振り返る形での記事を書いてみる予定ですからね。 (141)

この記事は、2015年5月14日に更新の、今年の27時間テレビの総合司会はナインティナイン! 27時間マラソンも3年ぶりに復活! 山本圭一の復帰も?と、7月25日に更新の、 本日放送! 第29回「FNS27時間テレビ めちゃ2ピンチってるッ!本気になれなきゃテレビじゃないじゃ~ん!!」の続きの内容となります。

 

先月の7月25日(土)~7月26日(日)にかけて、第29回「「FNS27時間テレビ めちゃ2ピンチってるッ! 1億2500万人の本気になれなきゃテレビじゃないじゃ~ん!!」」というタイトルで、今年のフジテレビで27時間テレビが放送されました。

 

終了後も、ネット上で様々な批判や指摘が続いているように、今年の27時間テレビはまさにツッコミどころ満載!

 

したがいまして、この記事でも随時27時間テレビの放送内容にツッコみつつも、時に面白い場面もありました。

 

それについては、面白かった点、略して【オモテン】としてお伝えしていきたいと思います。

 

●オープニングは総合司会のナインティナインがまさかのゆるキャラで登場! リアル中居も

 

オープニングは、総合司会のナインティナインの岡村隆史さんと矢部浩之さん。

 

そして、今年の27時間テレビにほとんど出ると宣言していたSMAPの中居正弘さんが登場しているのかと思いきや、

 

矢部さんは「やべ~る君」。

 

中居さんは「リアル中居君」。

 

岡村さんは「たかっしー」 と、それぞれゆるキャラにも似たかぶり物で登場することに。

 

後ろには、FNS系列27局のマスコットキャラクターも勢ぞろいしていたのでした。

 

それ以外に、

 

・寺田心くん(ホンキーマンJr.)

・めちゃイケ女性メンバー

 光浦靖子さん、鈴木紗理奈さん、雛形あき子さん、重盛さと美さん

 

の4人がオープニングで登場していたのでした。

 

●フジテレビの女性アナウンサー 永島博美のナビゲーターよりおすすめレッドゾーンが紹介されることに

 

続いて、今年の27時間テレビのナビゲーターを務めていた、フジテレビアナウンサーの永島博美さんにより、「おすすめレッドゾーン」と題して、次の5つが紹介されました。

 

おすすめレッドゾーン①FNSちびっこホンキーダンス選手権(今回の目玉企画)

おすすめレッドゾーン②たんぽぽ白鳥の本気バンジー

おすすめレッドゾーン③大久保が88kmのマラソンに挑戦

おすすめレッドゾーン④ナイナイ&中居本気プロジェクト

おすすめレッドゾーン⑤スマスマVSめちゃイケだらけの本気水泳大会

 

おすすめレッドゾーンの①と③は後々記事でご紹介するとして、②は、めちゃイケのメンバーであるたんぽぽの2人が、 「たんぽぽ白鳥 本気のジャンプ世界記録に挑戦」と題し、

 

本気リポーター:川村エミコ

本気ジャンパー:白鳥英美子

 

として、お台場夢会場に設置された、特設バンジーアトラクションから登場。

 

しかも、ふつうバンジーアトラクションというと片方しかありませんが、お台場夢会場のバンジーは、なんと両側に飛ぶスペースが設置されていたのでした!

 

川村さんいわく、高さは22メートルあるというお台場のバンジーアトラクション。

 

1日に158回跳んだ外国人男性のギネス記録を更新すべく、ギネス記録員もスタンバイされた中、白鳥さんはオープニングで最初のバンジーを飛んだのでした。

 

実は、白鳥さんのバンジーについては、早朝の6時ごろにハプニングが発生して中止になりました。

 

それについては、27時間テレビの記事でも触れてみる予定です。

 

●大久保佳代子の88kmマラソンもスタート

 

オープニングでは、オアシズの大久保佳代子さんによる88(ババア)kmマラソンのチャレンジもスタートしました。

 

あらかじめ、「88kmマラソン 5つのリクエスト」として、

 

1.親友が常に帯同できるようにしてほしい

2.メイクは常にキチンとしたい

3.汗をかいたらお風呂に入りたい

4.辛いときは好きな音楽が聴きたい

5.自分がキレイになれるようにドラマチックな演出をしてほしい

 

の5つをリクエストしていた大久保さん。

 

マラソン当日には、今回のマラソンの中継を担当するフジテレビアナウンサーの西山貴久恵さんと、居酒屋風のお店で、マラソンランナーの大久保さんと、大久保さんを心配する「ババア友の会」と称するメンバーが勢ぞろいしていました。

 

後で調べてわかったのは、ニューハーフタレントのはるな愛さんの新しいお店で、鉄板焼きの「大三」だったこと。

 

その店内から、そこらへんにあったロープを床に置いたのをスタート地点としてマラソンがスタートしたのでした。

 

それでは、ここから、27時間テレビで放送された各コーナーを、タイムテーブル型式でタイトルをご紹介しながら、私なりに内容を振り返ってみたいと思います。

 

テレビドキッ!めちゃイケVSSMAP 本気だらけの水泳大会

おすすめレッドゾーン⑤として紹介されていた、めちゃイケVSSMAPの本気水泳大会は、昨年に続き、今年も水着ギャルたちのギャラリーを交え、

 

[めちゃイケチーム]

加藤浩次

岡村隆史

矢部浩之

よゐこ(濱口優・有野晋也)

三中元克

敦士

ジャルジャル(福徳秀介・後藤淳平)

 

[SMAPチーム]

中居正弘

木村拓哉

草彅剛

稲垣吾郎

香取慎吾

 

のメンバーで行なわれました。

 

昨年に続き今年もまた、めちゃイケとSMAPの5番勝負ということで、

 

・競泳対決(ドロー)

[第1試合 平泳ぎ]

木村拓哉VS矢部浩之(木村の勝利)

[第2試合 背泳ぎ]

中居正弘VS敦士(敦士の勝利)

[第3試合 自由形]

香取慎吾VS濱口優(濱口の勝利)

[第4試合 バタフライ]

稲垣吾郎VS岡村隆史(稲垣の勝利)

 

・騎馬戦対決(めちゃイケチームの勝利)

大将:SMAPチーム 香取慎吾

大将:めちゃイケチーム 加藤浩次

 

【オモテン】

最初はすぐに勝負がつくかと思っていたら、なんと時間にして8分間にもおよぶ大激戦となったこと。

 

・手押し相撲お台場場所(対戦は木村拓哉VS三中のみで、木村の勝利)

 

・潜水対決(草彅剛VS武田真治の対戦で、武田の勝利)

 

・競泳リレー対決(めちゃイケチームの勝利)

[SMAPチーム]

第1泳者 草彅剛

第2泳者 香取慎吾

第3泳者 中居正弘

第4泳者 木村拓哉

アンカー 稲垣吾郎

[めちゃイケチーム]

第1泳者 濱口優

第2泳者 有野晋哉

第3泳者 矢部浩之

第4泳者 岡村隆史

アンカー 後藤淳平

 

という形で行なわれることに。

 

その結果、めちゃイケチームの勝利となり、これで2連覇を達成したのでした!

 

罰ゲームは、水泳大会の最初の約束のときには、どちらかのチームが坊主になると決めていました。

 

けれど、特設プール会場のすぐそばで、そのときはまだギネス挑戦中だった、白鳥さんがバンジージャンプを飛んでいた姿を見て、急きょバンジーに決定することに。

 

SMAPのメンバーで、最終対決のリレーで負けてしまったこともあり、当初は稲垣さんが飛ぶことになってていました。

 

けれど、これまでジェットコースターにも乗ったことがないという稲垣さんは、頑なにバンジーを拒否。

 

かわりに、木村さんが飛ぶことになったのでした。

 

木村さんのバンジーは、この水泳大会の終了後、次の企画内で行なわれ、

 

「千秋楽、おめでとぅっ!」

 

と言って、木村さんはバンジーを成功させたのでした。

 

テレビ明石家さんまのテレビの危機を救え!ダイヤモンドオールスターズ本気の体力測定

本来は「さんま・中居の今夜も眠れない」のコーナーから登場するはずのさんまさんが、早くも21時の時間帯で登場。

 

芸能界を代表するレジェンド60代が奇跡の集結! と題して、次のメンバーがダイヤモンドオールスターズとして選ばれていたのでした。

 

[男性芸能人]

森末慎二(58歳)

笑福亭笑瓶(58歳)

ラサール石井(59歳)

村上ショージ(60歳)

具志堅用高(60歳)

斉藤暁(61歳)

関根勤(61歳)

野村将希(62歳)

名高達郎(64歳)

ドン小西(64歳)

吉田照美(64歳)

錦野旦(66歳)

モト冬樹(69歳・最年長)

 

[女性芸能人]

仁志川峰子(57歳)

増田惠子(57歳)

松井一代(58歳)

秋野暢子(58歳)

水沢アキ(60歳)

岡本麗(58歳)

デヴィ夫人(75歳・最年長)

 

体力測定で行なわれた、敏捷性、跳躍力の結果は次のようになりました。

 

・敏捷性:反復横跳び

(60歳の平均54回)

最高記録 

野村将希の80回

 

・跳躍力:走り高跳び

(60歳の平均80cm)

最高記録

男性:錦野旦の130cm

 

・反射神経 リアクションバー

(60歳の平均22cm)

 

【オモテン】

リアクションバーの測定で、松居さんの測定のとき、よく見ていなかったはずなのに見ていたと言い張っていた、劇団ひとり似の男性ディレクター。

 

バランス力:バランスボール(全員参加)

(60歳の平均記録8秒)

 

【オモテン】

バランスボールの測定で、モト冬樹さんがなかなかうまく乗れず、何度もバランスを崩して転んでいたシーン。

 

●最終測定は大縄跳び 目標は全員で60回!

 

そして、最終測定は、

 

団結力:大縄跳び

 

ということで、これも最初は全員参加となっていました。

 

目標は、60代ということで60回に設定することに。

 

ところが、1回~8回まで続けてやっと1回跳べただけだったことから、9回目からは、デヴィさん、ドンさん、仁志川さん、岡本さんの4人が抜けての挑戦となりました。

 

その後、具志堅さんが抜けて10回目→松居さんが抜けて11回目。

 

12回目で、ようやく2回だけ成功したのでした

 

その後も、

 

13回目 それまでの2列→1列に(1回成功)

14回目 33回成功!

