Category Archives: 新番組・新ドラマ

この記事は、2016年1月26日に更新の、2016年1月 TBSテレビ、フジテレビ、日本テレビ、テレビ朝日の冬の新ドラマがスタート!の続きの内容でもあります。

 

さて、2016年も4月を過ぎたことで、TBSテレビ(以下、TBS)、フジテレビ、日本テレビ(以下、日テレ)、テレビ朝日による4月からの春の新ドラマが、先月よりひと通り出揃ったようです。

 

そこで、冬ドラマに続き、テレビ東京をのぞく、キー4局による20時~21時までと、22時30分からスタートしている日テレの日曜ドラマ枠での新ドラマについても書いてみることにしました。

 

はじめに、今月1月にスタートした、TBS、フジテレビ、日テレ、テレビ朝日の新ドラマは次のようになっていましたので、まずはそちらからご紹介したいと思います(参考までに、前ドラマのタイトルも記載しています)。

 

なお、春ドラマのうち、これまでフジテレビの水曜日22時枠で放送されていたドラマが廃止され、バラエティ番組「モシモノふたり」がスタート。

 

同じくフジテレビで、これまで3時間スペシャルだった「日曜ファミリア」が2時間となり、日曜日の21時台。

 

略して「日9」と言ってもいいような時間帯に、いちばん最初となる新ドラマがスタートしています。

 

 

【TBS系】

 

火曜22時 「重版出来!」(前「ダメな私に恋してください」)

主演:黒木華

 

金曜22時 「私、結婚できないんじゃなくて、しないんです」(前「わたしを離さないで」)

主演:中谷美紀

 

日曜21時 「99.9 -刑事専門弁護士-」(前「家族のカタチ」)

主演:松本潤(嵐)

 

【フジテレビ系】

 

月曜21時 「ラヴソング」(前「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」)

主演:福山雅治

 

火曜22時 「僕のヤバい妻」(前「お義父さんと呼ばせて」)

主演:伊藤英明

 

木曜22時  「早子先生、結婚するって本当ですか?」 (前「ナオミとカナコ」)

主演:松下奈緒

 

木曜22時  「OUR HOUSE」

主演:芦田愛菜・シャーロット・ケイト・フォックス

 

【日テレ系】

 

水曜22時 「世界一難しい恋(前「ヒガンバナ~警視庁捜査七課」)

主演:大野智(嵐)

 

土曜21時  「お迎えデス。」(前「怪盗 山猫」)

主演:福士蒼太・土屋太鳳

 

日曜22時30分  「ゆとりですかなにか」(前「臨床犯罪学者 火村英生の推理」)

主演:岡田将生

 

【テレビ朝日系】

 

水曜21時 「警視庁捜査一課9係 season11」(前「相棒 season14」)

主演:渡瀬恒彦・井ノ原快彦(V6)

 

木曜20時 「警視庁・捜査一課長」(前「科捜研の女」)

主演:内藤剛志

 

木曜21時 「グッドパートナー 最強の弁護士」(前「スペシャリスト」)

主演:竹野内豊

 

 

ということで、あくまでも20時~22時30分台にかけて、キー4局でスタートした2016年春の新ドラマについて、まずは一覧でご紹介いたしました。

 

続きの記事では、2016年春の新ドラマについてもう少し書いてみたいと思います。 (110)

スポンサード リンク

この記事は、2014年1月26日に更新の、2016年1月、TBSテレビ、フジテレビ、日本テレビ、テレビ朝日の冬の新ドラマがスタート!の続きの内容でもあります。

 

では、2016年1月にスタートした、TBSテレビ、フジテレビ、日本テレビ、テレビ朝日の20時~22時、および22時30分からを含めた冬の新ドラマについて、もう少し書いてみることにしましょう。

 

新ドラマとはいえ、すでにこの時点で第7話を迎えたドラマもあったりしますが、まあそこは、いつものようにあまり気にしないでまいりたいと思います(実は、例のごとく相当焦ってますが…苦笑)。

 

【TBS系】

 

テレビ火曜22時 火曜ドラマ「ダメな私に恋してください」

「ダメな私に恋してください」は、1月12日より放送されている、女優の深田恭子さんが主演のドラマです。

 

