ベッキーが5月13日放送の「中居正弘の金曜日のスマイルたちへ」で復帰!

この記事を更新した5月14日の前日の13日に、人気ロックバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(えのん、27)との不倫騒動で休業中のベッキーさんが、5月13日放送のTBS「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」の人気企画「ひとり農業」で復帰しました。

 

ベッキーさんが「金スマ」で復帰することについては、TBSが5月12日(木)に発表していたのでした。

 

また、川谷さんが離婚したことで、「金スマ」のロケの前日であった4月29日(金)に、ベッキーさんが川谷元夫人とゴールデンウィーク中に都内で直接会って謝罪していたことも明らかとなりました。

 

面会場所までマネジャーが同行しましたが、謝罪はベッキーが望むように1対1で行われたそうです。

 

昨年10月のゲス極のファンクラブイベントで川谷と出会い、1月中旬に川谷さんの電話を着信拒否して離別したことなどを伝えたとみられ、直接許しの言葉をもらったということです。

 

ベッキーさんは、1月下旬と3月上旬に直接謝罪したいと申し入れたのですが、共に条件などが合わず不調に終わっていました。

 

2月に川谷の所属事務所に託した手紙も受け取ってもらえず、最終手段として、元夫人とパイプを持つ『週刊文春』に、「何よりもまず、川谷さんの奥さまへ謝罪したい」とつづった手紙を先月22日に渡した。

 

関係者は「川谷の奥さんはこの手紙を読んで態度を軟化させた」といい、やっと直接謝罪が実現したということでした。

 

●5月13日の「中居正弘の金曜日のスマイルたちへ」で、ついにベッキーが復帰! 元奥さんが正式に謝罪を受け入れたことで放送されることに

 

そして、昨日の5月13日に放送の「中居正弘の金曜日のスマイルたちへ」で、ついにベッキーさんが復帰しました!

 

「金スマ」の番組ディレクターの渡辺ヘルムート直道さんの家を訪問し、中居さんたちが「ひとり農業」を手伝いに行くのは毎年恒例となっていて、今回が9回目。

 

今年も田植えを手伝いに行くことが決定したのでした。

 

そこで金スマは、毎日自宅にこもっていたベッキーさんに「毎年恒例のロケなので、この日だけでも参加しないか」と声をかけたとのこと。

 

するとベッキーさんは、迷った末、ロケの2日前に「参加する」という返事があったそうです。

 

実は、川谷さんの元奥さんが謝罪を受け入れてくださるまで放送はしない。

 

それがベッキーさんとの約束でもありました。

 

そして、記事の冒頭でも書きましたように、奥さんが正式に謝罪を受け入れてくれました。

 

そこで、今回ベッキーさんが参加した「金スマ」のロケを放送することになったのだそうです。

 

●ベッキーは料理開始前に登場

 

オープニングから司会の、SMAPの中居正弘さんをはじめ、とおなじみの金スマメンバー。

 

その中には、先週の金スマを見ていて気になった、ペックという名前の女性も参加していたのでした。

 

これまで謎が多かったペックさんでしたが、現在美大生であること。

 

出身は韓国であったことが今回の「ひとり農業」の放送で明らかに。

 

ゲストは女優の秋野暢子さんとなっていました。

 

ロケのタイトルは「ひとり農業 9度目の春 中居くんたちがやってきた・2016」。

 

田植えを手伝いに来たということで、最初は、秋野さんをはじめ金スマメンバーが渡辺さんの田んぼの田植えをすることに。

 

その後、タケノコ採りや山菜取り、渡辺さんの畑で収穫した野菜など、渡辺さんの家の中に、皆が持ち寄って集めた食材を並べ、これから料理をはじめようとしたその時にベッキーさんが登場。

 

ベッキーさんからの軽い謝罪があった後、全員で料理開始。

 

タケノコとじゃがいものカレー炒め

タケノコの木の芽バター醤油焼き

野セリおにぎり

行者ニンニクと豚肉のオイスターソース炒め

豚汁

タケノコご飯

 

が食卓に並ぶことに。

 

ベッキーさんも、

 

マグロのユッケ

タコとトマトのパクチーサラダ

ゴボウのガーリック炒め

 

の3品を作り、みんなで食べたのでした。

 

中でも、タコとトマトのパクチーサラダは、パクチーを初めて食べるという中居さんも一口。

 

パクチーは、人によって好き嫌いがハッキリ分かれるハーブですが、中居さんの場合はやはりダメだったようです。

 

パクチーの味だけではなく、

 

「よだれがまずい」

 

とまで言ってましたからね(笑)。

 

●渡辺の家の居間で、中居正弘とベッキーの2人きりで話すことに

 

そして、ゲストの秋野さんと金スマメンバーが先に帰った後、中居さんとベッキーさんの2人が残り、渡辺さんの家の居間で2人きりで話をすることになりました。

 

中居「久しぶりだね。

 友達に元気だったっていうのと、ちょっと違うね。

 元気だった?」

 

ペッキー「元気…元気ではない…なかったですね」

 

「今日、1つだけ守って欲しいことは、嘘は言ってほしくない。

 でも言えないことがあるんなら正直に嘘をつかずに言えません、話せませんと言ってほしい」

 

この中居さんの言葉に、まずベッキーさんは次のように話しました。

 