 

と、大縄跳びの挑戦は続いていきます。

 

●次の「すぽると」27時間テレビスペシャルのコーナーまでまたがった 最終測定の大縄跳び

 

実は、体力測定の次のコーナーは「すぽると」の27時間テレビスペシャルだったのですが、最終測定の大縄跳びのチャレンジはまだまだ続いていたのでした。

 

ここからは、確実に跳べそうな9人にまで人数を絞り、

 

15回目:1回

16回目:3回

17回目:38回

19回目:1回

 

と、4回行なうことに、

 

すると、17回目には38回という、これまでの最高記録が更新されたのでした。

 

この間、すぽるとが放送されていたスタジオと、大縄跳びが行なわれていたスタジオとが、すぽるとの加藤さんを、岡村さんがチャイムで呼んでは返すといったやりとりが何度も続いていたのでした。

 

そしてついに、

 

20回目:60回!

 

と、20回目でついに目標の60回を達成したのでした!

 

最初、17回目の38回を達成した時点で、私は、さんまさん風の言葉で言えば、

 

「17回目で38回も跳んだんだから、もうそれでええやろ!

 勘弁したりぃよ~」

 

と思っていました。

 

でも、本当に最後だった20回目の挑戦で、見事目標の60回を達成したんですからね!

 

終わりよければすべてよしではないけれど、結果的には、すぽるとのスタジオと大縄跳びの会場との中継が何度も行ったり来たりの甲斐があったと言えるでしょう。

 

 

次の記事では、27時間テレビ毎年恒例の「さんま・中居の今夜も眠れない」から振り返ってみたいと思います。 (138)

この記事は、2015年5月14日に更新の、今年の27時間テレビの総合司会はナインティナイン! 27時間マラソンも3年ぶりに復活! 山本圭一の復帰も?と、7月25日に更新の、 本日放送! 第29回「FNS27時間テレビ めちゃ2ピンチってるッ!本気になれなきゃテレビじゃないじゃ~ん!!」の続きの内容となります。

 

さて、先月の7月25日(土)~7月26日(日)にかけて、第29回「FNS27時間テレビ めちゃ²ピンチってるッ! 1億2500万人の本気になれなきゃテレビじゃないじゃ~ん!!」」というタイトルで、今年のフジテレビで27時間テレビが放送されました。

 

終了後も、ネット上で様々な批判や指摘が続いているように、今年の27時間テレビはまさにツッコミどころ満載!

 

したがいまして、この記事でも27時間テレビで放送された内容に、随時ツッコんでいくことにしました。

 

また、時に面白い場面もいくつかありました。

 

それについては、「THE MANZAI」以来久々に登場となる、面白かった点、略して【オモテン】としてお伝えしていきたいと思います。

 

●オープニングは総合司会のナインティナインがまさかのゆるキャラで登場! リアル中居も

 

オープニングは、総合司会のナインティナインの岡村隆史さんと矢部浩之さん。

 

そして、今年の27時間テレビにほとんど出ると宣言していたSMAPの中居正弘さんが登場しているのかと思いきや、

 

矢部さんは「やべ~る君」。

 

中居さんは「リアル中居君」。

 

岡村さんは「たかっしー」

 

といったように、それぞれゆるキャラにも似たかぶり物で登場することに。

 

後ろには、FNS系列27局のマスコットキャラクターも勢ぞろいしていたのでした。

 

それ以外に、

 

・寺田心くん(ホンキーマンJr.)

・めちゃイケ女性メンバー

 光浦靖子さん、鈴木紗理奈さん、雛形あき子さん、重盛さと美さん

 

の4人がオープニングで登場していたのでした。

 

●フジテレビの女性アナウンサー 永島博美のナビゲーターよりおすすめレッドゾーンが紹介されることに

 

続いて、今年の27時間テレビのナビゲーターを務めていた、フジテレビアナウンサーの永島博美さんにより、「おすすめレッドゾーン」と題して、次の5つが紹介されました。

 

おすすめレッドゾーン①FNSちびっこホンキーダンス選手権(今回の目玉企画)

おすすめレッドゾーン②たんぽぽ白鳥の本気バンジー

おすすめレッドゾーン③大久保が88kmのマラソンに挑戦

おすすめレッドゾーン④ナイナイ&中居本気プロジェクト

おすすめレッドゾーン⑤スマスマVSめちゃイケだらけの本気水泳大会

 

おすすめレッドゾーンの①と③は後々記事でご紹介するとして、②は、めちゃイケのメンバーであるたんぽぽの2人が、 「たんぽぽ白鳥 本気のジャンプ世界記録に挑戦」と題し。

 

本気リポーター:川村エミコ

本気ジャンパー:白鳥英美子

 

として、お台場夢会場に設置された、特設バンジーアトラクションから登場。

 

しかも、ふつうバンジーアトラクションというと片方しかありませんが、お台場夢会場のバンジーは、なんと両側に飛ぶスペースが設置されていたのでした!

 

川村さんいわく、高さは22メートルあるという、お台場のバンジーアトラクション。

 

1日に158回跳んだ外国人男性のギネス記録を更新すべく、ギネス記録員もスタンバイされた中、白鳥さんはオープニングで最初のバンジーを飛んだのでした。

 

実は、白鳥さんのバンジーについては、早朝の6時ごろにハプニングが発生して、結果的に中止になりました。

 

それについては、27時間テレビの記事でも触れてみる予定です。

 

そう、てっきり本人たちが扮していたと思われた、やべ~る君、リアル中居、たかっしーは別の人が入っていたのでした。

 

●大久保佳代子の88kmマラソンもスタート

 

オープニングでは、オアシズの大久保佳代子さんによる88(ババア)kmマラソンのチャレンジもスタートしました。

 

あらかじめ、「88kmマラソン 5つのリクエスト」として、

 

1.親友が常に帯同できるようにしてほしい

2.メイクは常にキチンとしたい

3.汗をかいたらお風呂に入りたい

4.辛いときは好きな音楽が聴きたい

5.自分がキレイになれるようにドラマチックな演出をしてほしい

 

の5つをリクエストしていた大久保さん。

 

マラソン当日には、今回のマラソンのレポーターを担当するフジテレビアナウンサーの西山貴久恵さんと、居酒屋風のお店で、マラソンランナーの大久保さんと、大久保さんを心配する「ババア友の会」と呼ばれるメンバーの女性たちも勢ぞろいしていました。

 

後で調べてわかったのは、居酒屋風のお店は、ニューハーフタレントのはるな愛さんの新しいお店で、鉄板焼きの「大三」だったこと。

 

その店内から、そこらへんにあったようなロープを床に置き、そこをスタート地点としてマラソンがスタートしたのでした。

 

大久保さんの88kmマラソンについても、27時間テレビの記事でもう少し触れてみることにします。

 

ところで、ここまでオープニングでずっと「やべ~る君」「リアル中居」「たかっしー」のゆるキャラのかぶりものをした状態が続いていました。

 

ナイナイの矢部さん、岡村さん、SMAPの中居さんの体力は大丈夫なのかと思っていたら、実は3人の姿は、オープニング後すぐに行なわれた水泳大会のプレハブに!

 

まあ、オープニングのスタジオから水泳大会の会場に移動するのも時間がかかりそうでしたので、ダミーを用意したのは正解だったでしょうね。

 

それでは、ここから、27時間テレビで放送された各企画を、タイムテーブル型式でタイトルをご紹介しながら、私なりに内容を振り返ってみたいと思います。

 

テレビドキッ!めちゃイケVSSMAP 本気だらけの水泳大会

 

おすすめレッドゾーン⑤として紹介されていた、めちゃイケVSSMAPの本気水泳大会は、

 

[めちゃイケチーム]

加藤浩次

岡村隆史

矢部浩之

よゐこ(濱口優・有野晋也)

三中元克

敦士

ジャルジャル(福徳秀介・後藤淳平)

 

[SMAPチーム]

中居正弘

木村拓哉

草彅剛

稲垣吾郎

香取慎吾

 

のメンバーで行なわれました。

 

昨年に続き今年もまた、めちゃイケとSMAPの5番勝負ということで、

 

・競泳対決(ドロー)

[第1試合 平泳ぎ]

木村拓哉VS矢部浩之(木村の勝利)

[第2試合 背泳ぎ]

中居正弘VS敦士(敦士の勝利)

[第3試合 自由形]

香取慎吾VS濱口優(濱口の勝利)

[第4試合 バタフライ]

稲垣吾郎VS岡村隆史(稲垣の勝利)

 

・騎馬戦対決(めちゃイケチームの勝利)

大将:SMAPチーム 香取慎吾

大将:めちゃイケチーム 加藤浩次

 

【オモテン】

最初はすぐに勝負がつくかと思っていたら、なんと時間にして8分間にもおよぶ大激戦となったこと。

 

・手押し相撲お台場場所(対戦は木村拓哉VS三中のみで、木村の勝利)

 

・潜水対決(草彅剛VS武田真治の対戦で、武田の勝利)

 

・競泳リレー対決(めちゃイケチームの勝利)

[SMAPチーム]

第1泳者 草彅剛

第2泳者 香取慎吾

第3泳者 中居正弘

第4泳者 木村拓哉

アンカー 稲垣吾郎

[めちゃイケチーム]

第1泳者 濱口優

第2泳者 有野晋哉

第3泳者 矢部浩之

第4泳者 岡村隆史

アンカー 後藤淳平

 

という形で行なわれることに。

 

その結果、めちゃイケチームの勝利となり、これで2連覇を達成したのでした!