原作は、女性漫画誌「YOU」に連載されている、中原アヤさんの漫画「ダメな私に恋してください」。

 

下にご紹介のリンクのように、全8巻のコミックにもなっています。

 

ダメな私に恋してください 全巻セット(1巻〜8巻) 中原アヤ

 

深田さん演じる柴田ミチコは、30歳で独身、しかも彼氏なし。

 

勤めていた会社が突如倒産して職もないうえに。稼いだお金をすべて、彼氏だと思っていた男に貢いでいたため貯金もなし…。

 

唯一あるのは、食べ物で言うところの“肉”に対する欲望だけ。

 

そんなナイナイ尽くしのダメ女でもあります。

 

そんなミチコを見かねて、アルバイトとして彼女を拾うことになる、喫茶店「ひまわり」のマスターにして、前の職場でミチコを罵倒し続けた、黒沢歩(ディーン・フジオカ)というドSな元上司。

 

つまり、ミチコにとって黒沢は天敵と言えそうです。

 

「ひまわり」でのアルバイト初日、ミチコはチラシ配り中に最上大地(三浦翔平)というサラリーマンとすれ違います。

 

最上は、ミチコが落としてしまったチラシをわざわざ拾い集めてくれたのでした。

 

イケメンで爽やかな好青年の最上ではあるけれど、私とは無縁、と、ミチコは心の中で別れを告げるのでした。

 

また、黒沢には彼女の昌(野波麻帆)がいるのですが、昌は黒沢が喫茶店のマスターになることに猛反対。

 

このままなら別れると言い放って「ひまわり」を出て行くことに。

 

しかし、ミチコが近所の公演で昌を見つけたことで、ヤケ酒に付き合わされ、すっかり意気投合してしまうのでした。

 

かと思えは、第2話では、酔って寝ていた黒沢に、ミチコが初キスを奪われる場面も。

 

このように、「ダメな私に恋してください」は、アラサーダメ女のミチコと、ドS元上司の黒沢のコンビが贈る、ツンデレ!?ラブコメディーとして放送中です。

 

テレビ金曜22時 金曜ドラマ「わたしを離さないで」

「わたしを離さないで」は、1月15日にスタートした、イギリスのペストセラー作家カズオ・イシグロさんが発表した衝撃作で、イギリスでは100万部を超える大ヒットとなった「わたしを離さないで」を世界で初めてドラマ化。

 

下にご紹介のリンクのように、文庫本も発売されています。

 

わたしを離さないで [ カズオ・イシグロ ]

 

原作ではイギリスを舞台に描かれていますが、今回のドラマでは日本に置き換え、カズオ・イシグロの透明感溢れる世界を描いています。

 

そして、主演で、女優の綾瀬はるかさんは、2011年のTBSドラマ「南極大陸」以来5年ぶりのTBSドラマ出演となるのだそうです。

 

綾瀬さんは、世間から隔離された施設・陽光学苑で「良質な」教育を与えられ育てられてきた保科恭子役を演じます。

 

次に、恭子とともに不器用に希望を追い求める土井友彦(美浦春馬)。

 

恭子と友彦と一緒に陽光学苑で過ごし彼らを翻弄する酒井美和(水川あさみ)。

 

恭子、友彦、美和といった、子どもらしい生活、子どもらしい教育を享受し「普通の子供」であったはずの彼らはある日、生まれながらにある使命を与えられた「特別な子供」であると教えられ、自分たちの「本当の運命」を知らされることに。

 

運命を知った3人は絆を求め、人を愛することで生きる希望を得ようとします。

 

子どもから少年・少女、そして大人になる中で「生きる意味」を模索していく3人。

 

大人になった3人は運命に抗うのか?

 

それとも運命に従うのか?

 

学苑に隠された秘密とは?

 

そして彼らに課された使命とは?