「私はこんなふうに1人の女性を傷付けてしまったという罪の大きさと、私に届く厳しい声、正直辛いものもありました。

 多くの方々にご迷惑おかけした、多くの方々を悲しませてしまった、こういう恋愛ができるのかなと思い描いていたのと現実が違ったこと。

 奥様がいる男性を好きになってしまって、その奥様を深く傷つけてしまいました」

 

次に、謝罪会見のことについて中居さんが尋ねると、会見の中に嘘があったと話したベッキーさん。

 

「その男性と出会って、好きになって、2人で出かけるようになって、その後に奥様がいることを知って、でもお互い気持ちがあるのは分かっていたから、じゃ正式のおつきあいは正式に離婚してからだねとお話。

 そこでブレーキをかければよかったんですけど、『友達のままでいようね』と言いながら、何度も会って気持ちがどんどん大きくなってしまって。

 だから、『これは友達だもんね』って言い聞かせながら会っていったので。正直、本当に複雑なことになってしまうんですけど、記者会見で、付き合ってるという事実はありません、というのは半分(正解)…いや、“正式”には付き合ってないんです、っていう」

 

『週刊文春』に掲載されたLINEについては、謝罪会見の前夜に「ありがとう文春」と言ってしまったこと。

 

「堂々と道を歩けるかもね」とか。

 

その時は感情に溺れて、まだ、お付き合いしたいと思っていたは、本当だったことがわかりました。

 

ということは、今年の流行語大賞にもノミネートされそうな「センテンススプリング」も本当だったことになりますね。

 

私が個人的に気になっていた、なぜ川谷さんの長崎の実家に2人で行ったことについては、

 

「親戚のお子さんがいらっしゃって、会わせたいということでお誘いいただいていて行きました。  私は自分の都合のいいように行ってしまった。

 私が(実家に行くのを)断る勇気が持てなかった。 断ってしまうと、男性の気持ちが離れてしまうんじゃないかと思い、そこが本当に情けない」

 

「ブレーキかけられなかった。

 ブレーキをかけるポイントはいくつもあったのに毎回かけられず…」

 

と答えたベッキーさん。

 

しかも、ベッキーさんがインタビューを読んだことで、川谷さんの元奥さんは長崎のご実家に行かれることを楽しみにしていたとも話していたので、元奥さんとしては川谷さんとベッキーさんが長崎の実家に行ったことはかなりのショックだったはずです。

 

そして、もうひとつ気になるのが、このたび川谷さんは奥さんと離婚をしましたが、いまでもベッキーさんは川谷さんのことを好きなのかどうかということ。

 

これについては、

 

「好きじゃないです」

 

と答えたベッキーさん。

 

「う~ん、もちろん報道が出た後、好きな気持ちがありましたし。

正直、報道が落ち着いたら、何ヶ月か後に出会って、また恋が始まるかなという気持ちも正直ありました。

 けど、奥様の気持ちを知って、この罪の大きさを知って、これはダメだと」

 

とも話していたのでした。

 

中居「今、ベッキーは好き?」

 

ベッキー「好きじゃないです。

 好きではないです」

 

中居「あ~そう。

 すげー好きだったんだね」

 

ベッキー「う~ん…、(消え入るような声で)そうですね。

 それは好きでした…ごめんなさい」

 

そして最後に、

 

ベッキー「人としても、プロとしても、本当に最低なことをしてしまいました。いろいろな方々を傷つけて、裏切ってしまい、本当に深く深く反省しています。お許しはいただけないと思うんですけど、また、テレビのお仕事をゼロからがんばらせていただきたいと思います」

 

と、あらためてテレビの仕事をがんばると宣言。

 

中居「今日、話したのはすごい覚悟がいったと思うし、今後しばらく覚悟をもってね。

叩かれることもあるかもしれないけどがんばろうね」

 

ベッキー「がんばります」

 

こうして、中居さんとベッキーは2人で話した後、その日のうちに東京へと帰っていきました。

 

●当然ネットでは賛否両論 中居正弘の対応の素晴らしさに絶賛 川谷によるブログでの謝罪には何をいまさらという声も

 

今回の渡辺さんの家の居間で、2人きりで話した内容については、当然ネットでも賛否両論があり、いろんな感想が寄せられていました。

 

中でも、中居さんによるベッキーさんへの対応の素晴らしさには、ユーザーさんの多くが絶賛していたのでした。

 

司会の立場で金スマレギュラーのベッキーさん援護するだけでなく、ダメなところはダメとちゃんと指摘していたこと。

 

それでも、ベッキーさんの今後のことも考え、優しくフォローもしていましたからね。

 

実際5月13日の金スマの放送を見ていた私も、中居さんの対応の素晴らしさを感じたのでした。

 

いやー、それにしても、あらためて思ったのが、ベッキーさんと不倫していたうえに、ついには奥さんと離婚してしまったゲス極の川谷さん。

 

ブログでは謝罪したと報じられていましたが、なんだか、ベッキーさんが番組で謝罪したから、なんだか慌てて謝罪の記事を更新したのではないかということで、ゲス男ぶりが否めませんでした。

 

何より、ブログで謝罪って、何をいまさらでしょうね。

 

これでは、「ゲスの極み乙女」というバンド名ではなく、行為そのものがゲスすぎると言えます。

 

それに、たとえブログではなく、ちゃんとした謝罪会見を行なったとしても、これこそ何をいまさらになるでしょうね。 (20)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*
スポンサード リンク