 

罰ゲームは、水泳大会の最初の約束のときには、どちらかのチームが坊主になると決めていました。

 

けれど、特設プール会場のすぐそばで、そのときはまだギネス挑戦中だった、白鳥さんがバンジージャンプを飛んでいた姿を見て、急きょバンジーに決定することに。

 

SMAPのメンバーで、最終対決のリレーで負けてしまったこともあり、当初は稲垣さんが飛ぶことになってていました。

 

けれど、これまでジェットコースターにも乗ったことがないという稲垣さんは、頑なにバンジーを拒否。

 

かわりに、木村さんが飛ぶことになったのでした。

 

木村さんのバンジーは、この水泳大会の終了後、次の企画内で行なわれ、

 

「千秋楽、おめでとぅっ!」

 

と言って、木村さんはバンジーを成功させたのでした。

 

テレビ明石家さんまのテレビの危機を救え!ダイヤモンドオールスターズ本気の体力測定

 

本来は「さんま・中居の今夜も眠れない」のコーナーから登場するはずのさんまさんが、早くも21時の時間帯で登場。

 

芸能界を代表するレジェンド60代が奇跡の集結! と題して、次のメンバーがダイヤモンドオールスターズとして選ばれていたのでした。

 

[男性芸能人]

森末慎二(58歳)

笑福亭笑瓶(58歳)

ラサール石井(59歳)

村上ショージ(60歳)

具志堅用高(60歳)

斉藤暁(61歳)

関根勤(61歳)

野村将希(62歳)

名高達郎(64歳)

ドン小西(64歳)

吉田照美(64歳)

錦野旦(66歳)

モト冬樹(69歳・最年長)

 

[女性芸能人]

仁志川峰子(57歳)

増田惠子(57歳)

松井一代(58歳)

秋野暢子(58歳)

水沢アキ(60歳)

岡本麗(58歳)

デヴィ夫人(75歳・最年長)

 

体力測定で行なわれた、敏捷性、跳躍力の結果は次のようになりました。

 

・敏捷性:反復横跳び

(60歳の平均54回)

最高記録 

野村将希の80回

 

・跳躍力:走り高跳び

(60歳の平均80cm)

最高記録

男性:錦野旦の130cm

 

・反射神経 リアクションバー

(60歳の平均22cm)

 

リアクションバーでは、目盛りが付いた長さ20cmのバーを、上から落としてダイヤモンドオールスターズのメンバーがそれをつかんで記録を測っていく流れになっていましたが、記録として認められたのは、森末さんの16cmだけとなりました。

 

【オモテン】

リアクションバーで、松居さんの測定のとき、バーの目盛りをよく見ていなかったはずなのに見ていたと言い張っていた、劇団ひとりさんに声も姿もよく似ていた男性ディレクター。

 

バランス力:バランスボール(全員参加)

(60歳の平均記録8秒)

 

【オモテン】

バランスボールの測定で、モト冬樹さんがなかなかうまく乗れず、数秒もたたずに何度もバランスを崩して転んでいたシーン。

 

●最終測定は大縄跳び 目標は全員で60回!

 

そして、最終測定は、

 

団結力:大縄跳び

 

ということで、これも最初は全員参加となっていました。

 

目標は、60代ということで60回に設定することに。

 

ところが、1回~8回まで続けてやっと1回跳べただけだったことから、9回目からは、デヴィさん、ドンさん、仁志川さん、岡本さんの4人が抜けての挑戦となりました。

 

その後、具志堅さんが抜けて10回目→松居さんが抜けて11回目。

 

12回目で、ようやく2回だけ成功したのでした

 

その後も、

 

13回目 それまでの2列→1列に(1回成功)

14回目 33回成功!

 

と、大縄跳びの挑戦は続いていきます。

 

●次の「すぽると」27時間テレビスペシャルのコーナーまでまたがった 最終測定の大縄跳び

 

実は、体力測定の次のコーナーは「すぽると」の27時間テレビスペシャルだったのですが、最終測定の大縄跳びのチャレンジはまだまだ続いていたのでした。

 

ここからは、確実に跳べそうな9人にまで人数を絞り、

 

15回目:1回

16回目:3回

17回目:38回

19回目:1回

 

と、4回行なうことに、

 

すると、17回目には38回という、これまでの最高記録が更新されたのでした。

 

この間、すぽるとが放送されていたスタジオと、大縄跳びが行なわれていたスタジオとが、すぽるとに出演中の加藤さんを、岡村さんがチャイムで呼んでは中継し、また返すといったやりとりが何度も続いていたのでした。

 

そしてついに、

 

20回目:60回!

 

と、20回目でついに目標の60回を達成したのでした!

 

最初、17回目の38回を達成した時点で、私は、さんまさん風の言葉で言えば、

 

「17回目で38回も跳んだんだから、もうそれでええやろ!

 勘弁したりぃよ~」

 

と思っていました。

 

でも、本当に最後だった20回目の挑戦で、見事目標の60回を達成したんですからね!

 

終わりよければすべてよしではないけれど、結果的には、すぽるとのスタジオと大縄跳びとの中継が何度も行ったり来たりの甲斐があったと言えるでしょう。

 

 

次の記事では、27時間テレビ毎年恒例の「さんま・中居の今夜も眠れない」から振り返ってみたいと思います。 (121)

この記事は、2015年8月10日に更新の、2015年7月、TBSテレビ、フジテレビ、日本テレビ、テレビ朝日の夏の新ドラマがスタート! の続きの内容となります。

 

では、2015年7月にスタートした、TBSテレビ、フジテレビ、日本テレビ、テレビ朝日の20時~22時にかけての夏の新ドラマについて、もう少し書いてみることにしましょう。

 

新ドラマとはいえ、すでにこの時点で第5話、あるいは第6話を迎えているドラマもあったりしますが、まあそこは、いつものようにあまり気にしないでまいりたいと思います(苦笑)。

 

【TBS系】

 

テレビ火曜21時 火曜ドラマ「ホテルコンシェルジュ」

「ホテルコンシェルジュ」は、7月7日より放送されている、モデル、女優、歌手と幅広く活躍している西内まりやさんの連続ドラマ初出演となるドラマでもあります。

 

ある夏の朝、外資系ホテル「ホテルフォルモント」のロビーを、西内さん演じる天野塔子が意気揚々と歩いていました。

 

彼女は今日から、「ホテルフォルモント」の職場で、ホテルコンシェルジュとしての新たな仕事を始めることになります。

 

天野塔子は、料飲部に配属され、3年間のレストラン勤務を経て、念願のコンシェルジュに抜擢された新米コンシェルジュ。

 

やや短慮な性格から仕事で失敗することが多く、幹部からは辛辣な評価をされていました。

 

しかし、コンシェルジュとして、お客様の悩みと心に真摯に向き合う一途な姿勢を崩さない一生懸命さから、徐々に信頼を勝ち取っていくことになります。

 

ネットのユーザーさんからは、かつて故・石ノ森章太郎さん原作で、1990年~2002年にかけて、全第5シリーズとスペシャル版を含めTBSで放送された、俳優の松方弘樹さん主演の「HOTEL」のドラマと「ホテルコンシェルジュ」が似ているという指摘がありました。

 

たしかに天野は、俳優の高嶋政伸さん演じる、ベルボーイの赤川一平をイメージさせるところがありますし、お客様の悩みと心に真摯に向き合う点も似ていたりしますね。

 

何よりも、ホテル内で毎回のように何かしらの事件が起きるのもそっくりだったりします。

 

「ホテルコンシェルジュ」は、新人の女性コンシェルジュの天野をはじめ、個性豊かなホテルマン&ホテルウーマンが、お客様からの様々なトラブルを解決していく姿を1話完結で描くドラマとなっています。

 

テレビ木曜21時 木曜ドラマ劇場「37.5℃の涙」

7月9日にスタートした「37.5℃の涙」は、下のリンクでもご紹介の、漫画家の椎名チカさん原作のテレビドラマ。

 

女優の蓮佛美沙子さんによる、民放ドラマ初主演のドラマでもあります。

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】37.5℃の涙(1) [ 椎名チカ ]

 

37.5℃の涙 全巻セット(1巻~4巻) 椎名チカ

 

蓮佛さん演じる杉崎桃子の職業は保育士ですが、前の保育園では、ぎこちない笑顔がゲインで保護者とコミュニケーションがとれず、1年でクビになったという苦い経験がありました。

 

その桃子を、ふたたび保育士として採用したのは、訪問型の病児保育を提供する「リトルスノー」の共同経営者である朝比奈元春(成宮寛貴)。

 

そこで桃子は、病気の子供をお世話する病児保育士として働くことになったのでした。

 

「37.5℃の涙」のドラマにおける37.5℃とは、子供が保育園に行ける体温のボーダーラインであるそうです。

 

たとえば、子供が熱を出しても保育園には預けられない。

 

病気の子供を置いて仕事には行けない。

 

でも働かなくては生きていけない…。

 

このような、身動きの取れない親たちに手を差し伸べる存在が病児保育士の役割でもあったのでした。

 

「37.5℃の涙」は、そのような病児保育士を主人公にしたドラマとなっています。

 

テレビ金曜22時 金曜ドラマ「表参道高校合唱部!」

「表参道高校合唱部」は、7月17日にスタートした、私としては初めて存在と名前を知った、女優の芳根京子さん初主演の連続ドラマです。

 

舞台は、東京・原宿の表参道にある「表参道高等学校」。

 

高校には合唱部があり、合唱の名門校でもありましたが、実は廃部寸前の危機に立たされていたのでした。

 

また、この高校の生徒間には、上位から「1軍」「2軍」「圏外」という区分が存在し、合唱部を含む「圏外」生徒は、オタクや不登校生徒が属することに。

 

そのため、上位生徒から関わりを避けられる空気があったのでした。

 

そんな中、香川県から転校してきたのが、芳根さん演じる香川真琴。

 

なんでも、両親の離婚危機で母の実家がある東京に引っ越すことになり、表参道高校に転校したそうです。

 

地元の高校では合唱部に所属していました。

 

その香川真琴の合唱に対する熱意と、廃部寸前にあった合唱部の活動を復興させるべく、合唱部員たちが合唱部の立て直しに奔走する姿を描いたのが「表参道高校合唱部!」のドラマとなっています。

 

テレビ日曜21時 日曜劇場「ナポレオンの村」

7月19日にスタートした「ナポレオンの村」は、下のリンクでもご紹介の書籍にありますように、科学ジャーナリストで、日蓮宗僧侶、立正大学客員教授でもある高野誠鮮(じょうせん)の『ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?』を原案にしたドラマ。

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】ローマ法王に米を食べさせた男 [ 高野誠鮮 ]

 

主演は、俳優の唐沢寿明さんです。

 

唐沢さん演じる浅井栄治は、東京オリンピックのプロジェクトにかかわるなど、やり手の職員として、庁内では有名な東京都庁職員でもあります。

 

そんな浅井が、「役人は役に立ってこそ“役人”である」という確固たる信念のもと、東京都西部の限界集落である「星河市神楽村」の立て直しのために、星河市に赴任することになりました。

 

浅井が暴走しないよう、市長から監視役を命じられている、星河市役所農林商工課職員の岬由香里(麻生久美子)という女性も登場します。

 

かつて、

 

「余の辞書に不可能はない」

 

と、かつてフランスに名言を残したのは、偉大な英雄であるナポレオン。

 

しかし浅井は、

 

「この村の辞書に不可能という文字はない」

 

と、ナポレオンばりの合言葉と、不可能を可能に変える底知れぬバイタリティーを持っていたのでした。

 

「ナポレオンの村」は、浅井の類まれな行動力と奇抜なアイデアで、限界集落が蘇っていく爽快なサクセスストーリーのドラマでもあります。

 

なお、岬由香里役の麻生久美子さんは、今回がなんとTBSの連続ドラマ出演が19年ぶりでもあったそうです!