 

このように、「わたしを離さないで」は、視聴者に衝撃を与える、愛情、友情、絶望、希望…生と愛が絡み合うヒューマンラブストーリーとして放送中です。

 

テレビ日曜21時 日曜劇場「家族のカタチ」

1月18日にスタートした「家族のカタチ」は、ジャニーズの国民的人気男性グループSMAPの香取慎吾さんが3年ぶりに主演のドラマです。

 

香取さん演じる、主人公の永里大介は、結婚に超後ろ向きな39歳独身。

 

決してモテない男ではないのですが、本気で「1人がいい」と考え、この年でわざわざ自分の生活圏内に他人を迎え入れるリスクを犯したくないと、自分の城を守るように、こだわりに満ちたシングルライフを満喫しています。

 

もう1人、物語を盛り上げるもう一人の”こじらせ”キャラは、女優の上野樹里さん演じる、大手商社に勤務する32歳バツイチ独身OLの熊谷葉菜子。

 

一人身である事に明確な意思を持つ、”再婚しない女”で、老後の生活もすでに準備中。自らの仕事に対する責任感は強くハードワークをこなす一方、他人にも厳しいクレーマー気質の持ち主です。

 

そんな大介と葉菜子の2人は、出会った直後からなぜか常にケンカが絶えなのですが、実は似た者同士の部分も多々あるのでした。

 

そんな中、大介の父の永里陽三(西田敏行)が、突然5年ぶりに大介の前に現れ、大介の“ひとりきりの聖域”であったはずの、購入したばかりのマンションへと半ば強引に転がり込むことに。

 

しかも、5年の間に再婚していて、再婚相手には逃げられたものの、連れ子と一緒にという破天荒ぶり!

 

さらに、葉菜子の母親の熊谷律子(風吹ジュン)は、リタイアして軽井沢暮らしを始めた夫と別居生活を始め、何の相談もなく愛する娘のマンションへ。

 

“自分の人生を謳歌する”ことに躊躇のない、大介の父の陽三と葉菜子の母の律子がマンションに転がり込んできたことで、穏やかなはずだった大介と葉菜子の独身生活は大混乱となります!

 

しかし、そんな2人の強力すぎる”おせっかい”パワーは、いつしか大介と葉菜子の心の壁を壊してゆくのでした。

 

また、このドラマでは、葉菜子の部下として働く新入社員の田中莉奈役として、モデルの水原希子さんがTBSドラマ初出演ともなっていました。

 

このように、「家族のカタチ」は、結婚することが難しくなった時代に、親子とは何か? 家族とは何か? 結婚とは何か? を全身全霊で描く「ホームドラマ」の決定版として放送中です。

 

【フジテレビ系】

 

テレビ月曜21時 「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」

1月18日よりスタートの月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」は、イメージとしては、まだあのNHK連続テレビ小説「あまちゃん」で、若き日の天野春子役を演じていたのがまだ印象に残っている、女優の有村架純さん。

 

俳優の高良健吾さんとともにW主演を務める月9ドラマが「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」となっていました。

 

有村さん演じる杉原音は、幼いころに、女手ひとつで育ててくれた母親を亡くしています。

 

代わりに、育ての親である林田雅彦(柄本明)・知恵(大谷直子)夫妻のもと、北海道のさびれた町で暮らしていたのでした。

 

雅彦は音を家政婦扱いし、寝たきりになった知恵は音の介護がなければ暮らせない状態でもありました。

 

音は、「あきらめること」を教え込まれてきたため、そんな状況をただただ受け入れて生きていたのです。

 

そしてもう1人、高良健吾さん演じる曽田練は、東京の運送会社で引っ越しの仕事に就いていました。

 

だまし取られた畑を買い戻すために上京した練は、運送会社の先輩たちからひどくこき使われ、へとへとになるまで働く毎日。

 

給料は安く、貯金などできないまま、古ぼけたアパートで苦しい生活を送っている練。

 

そんな練には、日向木穂子(高畑充希)という恋人がいました。

 

練のアパートに日常的に泊まっている木穂子は、何かとだまされがちで借金を作ってしまう練に金の工面もしていたのでした。

 

困惑しながらもそれを拒絶することができない練。

 

ある日練は、悪友の中條晴太(坂口健太郎)が、旅先の北海道で拾ったというカバンの中から古ぼけた手紙を見つけました。

 

「音へ」と書かれたその手紙を読んだ練は、これは絶対に持ち主に返さなければならないと強く感じ、会社のトラックを飛ばして北海道へと向かうことに…。

 

これが、音と練との最初の出会いとなるのでした。

 

