Daily Archives: 2016年5月5日

2016年4月30日(土)に、落語家の桂歌丸さんが、ついに日本テレビの長寿演芸番組「笑点」の司会を引退することを明らかにしました。

 

これは、同じく4月30日に東京都内で行なわれた、5月15日午後17時から放送される「笑点50周年スペシャル」の収録と収録後の会見で司会の引退を発表したものです。

 

私は、今回歌丸さんが「笑点」司会の引退を発表したことで、やっと決意されたんだなとホッとしたところがありました。

 

なぜなら、ここ最近歌丸さんがたびたび病気で入院することで、「笑点」の番組を休演することが増えていたからです。

 

●「笑点」の休演は1969年の笑点メンバーのころからあった桂歌丸 ここ2年の間には2度の入院と退院も

 

この記事を書くにあたり、あらためて桂歌丸さんの病気について振り返ってみたところ、歌丸さんの病気により「笑点」を休演したことがあったのは、なんと1969年の笑点メンバーのころからだったことがわかりました。

 

そのころ患っていた病気は、腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)。

 

そのため、4月~11月までは手術・療養のために「笑点」を休んだそうです。

 

腰部脊柱管狭窄症に関しては、2006年、2012年にも手術を行なうなど、かなり長い間歌丸さんを悩ませていた病気でもあったのでした。

 

その後もいくつかの病気で手術を受けたり休養していた歌丸さんでしたが、収録のない時期に手術を行なうことで「笑点」の番組には出演していたそうです。

 

先ほどの腰部脊柱管狭窄症の手術も、いずれも収録のない時期に行なっていたので、番組の出演には問題がありませんでした。

 

しかしここ2年間は、2014年の3月に慢性閉塞性肺疾患の悪化で入院。

 

5月1日に高座復帰しましたが、帯状疱疹で再入院し、5月22日に退院したことがありました。

 

去年の2015年6月にも、背部褥瘡(はいぶじょくそう)の手術のため入院。

 

同じ月の9日に退院したものの、体調不良となり、入院・休養後、6月22日に病名が腸閉塞だったことがわかり、7月に退院されたのでした。

 

このように、ここ2年は、「笑点」に復帰しては入院・手術を行ない、また復帰するいったことが目立ったように思えます。

 

考えてみれば、歌丸さんも昨年の8月14日で79歳。

 

今年は80歳を迎える年でもあります。

 

会見では、

 

「体力の限界です。

 歩くのが大変に苦しい。

 歩くと息切れがしてしまう。

 これ以上続けますと、迷惑をかけてしまう」

 

と、司会を退く理由について述べていた歌丸さん。

 

病気についても、2年の間に患った2つの病気以外に、2009年に患った肺気腫の影響が大きいとも話していましたね。

 

そして、「笑点」の50周年と落語家生活65年の区切りの年に番組の司会を引退する決断をしたことで、私はホッとしたというわけでした。

 

●5月22日の生放送が「笑点」の司会として最後の出演に

 

歌丸さんは、「笑点」のレギュラー陣の中でただ1人、1966年の「笑点」の放送第1回から出演している、番組の最大の功労者。

 

歌丸さんが司会引退を発表した翌日の各スポーツ紙の一面では、一斉に「勇退」の見出しが並んでいましたが、まさに「勇退」という言葉がふさわしいと言えるでしょう。

 

すでに、番組発の終身名誉司会にも就任しています。

 

今後は「笑点」のレギュラー出演をやめるものの、2016年4月3日から、17時30分の5分前より「笑点」の派生番組としてスタート。

 

歌丸さんをメインに、笑点メンバーが「笑点」を始めいろんな「何・なぜ・どうして?」を聞き、歌丸さんが答えていく番組「もう笑点」には出演するということでした。

 

「まだまだ覚えたい噺(はなし)がたくさんある」

 

と、「笑点」の司会は引退しても、落語家としては引退せず、まだまだ現役を続ける意志を示していた歌丸さん。

 

今後は、「笑点」の演芸コーナーで、落語家として元気な姿を見せてほしいものですね。

 

そんな歌丸さんが司会の「笑点」は、まず5月15日(日)の「笑点50周年スペシャル」。

 

ちなみに、「笑点」は1996年5月15日にスタートしましたので、今月の15日は「笑点」がちょうど50周年を迎える、まさにおめでたい日でもあります!

 

そして、歌丸さんの最後となる出演は5月22日(日)で、しかもその日は生放送とのことでした!

 

もちろん私のブログでも記事にもする予定ですので、5月22日の「笑点50周年スペシャル」の生放送がどんな内容になるのか、いまから楽しみです!

 

●後任の司会は未定 三遊亭円楽が最有力候補

 

歌丸さんが「笑点」の司会を勇退したとなると、気になるのは後任の司会は誰になるかということ。

 

これについては、一応未定となっていましたが、ネット上では、大喜利メンバーの1人である三遊亭円楽さんが最有力候補ではないかと言われています。

 

後任の司会については、おそらく5月22日の生放送で発表されると考えられます。

 

こちらのほうも、一体誰が「笑点」の新司会となるのかが楽しみですね。 (42)

スポンサード リンク
スポンサード リンク