 

【フジテレビ系】

 

テレビ月曜21時 「恋仲」

7月20日よりスタートの月9ドラマ「ようこそ、わが家へ」は、月9初主演となる、俳優の福士蒼太さん主演のドラマです。

 

スタート前のスポットCMでは、「この夏一番あつくて切ない王道ラブストーリー!!」 として宣伝されていましたね。

 

東京の小さな建築事務所のアシスタントとして、うだつのうがらない日々を過ごしている、福士さん演じる三浦葵は、妹の七海(大原櫻子)とマンションで2人暮らし。

 

元カノの冴木瑠衣子(市川由衣)にも甲斐性のなさからふられるなど、仕事同様恋愛もうまくいっていない、踏んだり蹴ったりの毎日を送っていました。

 

そんな葵が、ある夏の日に、葵の初恋の相手で幼なじみの芹沢あかり(本田翼)と、7年ぶりとなる運命の再会を果たします。

 

学生時代は、当たり前のように毎日一緒だった2人。

 

しかし、あかりは高校3年生の花火大会の夜、突然葵の前から姿を消してしまったのでした。

 

胸の奥に秘め、決して忘れることのできなかった思いは、突然の再会で葵の心を突き動かします。

 

しかし、彼女の隣には、葵の親友だった蒼井翔太 (野村周平)の姿が。

 

しかも翔太は、あかりの彼女として現れたのでした。

 

字は違えども、同じ2人の「あおい」でもあるわけです。

 

第1話では、いまからそう遠くない未来で、とあるチャペルで結婚式が行なわれ、新婦はあかり。

 

しかし、夫となる新郎の姿はまだありませんでした。

 

実はそのころ、葵はチャペルに向かって猛ダッシュ。

 

新幹線の駅に降り立った翔太もチャペルへと急いでいました。

 

つまり、1人は花婿として、もう1人が友人代表として、それぞれ結婚式に出ることになっているのです。

 

実際の最終回の結末はどうなるかわからないものの、「恋仲」の第1話では、2人の“あおい”のどちらかがあかりと結婚するまでの物語と紹介されていました。

 

テレビ火曜22時 「HEAT」

7月7日からスタートしている「HEAT」は、まだ「GTO」の鬼塚先生のイメージがある、EXCILEのAKIRAさん主演のドラマでもあります。

 

不動産会社「クローバー都市開発」に勤務する、AKARAさん演じる池上タツヤは、再開発プロジェクトを進行していた南臨海市をライバルである濱田直紀に横取りされ、新たな候補地を、東京の西南部に位置する地方都市の幸多市(さちおおし)に決めました。

 

しかし幸多市には再開発に反対する住民が多く、困惑するタツヤの前に現れたのは、幸多市消防団第11分団のリーダー・安住咲良(あずみさくら・栗山千明)。

 

咲良と出会いを機に、地権者たちの個人情報を手に入れるべく、タツヤは素性を隠して消防団に入団することに。

 

しかし入団すると、待っていた仕事はペットの捜索など小さなものばかり。

 

第11分団は、消防団として住民に信用されていなかったのでした。

 

「HEAT」は、消防団を舞台にしたのは、本作が史上初となるドラマでもあります。

 

テレビ水曜22時 水曜劇場「リスクの神様」

7月8日にスタートした「リスクの神様」は、意外にもフジテレビのドラマが初主演でもあった、俳優の堤真一さんが主演のドラマです。

 

日本最大の商社「サンライズ物産」は、新たに危機対策室を設立することに。

 

その危機対策室長として呼ばれたのは、アメリカで数々のリスクを解決し、「リスクの神様」とまで言われた、堤さん演じる西行寺智でした。

 

その頃、サンライズ物産と生島電気との間で立ち上げた合弁会社にて「LIFE」プロジェクトがスタートします。

 

しかし「LIFEバッテリー」を搭載した掃除機に重要な欠陥が見つかり、電機部主任・神狩(かがり)かおり(戸田恵梨香)は責任をとらされることに。

 

社内で行き場を失う神狩を、西行寺は危機対策室に迎え入れ、あらゆる危機、リスクについて対策を行なっていくのでした。

 

このように、「リスクの神様」は、企業を守る危機管理専門家たちの活躍を描く、硬派な本格社会派ドラマとなっています。

 

テレビ木曜22時 木曜劇場「探偵の探偵」

7月9日にスタートした「探偵の探偵」は、原作が、小説家の松岡啓祐さんの推理小説「探偵の探偵」のドラマとなっています。

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】【夏の文庫キャンペーン2015】探偵の探偵 [ 松岡圭祐 ]

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】【夏の文庫キャンペーン2015】探偵の探偵(2) [ 松岡圭祐 ]

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】【夏の文庫キャンペーン2015】探偵の探偵(3) [ 松岡圭祐 ]

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】探偵の探偵(4) [ 松岡圭祐 ]

 

女優の北川景子さんのフジテレビ連続ドラマ初主演であり、初の探偵役で本格的アクションにも挑戦したドラマです。

 

北川さん演じる紗崎玲奈(ささきれな)は、亡き妹のため命がけで探偵を追う探偵。

 

容姿端麗、頭脳明晰で、記憶力が以上によく、物事を総合的に判断して最適な行動を選択することができる能力の持ち主でもあります。

 

一方で、実妹の死にまつわる残酷な過去をきっかけに、「探偵のすべてを知りたい、でも探偵にはなりたくない」という奇抜や希望を以って、玲奈は、中堅調査会社スマ・リサーチ社が併設する「探偵養成所スマPIスクール」に入学。

 

同社が経営するPIスクール(探偵学校)で2年間にわたる修行を経て、2013年4月に同社に入社します。

 

以降、新設された悪徳探偵業者を調査・追及する「対探偵課」において、たったひとりの調査員として切り盛りする、孤独な女探偵として活動していくのでした。

 

「探偵の探偵」は、悪徳探偵専門の探偵として、紗崎玲奈が活躍する連続ドラマとなっています。

 

【日テレ系】

 

テレビ水曜22時 水曜ドラマ「花咲舞が黙ってない」

「花咲舞が黙ってない」は、7月8日にスタートしたドラマですが、実は2014年4月16日~6月18日にかけて、同じタイトルの「花咲舞が黙ってない」のドラマが全10回で放送されたことがあったのでした。

 

なので、通常であれば続篇ということで「続」あるいは「新」を付けるところですが、第1シリーズと同じく、新ドラマも「花咲舞が黙ってない」となっていたのでした。

 

でも、あくまでも「花咲舞が黙ってない」の第2シリーズですからね。

 

原作は、下のリンクでもご紹介の、小説家の池井戸潤さんの経済小説『不祥事』『銀行総務特命』。

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】【夏の文庫キャンペーン2015】不祥事新装版 [ 池井戸潤 ]

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】【夏の文庫キャンペーン2015】銀行総務特命新装版 [ 池井戸潤 ]

 

主演は、第1シリーズにひき続き、女優の杏さんです。

 

杏さん演じる花咲舞は、東京第一銀行の支店統括部臨店班(臨店班とは、問題を起こした支店へ直接出向き、業務指導し問題解決を図る部署のこと)。

 

かつて赤坂支店、中野支店でも明るく親切なテラー(窓口担当者)として同僚や顧客から人気があった舞でしたが、突然臨店班に異動を命じられるになりました。

 

不正行為やメガバンク独自の理不尽な慣習の犠牲になる人々を見過ごす事ができずに、間違っていると思った事は徹底的に追及する舞。

 

しかし行員の粗探しをするような臨店の仕事には戸惑いを感じていて、時に悩むことも。

 

納得いかない命令に反論するときは、「お言葉を返すようですが」と切り出す面もあったりします。

 

かつては舞の上司だった、上川隆也さん演じる相馬健とは、いまや臨店班でコンビを組む仲に。

 

それでも、言いたいことをすぐ口に出す舞の暴走には、相馬も日々手を焼いているようでした。

 

「花咲舞が黙ってない」第2シリーズは、東京第一銀行の臨店班、花咲舞と相馬健のコンビが、銀行内の様々なトラブルを解決してゆくドラマとなっています。

 

テレビ土曜21時 土曜ドラマ「ド根性ガエル」

かつて、1972年~1974年まで、朝日放送で放送されていた、漫画家の吉沢やすみさん原作のテレビアニメ「ド根性ガエル」(全103話)。

 

その後、1981年9月7日~1982年3月29日まで、今度は日本テレビでアニメ「新・ど根性ガエル」(全30話)として放送されたのでした。

 

「ド根性ガエル」が実写版でドラマ化されることについては、以前よりネット上で明らかとなり、賛否両論を含め話題となっていたのでした。

 

そこで発表されていたのは、実写版「ド根性ガエル」の主人公のひろし役として、俳優の松山ケンイチさんが演じるということ。

 

そして、7月11日に「ど根性ガエル」のドラマがスタートしたことで、

 

ひろしの母親:薬師丸ひろ子

吉沢京子:前田敦子

五郎:勝地涼

五利良イモ太郎(ゴリライモ): 新井浩文

佐川梅三郎(梅さん):光石研

山中ヨシコ(ヨシコ先生):白羽ゆり

町田先生:でんでん

 

など、主要な登場人物が明らかとなってきたのでした。

 

原作の時代設定が1970年代だったのに対し、ドラマ版は2015年が舞台に。

 

ひろしも30歳となり、一時はニートのような毎日を送っていたもののの、ある騒動をきっかけに、ゴリライモが社長を務めるパン工場「ゴリラパン」で働くことに。

 

一方で、離婚し、バツイチとなって戻ってきたことで、両親はすでに他界し、いまは祖母と暮らしている、女優の前田敦子さん演じる京子ちゃんに、ひろしがプロボースしては玉砕していたのでした。

 

そして、スポットCMのときから、そのCGのクオリティの高さで注目していた、平面ガエルのピョン吉。

 

しかも、ピョン吉の声を担当していたのは、女優の満島ひかりさんなんですが、これが、かつてアニメ版のピョン吉の声を担当していた千々松幸子さんに負けじと劣らぬクオリティの高さが、ネット上で話題となっていたのでした!

 

このように、土曜ドラマ「ど根性ガエル」は、原作から16年後の後日談という設定のオリジナルストーリーで、30歳になったひろしとピョン吉の姿を中心に描いたドラマとなっています。

 

テレビ日曜22時30分 日曜ドラマ「デスノート」

7月5日にスタートした「デスノート」は、2006年に公開された実写映画版、2015年のミュージカル版に続き、今回初めて実写テレビドラマ化されました。

 

主演は、窪田正孝さんです。

 

「デスノート」の主人公で、窪田さん演じる夜神月(やがみライト)は、居酒屋でアルバイトをしながら公務員を目指している、ごく平凡な大学生。

 

過去に母親を亡くした際に、父親が仕事に追われていたことから、父親に確執を持っており、世の中を斜に見ていたのでした。

 

ある日のこと、月は、親友の鴨田が高校時代の同級生・佐古田に恐喝される現場に遭遇。

 

恐喝をやめさせようとするも、力なく為す術もなかった月は、自分の無力さを知り、「力が欲しい」と願うのでした。

 

すると、そんな月の頭上に、夜空からDeath Note(以下、デスノート)と表紙に書かれた黒いノートが落ちてきました。

 

「名前を書かれた人間は死ぬ」という、裏表紙の記述に呆れながれも、ついデスノートに佐古田の名前を書いてしまった月。

 

そして翌日、佐古田が死亡したという知らせが入ったことで、月はそれが本当に人間を殺せるノートであったと知るのでした。

 

月にデスノートを預ける「黒い死神」リュークについては、実写版では俳優さんが演じるのではないかと思いましたが、実際は声とモーションアクターという形になっていましたね。

 

「デスノート」は、名前を書いた人間を死なせることができる死神のノート「デスノート」を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・L(エル・山崎賢人)たちによる頭脳戦を描いたドラマとなっています。

 

【テレビ朝日系列】

 

テレビ水曜21時 「刑事7人」

「刑事7人」は、7月15日にスタートした、少年隊の東山紀之さん主演の連続ドラマ。

 

「水9」と呼ばれているテレビ朝日の水曜午後21時の時間枠のドラマとしては、東山さんは初主演となるそうです。

 

「警視庁捜査一課12係」に所属する、東山さん演じる天樹悠は、事件とは一見無関係かと思われる「時間」にこだわる風変りな刑事。

 

警視庁遺失物センターから、「刑事の墓場」と揶揄される警視庁捜査一課12係に異動となったのでした。

 

そこには、天樹以外に、次の6人の刑事が登場します。

 

沙村康介:高嶋政伸

山下巧:片岡愛之助

永沢圭太:鈴木浩介

水田環(たまき):倉科カナ

片桐正敏:吉田鋼太郎

堂本俊太郎:北大路欣也

 

このうち、北大路さん演じる堂本俊太郎は。厳密に言うと刑事ではなく、法医学教授で、悠の義父でもあるとのこと。

 

それでも、刑事7人のメンバーとなっていたのでした。

 

「刑事7人」は、警視庁捜査一課12係で出会った同僚らと反発しながら徐々に絆を深めて行き、7人の刑事が難事件を解決していく物語となっています。

 

テレビ木曜20時 木曜ミステリー「最強のふたり~京都府警 特別捜査班」

7月16日にスタートした「最強のふたり~京都府警 特別捜査班」は、俳優の橋爪功さんと、女優の名取裕子さんとのW主演のドラマです。

 

橋爪さん主演のテレビ朝日のドラマといえば、「京都迷宮案内」の新聞記者である杉浦恭介役。

 

名取さん主演のテレビ朝日のドラマといえば「京都地検の女」で、検事の鶴丸あやと、いずれも木曜ミステリーの大ヒットドラマとして知られています。

 

なんだか、この2つのドラマの主演を務めていた、ミステリードラマの2台巨頭とも言える橋爪さんと名取さんの2人が共同主演するだけでも最強のように感じますね。

 

「京都府警捜査一課 夏木班」に所属の、橋爪さん演じる東雲尋八は、嘱託刑事として、定年退職後に夏木班に復帰。

 

いわば出戻り刑事となるのですが、飄々とした、つかみどころのない男性でもあります。

 

けれど、長年の捜査活動で培った多くの情報源を持っており、フラフラと街に出かけては、事件とは直接関係ないと思われる情報を次々と集めてくるといった一面を持っています。

 

もう1人の、名取さん演じる夏木朝子は、数々の部署を渡り歩いてきた経験から、警察内に多くのファンがいる人気者。

 

夏木班の班長で警部でもあります。

 

朝子は、そのファンである警察内の味方たちをうまく動かし、捜査経験が少ないことを利用して大胆な捜査を遂行するのでした。

 

酸いも甘いも噛み分けた、いい年齢を武器にしたとも言える、若い主人公にはできない、朝子のような、署内の味方を自在に使った“王道捜査”と、尋八のような、外のネットワークをフル活用した“脇道捜査”。

 

その2つが重なり合ったとき、通常の捜査ではたどり着けない、解決の一歩先にある知られざる真実が浮かび上がってくるのかもしれない。

 

「最強のふたり~京都府警 特別捜査班」は、そんな痛快ミステリーとなっています。

 

テレビ木曜21時 木曜ドラマ「エイジハラスメント」

7月9日からスタートした「エイジハラスメント」は、内館牧子さんの著書『エイジハラスメント』原作となっています。

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】エイジハラスメント [ 内館牧子 ]

 

内館さんにはいくつか肩書きがある中で、一般的に知られているのは脚本家で作家。

 

当時は女性唯一だった、元横綱審議委員会委員でもあった方ですよね。

 

主演は、女優の武井咲さんです。

 

そのためか、マスコミおよび公式サイトでは、「武井咲×内館牧子待望の初タッグ!」と大々的に紹介されていました。

 

「若くて美しい新入社員」への差別やいじめをテーマにした「エイジハラスメント」のエイジハラスメントとは、いまだ日本企業にはびこる年齢差別のこと。

 

総合商社「帝都物産」の新入社員であり、武井さん演じる吉井英美里がヒロインとなっています。

 

英美里は、意欲、能力、向上心にあふれるうえに、若さと美貌を併せ持った新人OL。

 

しかし、希望していた繊維部門の配属は叶わなかったばかりか、“女性起用”は口先だけの旧体質な総務部へ配属されてしまいます。

 

総務部が英美里に求めるのは、若さと美しさだけ。

 

しっかり働き、ゆくゆくは役員になりたいという高い志と目標を持っていた英美里の夢はあっさりと打ち砕かれてしまったのでした。

 

課長職以下の事務系社員が対象となる制服の着用を義務付けられた、英美里の総務部の仕事といえば、電球の交換から名刺発注といった、いわば社内の“なんでも屋”。

 

それでも、実家の借金を返す使命があるらしく、それを胸に、言われた仕事はきちんとこなしていきます。

 

若さと美貌を持つがゆえに、ただ笑顔を見せるだけでも、男性社員からチヤホヤされる英美里。

 

そのため、あっという間に年上の女性社員の嫉妬の対象となるばかりか、OLたちとのランチや会合は常にパスをしていることから、“和を乱す”存在として目を付けられてしまいます。

 

また、女性初の総務課長で、まだフジテレビのドラマ「書店ガール」の西森理子役の印象が残っている、女優の稲森いずみさん演じる大沢百合子にとって、英美理の存在は百合子の神経を何かと逆なでするものでもあったのでした。

 

英美里には決めゼリフがあり、それがなんと、「テメェ、五寸釘ぶちこむぞ」でもありました!

 

総務部で、あらゆる煮え湯を飲まされ、耐え忍ぶ日々を送る英美里でしたが、ついに限界のときが訪れ、会社の旧態依然 とした体質に反旗を翻すことを決意。

 

そして、理路整然と年齢差別やいじめに立ち向かい、やがては“総務の女王”と噂されるほど自由闊達に働き始めることになるのでした。

 

そんな、新人OLを狙う差別や、嫉妬、いじめに、吉井が敢然と立ち向かうドラマが「エイジハラスメント」でもあります。

 

 

ということで、以上2015年7月スタートの新ドラマの記事をお送りいたしました。 (122)

この記事は、2014年5月2日に更新の、2015年4月、TBSテレビ、フジテレビ、日本テレビ、テレビ朝日の春の新ドラマがスタート! 日テレでは日曜ドラマも!の続きの内容でもあります。

 

さてさて、2015年も7月を過ぎたことで、TBSテレビ(以下、TBS)、フジテレビ、日本テレビ(以下、日テレ)、テレビ朝日による7月からの夏の新ドラマが、先週よりひと通り出揃ったようです。

 

そこで、春ドラマに続き、テレビ東京をのぞく、キー4局による20時~21時までだったところを、春より、22時30分からスタートしている日テレの日曜ドラマ枠での新ドラマについても書いてみることにしました。

 

はじめに、今月7月にスタートした、TBS、フジテレビ、日テレ、テレビ朝日の新ドラマは次のようになっていましたので、まずはそちらからご紹介したいと思います(参考までに、前ドラマのタイトルも記載しています)。

 

なお、新ドラマのタイトルをクリックすると、それぞれの公式サイトにアクセスできます。

 

【TBS系】

 

火曜22時 「ホテルコンシェルジュ」(前「マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜」)

主演:西内まりや

 

木曜21時 「37.5℃の涙」(前「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」)

主演:蓮佛美沙子

 

金曜22時 「表参道高校合唱部!」(前「アルジャーノンに花束を」)

主演:芳根京子

 

日曜21時 「ナポレオンの村」(前「天皇の料理番」)

主演:唐沢寿明

 

【フジテレビ系】

 

月曜21時 「恋仲」(前「デート〜恋とはどんなものかしら〜」)

主演:福士蒼汰

 

火曜22時 「リスクの神様」(前「戦う!書店ガール」)

主演:福士蒼汰

 

水曜22時 「探偵の探偵」(前「心がポキッとね」)

主演:北川景子

 

木曜22時  「医者たちの恋愛事情」(前「問題のあるレストラン」)

主演:斉藤工

 

【日テレ系】

 

水曜22時 「花咲舞が黙ってない」(前「Dr.倫太郎」)

主演:

 

土曜21時  「ど根性ガエル」(前「ドS刑事」)

主演:松山ケンイチ

 

日曜22時30分  「デスノート」(前「ワイルド・ヒーローズ)

出演:窪田正孝

 

【テレビ朝日系】

 

水曜21時 「刑事7人」(前「新・警視庁捜査一課9係」)

主演:東山紀之

 

木曜20時 「最強のふたり~京都府警 特別捜査班~」(前「出入禁止の女~事件記者クロガネ~)

主演:橋爪功・名取裕子

 

木曜21時 「エイジハラスメント」(前「京都人情捜査ファイル」)

主演:武井咲

 

 

ということで、あくまでも20時~22時30分にかけて、キー4局でスタートした2015年夏の新ドラマについて、まずは一覧でご紹介いたしました。

 

次の記事では、2015年夏の新ドラマについてもう少し書いてみたいと思います。 (122)

さあ、2015年7月13日に更新の、祝 7月1日に明石家さんまが60歳! 4時間半のスペシャルも放送! さんまでっか!?TV【本日還暦!!マツコと初2人旅&豪華ゲストで予測不能生放送】第1部から始まり、

 

7月20日

「さんまでっか!?TV」第2部 テレビでは見せない明石家さんまの謎行動100

 

7月23日

「さんまでっか!?TV」第2部 テーマ「若かりし頃の謎行動」 大阪からの生中継も!

 

7月24日

「さんまでっか!?TV」第2部 テーマ「若かりし頃の謎行動」 テーマ「旅行中の謎行動」 スペシャルゲストに星野仙一と佐藤浩市が登場!

 

7月29日

「さんまでっか!?TV」第2部 テーマ「若かりし頃の謎行動」 テーマ「女性に関する謎行動」 スペシャルゲストに飯島直子が登場!

 

8月3日

「さんまでっか!?TV」第2部では、スペシャルゲストに生瀬勝久 海外からのスペシャルゲストも登場!?

 

と続いた「さんまでっか!?TV」の記事も、この記事で本当の最後となります!

 

それまでは、「テレビ雑記」のカテゴリーで書いていましたが、今回で7記事目となったことから、ついに「さんまでっか!?TV」のカテゴリーを追加したのでした。

 

今度こそ、たとえ記事が長くなっても必ず終わりにしますので、もうしばらくお付き合いくださいね。

 

●最後のスペシャルゲストはSMAP! 明石家さんまと木村拓哉の謎行動は墓場まで持っていく話?

 

「さんまでっか!?TV」第2部の最後のスペシャルゲストとして登場したのは、木村拓哉さん、草彅剛さん(足をねんざしたことで、松葉杖で登場)、中居正弘さん、稲垣吾郎さん、香取慎吾さんの、SMAPの5人でした!

 

ギャラリーとしてフジテレビの社員たちが集まっていたところから、入場してきたSMAPのメンバーは、5人それぞれが花束を持ってきて、さんまさんに次々と渡していきます。

 

それを、「ありがとう」お礼を言いつつ受け取っていたさんまさんでしたが、5本もの花束を受け取ると、

 

顔見えへん!

 言うてる場合か、アホ」

 

というギャグをくり出していたのでした。

 

そんなギャグがありつつも、SMAPのメンバーの4人は、さんまさんの謎行動を知らないことが判明。

 

唯一知っているのは、フジテレビのお正月の恒例特番「さんタク」を含め共演も多い木村さんくらいです。

 

しかし、さんまさんや木村さんともに、お互いの謎行動については、なんと墓場まで持っていく話になるとのこと!

 

岡村「1個ちょうだい、1個だけ」

 

と、ナイナイの岡村さんが1個だけでも話してほしいとお願いするも、結局は言えないことになったのでした。

 

●それまでのさんまの謎行動から、SMAPのメンバーがさんまに聞きたいことのテーマに変更

 

そこで、それまでのさんまの謎行動から志向を変え、SMAPのメンバーがさんまさんに聞きたいことのテーマに変更することに。

 

それも、テレビに出ている芸能人としてではなく、一般人としてさんまさんに聞きたいことがあるみたいなのでした。

 

まずは草彅さんからの質問です。

 

質問:なんで最近優しくなったの?

 

草彅「さんまさんは、最近(草彅さんに対して)僕に優しくなった」

 

草彅さんのこの発言には、さんまさんも覚えがあるらしく、しかも、昔は距離があったと話していました。

 

また、なぜ優しくなったのかについては、草彅さんは、さんまさんが60歳になったら芸能界を辞めるという噂があって、それで最近丸くなったのではないかとも話していたのでした。

 

本当は、何年か前は今日(「さんまでっか!?TV」の生放送が行なわれた誕生日の日)で辞めるつもりだったというさんまさん。

 

それが、なぜ辞めなくなったのかについては、さんまさんによると、

 

「人が笑うから」

 

この言葉に、さんま評論家からは指笛も飛び出すほど盛り上がったのでした。

 

さんま「(ホンマでっかの)評論家の先生が、50すぎたらもう後輩に教えなければならない。  

 生きている意味が50すぎたらないと。  

 後輩に教える立場になりなさい、人間として」

 

と、評論家の先生たちから言われていたというさんまさん。

 

さんま「それで、50はすぎているから、60がええ機会かと思って、何年か前に」

 

ということで、一時は芸能界を辞めることも考えたのだそうです。

 

さんまさんが優しくなったことについては、草彅さんが、

 

「57か56くらいのときにさんまさんが優しかったんです。  

 だから、辞めようかと思った時期にかぶったかもしれないですね」

 

と話していました。

 

「最近ね、ここ2~3年前ですかね、『ありがとう』って言うようになったんです」(松尾)

 

草彅「CM中の顔が穏やかになった。  

 いちばん最初に僕らが27時間テレビをやったときとか、もうすごいギラギラしてて」

 

ここでは省略しますが、27時間テレビをやったときには、すごくギラギラしていたと草彅さんが話したことで、さんまさんが、SMAPが初めて27時間テレビの大喜利に参加(まだ「SMAP×SMAP」が始まる前)したときのいい話が語られたのでした。

 

次に、稲垣吾郎さんです。

 

「僕10年間、さんまさんとの会話って、実はゴルフの話しかなくて。    

 一度打ちっぱなしでお会いしたことがあって、そのときから、たぶん稲垣イコールゴルフって思ってくださっている感じで。  

 何か、稲垣にはゴルフの話だけしときゃいいみたいな感じで」

 

意外にも、さんまさんとはゴルフということで接点があったことがわかったのでした。

 

それに、

 

「他のメンバーの方には、ちょっとドラマの話とか。

『中居番組よかったね』と感想を言っているとか」

 

と、他のメンバーで、中居さんには番組の感想とかを言っていることに少し嫉妬した発言もあったのでした。

 

稲垣さんの話で、中居さんがさんまさんにほめられていることを知って、

 

岡村「ほめてもらってるんや、中居は。  

 ええな~、ほめてもうたこと1回もない」

 

と、岡村さんはうらやましく言ったことに対し、さんまさんは、

 

さんま「岡村だけはほめたことがない。  

 こいつは、やることなすこと全部俺の裏を突きよんねん(特に前回の27時間テレビのスポーツ企画)」

 

と、前回の27時間テレビのスポーツ企画の悪夢がよみがえるように言ったのでした。

 

それを聞いて、「言わなんだらよかった…」と言うかの表情でうつむく岡村さん。

 

稲垣さんとしては、

 

「いろいろ僕のドラマとか、他の仕事の話もしてもらいたいんですけど」

 

と、稲垣さんが出演のドラマや番組の話もしてほしいみたいでした。

 

でもドラマについては、中居さんにも言っていないというさんまさん。

 

ただ木村さんだけは、出演していたドラマについてさんまさんが長文のメールを送っているそうです。

 

しかも、ほめるのではなく、木村さんの芝居は正解であると前提したうえで、

 

「俺やったら、あのシーンはあそこまでやらん」

 

といった、全部ダメ出しが多いとのことでした。

 

●連絡先を知らなければ、ほめたくてもほめようがない? ブラマヨ小杉のお中元がさんまに届いていなかったことで、小杉がパニックに

 

とはいえ、

 

「お前ら連絡先知らんやん、俺」

 

というさんまさんの言葉を聞いて、私は、連絡先を知らなければ、ほめたくてもほめようがないなと納得。

 

たとえば、

 

さんま「慎吾ちゃんは俺に一生教えないんやろ、全然」

 

香取「教えられないですね」

 

この会話からしても、ほめるほめない以前の問題になるでしょう。

 

それでも、突然3年前から、いきなり香取さんがさんまさんにお中元を送っていたことが、香取さんの発言で明らかに。

 

しかも、さんまさんの誕生日である7月1日にちょうど届いたらしく、さんまさんからは「誕生日プレゼントありがとな」と勘違いされてしまったそうなんです。

 

さらには、中川家の礼二さんが、奥さんを通じて洗剤を。

 

ブラマヨの小杉さんもさんまさんにお中元を贈っていたこともわかったのですが、さんまさんによると、小杉さんのお中元は届いていないとのこと。

 

さんまさんから、小杉さんのお中元が届いていなかったことがわかると、

 

小杉「俺のお中元どこに届いているんですか? 一体」

 

と、少しパニック状態になり、動揺を隠せないような小杉さんに、

 

吉田「お前は何を抜けがきしとんねん!」

 

小杉さんがさんまさんにお中元を贈っていたことを初めて知ったらしく、小杉さんに向かって激怒していたブラマヨの吉田さん。

 

そんな話がありながらも、

 

「お前ら遊ばれへんやんか、だいたい。

 木村も忙しいけどもやな」

 

と言っていたさんまさん。

 

さらには、

 

さんま「飲みに行こうと言ったら来る?」

 

と問いかけると、

 

草彅「行きますよ」

 

と答えた草彅さん。

 

でもさんまさんは、

 

「ウソや。

 お前、前無視したやろ俺。

 六本木の交差点で」

 

すると、草彅さんは次のように弁解します。

 

「あれはさんまさんだとわからなかったんです。

 車に乗ってて、グーンと(ウィンドウが)開いて、(「ツヨシー!」と大声を発していたことから)『誰? 変なおっさんだな』」

 

どうやら、草彅さんには、車に乗っていたさんまさんが陽気なおじさんのように見えたらしいんですね。

 

でも、さんまさんが車で去った1分後に、あれさんまさんだ! と気付いたということでした。

 

また、

 

さんま「慎吾ちゃん行かないでしょ」

 

と、念のためにという感じで、さんまさんが香取さんに聞いたら、案の定、

 

香取「行きません」

 

の一言で終わっていました。

 

これを聞いて、「なんでやねん…」という弱い声と、香取さんの前でひざまずきながらガッカリしていたさんまさんが印象的でしたね。

 

●ぶっちゃけSMAPの中でいちばん好きなのは誰? の質問で、なぜか話がゲイっぽい方向に…

 

そんな話がありながら、中居さんから次のような質問がありました。

 

質問:ぶっちゃけSMAPの中でいちばん好きなのは誰?

 

中居さんによると、いろんなことを含めて、SMAPの中で誰がいちばん好きかを知りたいみたいでした。

 

この質問に対し、バージョンによっても違う、一概には決められないと答えていたさんまさん。

 

すると、誰がいちばん好きかから、なぜか男として付き合うとしたら誰という話に。

 

しかもさんまさんが「肉体関係ありで?」と言ったことで、心配していたゲイに関する方向へ話がおよぶことに。

 

中居さんも、さんまさんがそこまで言うのならということで、

 

「抱くなら誰ですか?」

 

と、完璧にゲイ目線での質問になっていたのでした。

 

さんま「俺抱くなら?

 抱くなら俺…吾郎ちゃんかな」

 

稲垣さんを選んだ理由について、

 

「吾郎ちゃんって、なんかそういうところ優しそうやん」

 

と答えたさんまさん。

 

他のメンバーについても、

 

「抱かれるなら…中居かな」

 

「木村はイヤ。

 なんかガッツンガッツンきそうやから」(注:あくまでもさんまさんのイメージです)

 

「香取も…抱く。

 これも木村パート2で、ガッツンガッツンきそうやんか」

 

「草彅くんは、なんか、後でお金コソコソ要求してきそう」

 

と書きましたが、あくまでもさんまさんによるイメージですからね。

 

でも、SMAPのメンバーで抱かれたいのは誰で、さんまさんが1位に選んでくれたことから、

 

稲垣「いや10年で、20年の中でもいちばんうれしいですね」

 

と、うれしそうに答えていた稲垣さんだったのでした。

 

●ラストは誕生日ケーキが登場! SMAP中居×さんま×たけしもケーキに頭を突っ込んで入り乱れ!

 

そしてラストは、巨大な誕生日ケーキが登場!

 

それを運んで現れたのは、SMAPも所属しているジャニーズ事務所の社長で有名なジャニー喜多川さんならぬ、「KITANOGAWA」と書かれた帽子をかぶった、ジャンパー姿のビートたけしさんでした。

 

たけしさんといえば、これまで書かなかったものの、「さんまでっか!?TV」の第2部で、さんまさんの誕生日にかけつけた「北野イタ子」として数回登場していました。

 

ここでは、「私は、明石家さんまの女です」と、さんまさんの昔の女ということで、イタ子さんは、イタコのように自分の体にかからせると、

 

・名古屋だけでなく、福岡にも女がいたこと。

 

・別れ話のときに、1万円を女の顔に往復ビンタ。

 

・ある女性が、参宮橋のマンションに、さんまさんに呼ばれて行ったことがある。    

 そのときさんまさんは、「お前はどこが好きだ」と言うから、女性は、「耳の裏を舐められるとすぐ崩れてしまう」と言ったら、さんまさんはその場で飛びかかった。    

 すると女性は、「何をするの、いきなり何をするの」と言って、ドアの外に飛び出して逃げたのだが、後からすぐさんまさんに追いつかれ、その女性の耳の裏を舐めたという。

 

などの、さんまさんの女性の話を暴露していましたね。

 

「ハッピーバースデイ」の歌の後、バースデーケーキのかなり遠い位置に設置してあったローソクを消そうしたさんまさんに、たけしさんがその場で、さんまさんの頭をつかむと、巨大なケーキ目がけて頭ごと突っ込まれてしまいました!

 

その後、顔を上げたさんまさんの顔は、てっきり白いクリームが全体にかかっているのかと思いきや、なんだか黒のようなものも混じっていたのでした(ブラックチョコレート?)。

 

さらには、たけしさんや、さんまさんがやるなら俺もやらなあかん、ということだったのか、ナイナイの岡村さんも自らケーキの真ん中に頭からドーン!

 

そして、香取さんに強引に連れ出され、中居さんまでもが頭から突っ込まれたことで、さんまさん、たけしさん、岡村さん、中居さんともに顔がケーキまみれに。

 

こうして「さんまでっか!?TV」第2部は終了とともに、4時間30分にわたった「さんまでっか!?TV」も終了したのでした。

 

 

あぁー…、なんとかかんとか、「さんまでっか!?TV」の記事を最後まで書き終えることができました。

 

ひとつの記事ではまとめ切れないだろうと思っていたものの、まさかこの記事を含めて7記事にもわたるとは考えもしていませんでした!

 

でも、60歳の還暦を迎え、7月1日のさんまさんの誕生日に生放送された「さんまでっか!?TV」は、まさに一生に一度!!

 

そして、最初で最後かもしれません。

 

そう考えると、7記事にわたって書いたのも無駄ではないかもしれないと思いましたね。

 

 

ということで、以上、2015年7月1日に約4時間30分にわたって生放送された「さんまでっか!?TV」の内容を、私なりにまとめ、振り返った記事をお送りいたしました。 (189)

この記事は、2015年7月13日に更新の、祝 7月1日に明石家さんまが60歳! 4時間半のスペシャルも放送! さんまでっか!?TV【本日還暦!!マツコと初2人旅&豪華ゲストで予測不能生放送】第1部と、7月20日に更新の、「さんまでっか!?TV」第2部 テレビでは見せない明石家さんまの謎行動100

 

7月23日に更新の、「さんまでっか!?TV」第2部 テーマ「若かりし頃の謎行動」 大阪からの生中継も!と、7月24日更新の、「さんまでっか!?TV」第2部 テーマ「若かりし頃の謎行動」 テーマ「旅行中の謎行動」 スペシャルゲストに星野仙一と佐藤浩市が登場!

 

7月29日に更新の、「さんまでっか!?TV」第2部 テーマ「若かりし頃の謎行動」 テーマ「女性に関する謎行動」 スペシャルゲストに飯島直子が登場!の続きの内容となります。

 

では、「さんまでっか!?TV」第2部の続きの記事にまいりたいと思います。

 

その前に、あらかじめお断りしておきたいこととして、前回、この記事で「さんまでっか!?TV」最後の予定にしていたんですが、思いのほか長くなってしまい、またもや次の記事までもつれ込むことになってしまいました!

 

本来なら、この記事で「さんまでっか!?TV」第2部の最後のスペシャルゲストまで振り返るはずだったんですけどね…。

 

では、予定では7月31日まではすべて書き終えるはずが、すでに8月を迎えてしまった「さんまでっか!?TV」の第2部の記事の続きを書いていくことにしましょう。

 

なお、前回の飯島直子さんは、スペシャルゲストとして登場後、「趣味を共にする」さんま評論家の席へと移動しました。

 

では続いてのテーマです。

 

テーマ「さんまの取り扱い方」

 

さんまさんの取り扱い方をよく知るスペシャルゲストとして登場したのは、俳優の生瀬勝久さんでした。

 

18年前のドラマで共演以来、コントでも共演し、生瀬さん脚本の舞台に、さんまさんが何度も出演するなど、旧知の仲であるというさんまさんと生瀬さん。

 

登場するやいなや、「最悪ですよ」と言いながら席についた生瀬さんにおける、さんまさんの謎行動は次のようになっていました。

 

生瀬勝久が見たさんまの謎行動

「舞台上で人がセリフを噛むと以上に喜ぶ!?」

 

この謎行動については、生瀬さんをはじめ、しばらく会話形式で書いてみることにしたいと思います。

 

生瀬「ふだん稽古のときは本当にまじめで、僕が台本を書くんですけど、セリフもちゃんと覚えていただいて、舞台上でも稽古場どおりにやらはるんですけど、やっぱり人はミスるじゃないですか。  

 僕ら俳優ですけど、噛むんですよ。  

 そしたら、そこから長い。  

 もうそのちょっとした傷を、どんどん広げていくんですよ。  

 一度ものすごく広げて、本番中にその傷をこれでもかと、いまこの役者は噛んだということをお客さん全員に。  

 一度認知させてから自分が助けてあげるみたいな。  

  ちょっといいことをするような」

 

さんま「ええことしてるやないか!  

  噛んで変な空気を、俺が助けてるやないか!」

 

生瀬「お客さんもわかってないんですよ。  

 ちょっとしか噛んでないんやから」

 

今田「サラッといけばバレてない」

 

生瀬「サラッといけばバレてないんですよ」

 

さんま「いやいやいや!  

 2~3人クスクスッって笑ったらもう。

 

今田「2~3人やったら見逃しなはれ」

 

さんま「そんなの気になってしゃあない、その後!」

 

生瀬「そういう理論なんですよ」

 

さんま「ほいで、後で芝居に戻すんですよ、ちゃんと」

 

生瀬「ミスした僕らも、本当にひどいものですよ。  

  気持ちもズタズタですよ。  

  それでもうヤッターみたいな顔される」

 

今田「本職の方ですもんね、だって」

 

さんま「こっちやろ!  

  せやねん、こっち噛んだらアカン」

 

今田「そっちちゃいます…。  

  そんなん恥かかされてますやん」

 

さんま「大事なとこ噛みよんねん」

 

今田「大事なとこ噛んだんやったら、余計にここが噛んだんちゃいまっせという空気をさんま兄やんが」

 

さんま「こんにちはを、こんちくわと言ったとするやろ。  

  そしたら、俺は、『あっ、こんちくわですか』こう言うねんで」

 

今田「それで広げてまんねん。  

  広げたらあきませんやん」」

 

さんま「相手の背の上に乗っかって、『こんちくわってなんですか?』って言って」

 

岡村「芝居で返しはる」

 

さんま「そう、芝居で返しているということや!」

 

このようなトークのやり取りが続いた後、

 

じゃい「さんまさんが噛んだらどうするんですか?」

 

と、後輩芸人のインスタントジョンソンのじゃいさんが問いかけたのに対し、

 

「俺、噛まへんもん」

 

とさんまさんが言うと、スタジオのさんま評論家たちからは、「さすが大物お笑い俳優」という尊敬か、あるいは「えらい自信やな」と、冷やかしにも聞こえた「フゥ~」という声が。

 

しかもさんまさんは、

 

「俺、噛んだら、わざとずっと噛む。  

 ウケるウケる」

 

と言って、さんまさんがもし噛んだらわざと噛むことで、お客さんのウケを狙っているようでもあったのでした。

 

植木「さんまさんは、生瀬さんと(ホンマでっか!?評論家)の門倉先生を同じように見ているんですね。  

 私のこともなんですけれども」

 

さんま「俺は生瀬くんと、門倉さんと植木さんを同じ目で見ている?」

 

植木「澤口先生のこともそうですけれども、噛んだときに『残念やったな』という優しい憐みの、憫笑(びんしょう)って言うんですかね」

 

さんま「助けてるよね?

 『お前、噛んだなコラー、プロとして恥ずかしくないのか』って言うてないよね?」

 

植木「はい、それはブラマヨさんが噛んだときには、すごい目でにらむか、流し目で見るようにして」

 

●ブラックマヨネーズに対して厳しく、言動がひどすぎるさんまの一面が明らかに

 

植木さんによる、このブラックマヨネーズ(以下、ブラマヨ)の2人に話がおよぶと、ぜひ言わせてほしいとばかりに、小杉さんが次のように言ったのでした。

 

ブラマヨ小杉「たしかに、その失敗のとき厳しいです」

 

でも、さんまさんは次のように反論します。

 

さんま「(その失敗の)その前に、ネタ作ってあげてたのよ。  

 カラオケ行ったら何歌うねんって。  

 ほいで俺が「涙(なだ)そうそう」って言わして、あの歌ええ歌やもんな、『♪ハゲわた~る』って言うて、『誰がやねん』ってネタ。  

 それを用意して、そいで、『おい小杉、お前歌何が好きやねん』『はい、B’zです』」

 

本当は噛んでいないのですが、ネタとしては噛んだようになってしまったことから、「噛んだ瞬間を見る目が、粗大ゴミを見るような目だった。なんでこいつこんなところに座っとんねんみたいな…」と話していた小杉さん。

 

ほかにも、

 

・吉田さんのお父さんが、小学生が吹くような笛を吹くのが趣味だと言ったとき、それがさんまさんのツボにはまったらしく、延々20分間くらいいじられ続けた後、最後、「そんな親父縁切ってまえ」と言われた。

 

・沖縄ロケで、小杉さんがイルカと泳ぐシーンがあって、イルカがドバーンと入っていったことで、水で髪が乱れ、小杉さんの薄毛が全部あらわになると思いきや、変わらなかったことから、「お前のハゲ全然やないかい」と言われた。

 

・吉田さんのブツブツについて、「あんなもん、親で言うたら3人死んだような顔や」と言った。

 

このようなブラマヨに対して厳しすぎる、さんまさんのひどいエピソードの数々が、ブラマヨの小杉さんと吉田さんの証言で明らかになったのでした。

 

「さんまさんって、すこい職業のカテゴリー分けというのをすごく厳しくなさっている方であると思うんですね。  

 ロケに行ったときに、ちょっとさんまさんに個人的に、『さんまさんは、将来執筆とか、本書いたり出したりしないんですか?』と聞いたことがあるんです。  

 そしたら、『俺はトークだから、しゃべりだから、物を書くのは物書きに任せます』っておっしゃってたんですね。  

 そういうふうに、何かする人というのは分けて考えてらっしゃるんですね」(植木)

 

「生瀬さんは、俳優さんとして、そういうふうにリスペクトしていって、我々はたぶん、話の素人というか学者ではありますけれども、だからこう、噛んでも笑ってくれるんですね。  

 ただその、お笑いの方にはもう絶対に許さないというか、そのへんがすごいはっきりしている」(植木)

 

謎:他人がすべったことをずっと覚えている!?

 

この謎が出たとき、

 

岡村「スベったことって、ずっと覚えてらっしゃいますよね」

 

と言うと、

 

さんま「お前のはな!」  

 

と、岡村さんを見ながら少し怖い顔で答えたさんまさん(少し鬼の一面が出た?)。

 

そして、次のように話したのでした。

 

さんま「俺は一生忘れへんから、27時間テレビのスポーツのコーナーで。

 できなかったらウケるという流れを作ったの。  

  それで俺も完璧やったの。  鉄棒飛びやねんけど、ちょっとだけ跳んだらドッカーンという流れを作ったの。  

 そしたらこいつ(岡村さんのこと)、何を間違えごうたんか、池谷選手の力を抜けると思いよった。  

 記録塗り替えようと思っていきよったんよ」

 

岡村「ほいで、本当に飛べる思ったものですから、これで優勝して終われるなと思ってパーン飛んだら、ものすごい中途半端なところにとーんと着地…」

 

今田「そしたら、スタジオに鬼が出たんやな」

 

岡村「ガッと見て、ガッと(岡村さんのほうを)にらんで、『えらいことしてくれたな!』。

『俺の番組潰す気か!』

 

「(さんまさんは)すべて、人の失敗も、人の不幸も、人の病気もお笑いにするの」(池田)

 

すると、木田優夫さんからも次のような話が飛び出したのでした。 

 

「僕が打たれるとすごく喜んでくれるんですけど。   

 夜僕が打たれて、落ち込んで帰ると電話がかかってきて、ちょうど『すぽると』の時間で、その映像を見ながら実況中継やってくんです」

 

後輩芸人からは、1度でいいからさんまさんにほめてほしいという声が上がっていました。

 

しかし、

 

「バーッとしゃべって映って、バーッと拍手がきたら、『拍手もらうようになったら終わりやで』」(中川家・礼二)

 

どうやら、後輩芸人がさんまさんにほめてもらうのはかなり難しいみたいでした。

 

ここで生瀬さんの出番は終了しますが、その後は、「夜の飲み会」さんま評論家の席へと移動したのでした。

 

●CM明けには、所ジョージがVTRで登場 海外からのスペシャルゲストも!?

 

生瀬さん登場後のCM明けには、タレントの所ジョージさんがVTRで登場。

 

所ジョージが見たさんまの謎行動

「明石家さんまは風と雨に弱い!?」

 

ということで、次のようなことが明かされたのでした。

 

「さんまさんは風と雨に弱いですからね。  

 雨風全然ダメ。  

 まあゴルフをやってますとね、冬場に雨なんか降ってくると、妙に老けるね。  

 あんだけしゃべっていた明石家さんまが、しゃべらなくなるからね。    

 肩を落として『やめたい…やめ…やめようや』って言いながら、

 ずっとうなだれてますからね。  

 これはもう誰も見たことがない姿だと思いますけどね。  

 今後ですね、まあ60っていうと、昔だったらおじいちゃんでね、江戸時代だったら死んじゃってますけど、これからだと思いますよ、まだまだ。  

 これからも、地球上の動く人間に油を差していってですね、いろいろと差しまくって、工場長としてがんばってもらいたいと思います」

 

所さんのコメントには、さんまさんも「雨に弱いな」と認めていました。

 

それだけでなく、

 

「仮面ライダーのロケで雪山にいたとき、初めて『もうそろそろええんちゃう』。  

 自分からやめようとしたの」(ラサール)

 

のラサールさんの証言により、雪にも弱いみたいでした。

 

雨と風、それに雪にも弱いというさんまさんの意外な弱点がわかったところで、ここでは、なんと海外からのスペシャルゲストが!

 

それも、明石家さんまのことなら俺に語らせろと、さんまさんのことをかなりよく知っている方なのだそうです。

 

一体誰なのかなと考えていたら、なんのことはない、お笑いピン芸人で、現在は画家として活躍。

 

元さんまさんの運転手でもあった、ジミー大西さんだったのでした。

 

でも、画家として、現在はスペイン在住で、スペインにアトリエがあり、そこで芸術作品を作っているとのこと。

 

なので、海外からかけつけたというのは間違いではないみたいでしたね。

 

「やってるやってる~」

 

という持ちギャグのひとつを披露しながら登場したジミーさん。

 

しかも、ジミーさんによるさんまの謎行動では、

 

さんま「すごいゲストがいっぱいいてるのに大丈夫?」

ジミー「(鼻を手で押さえながら)大丈夫」

さんま「誰や誰や?(と言って、誰かを探すような素振りを見せる)」

 

さんま「ごきげん?」

ジミー「ナナメですね」

 

ジミー「たとえばですね、たとえば~」

さんま「そういえば~」

ジミー「そういえば~、私がウジ虫だったころ…」

 

さんま「桃が5つありました。  

 合わせて?」

さんま・ジミー「もももももももももも」

 

といったネタを織り交ぜつつ、番組が進行していったのでした。

 

ジミー大西が見たさんまの謎行動

「さんまの言った通りにすると人から激怒される!?」

 

「若(ジミーさんはさんまさんのことを若と言っている)のことを、言うとおりにしたら、人からものすごく怒られるんです」から、ジミーさんからのエピソードが語られたんですが、まあ、話の途中で脱線に次ぐ脱線…!

 

それは、先ほどのギャグの数々を、さんまさんがジミーさんの証言の中に放り込んだためでもあったのでした。

 

でも、ここではそれを無視して、私が強引にまとめたジミーさんの証言は次のようになっていました。

 

ジミー「若に教えてもらったギャグで、えらい怒られたんです。  

 あのね、『いいとも増刊号』のときにリハーサルがあって、僕がおって、若がおって、所さんがいらっしゃったんです。  

 そのときにおったときに、若から埋め込まれていたんです、センサー(上記したギャグのようなセンサーをジミーさんの頭にいっぱい埋め込んでいるということ)。  

 そのときに若に埋め込まれていたのが、『きょうは締めていけよ』ということでした。  

 締めていけっていうことは、『締めていけよ言うたらな、グアーッ(と言って、さんまさんの首を絞める仕草をしたジミーさん)』。  

 とにかく若の教えどおり、若が『よし、きょう締めていけよ』って言うたんです。  

 で、所さんの首をグワー締めたら、『いい加減にしろよ! 誰にやってんだよ!』ってえらい怒られて。  

 そして、次の日謝りに行こう思て、千疋屋のお菓子を買うて」

 

さんまさんいわく、カンペで「締めてください」という指示が出たら相手の首を絞めるのがブームになっていたころがあったそうです。

 

千疋屋のお菓子っていうのは、ネタだったのかどうかはわからなかっけれど、面白かったですね。

 

さんまさんが「なんでフルーツ買わへんねん」と言っていたように、千疋屋まで行ったら、なんでフルーツを買わずにお菓子を買うたんやという話になるからです。

 

最後に、「若の言うことは、すべて人に害を与えてました」と言ってジミーさんの登場は終了。

 

その後、「長い付き合い」さんま評論家の席へと移動したのでした。

 

 

「さんまでっか!?TV」に関する記事も、いよいよ次こそが本当の最後となります。

 

それについては、「さんまでっか!?TV」をご覧になった方であれば、あのスペシャルゲストが出ることで「ようやく最後なんだな」ということがわかっていただけるでしょうね(苦笑)。 (200)

スポンサード リンク