そんな音に転機が訪れます。

 

それは、結婚適齢期になった音に、雅彦が、音の婚約者・許嫁の白井篤史(安田顕)という男性の縁談を持ってきたのですが、お金も知名度もある中で、性格や言動に問題があることから、音が白井との結婚を断ったこと。

 

しかも、許嫁の結婚を断ったことで、怒った雅彦が音の母親の骨壺の中に入っていた遺骨を水洗トイレに流されてしまう、遺骨トイレ流し事件があったこと。

 

それがきっかけで悲しんでいた音に、育てのおばあさんの知恵から「逃げな」と言われ、運よく練のトラックへとたどり着き、東京へ連れてってもらうように頼むことに。

 

こうして、音は林田夫婦のもとや北海道も逃げ出して、東京で新たな人生を歩むことになるのでした。

 

このように、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」は、それぞれに辛い過去を背負っているにもかかわらず、明るく前向きに生きようとする音と練の2人を中心としながら、彼らを取り巻く木穂子(高畑充希)、朝陽(西島隆弘)、小夏(森川葵)、晴太(坂口健太郎)という4人の男女の想いが複雑に絡み合いながら進んでいく、東京を舞台にした、本格派の泣けるストーリーのドラマとして放送中です。

 

テレビ火曜22時 「お義父さんと呼ばせて」

1月19日からスタートしている「お義父さんと呼ばせて」は、俳優の遠藤憲一さんと渡部篤郎さんによるW主演のドラマです。

 

遠藤さん演じる、51歳独身の大道寺保は、中堅専門商社の部長。

 

仕事に没頭するあまり、これまで結婚に縁はなかったものの、真っ正直に生きてました。

 

そんな保が、28歳も年下の女性で、現在はITエンジニアの花澤美蘭(蓮佛美沙子)と運命的に出会い、その笑顔と温かさに触れたことで、人生で初めて結婚を決意します。

 

もう1人の主演で、渡部さん演じる、美蘭の父親の花澤紀一郎は、保と同じく51歳。

 

一流総合商社で華々しい実績を重ね、最年少役員を務めるエリートビジネスマンの紀一郎は、妻と3人の子供に恵まれ、自らの家庭を理想的だと信じていました。

 

そんな、年齢は同じでも、生き方も考え方もまるで正反対の保と紀一郎が、ある日「娘の彼氏」VS「娘の父親」として衝撃的な出会いをするのでした。

 

自分の人生で縁のなかった“仲の良い一課団らん”に憧れ、自分も花澤家の家族の一員になりたいという保。

 

一方、美蘭が保という同い年の彼氏を連れてきたことが引き金となり、

 

母親:花澤静香(和久井映見)

妹:花澤真理乃(新川優愛)

兄:花澤葉理男(中村倫也)

 

からなる、完璧だと思っていた自分の家族から、次々と問題が噴出することに。

 

そんな、次々と噴出する問題に、紀一郎は、美蘭の父親として、花澤家の夫として頭を抱え、これまでの生き方に疑問を感じ始めるのでした。

 

このように、「お義父さんと呼ばせて」は、そんな相容れないおじさん2人が軽妙な会話劇をくり広げていくうちに、いつしか心を通わせ、壊れた家族を再生していく物語。

 

果たして、保が紀一郎を「お義父さん」と呼べる日は来るのかといった、結婚したい男VS結婚させたくない男のラブコメディとして放送中です。

 

テレビ水曜22時 水曜劇場「フラジャイル」

1月13日にスタートした「フラジャイル」は、フジテレビ系のドラマ主演としては2003年に放送された「ムコ殿2003」以来、実に13年ぶりとなる、TOKIOの長瀬智也さん主演のドラマです。

 

原作は、漫画雑誌『月刊アフタヌーン』にて2014年8月号より連載中の、原作:草水敏さん・漫画:恵三朗さんによる『フラジャイル 病理医岸京一郎の所見』。

 

下にご紹介のリンクのように、現在最新刊となる第5巻までのコミックとして発売されています。

 

【在庫あり/即出荷可】【漫画】フラジャイル 全巻セット (1-5巻 最新刊)

 

長瀬さん演じる主人公の岸京一郎(きしけいいちろう)は、壮望会第一総合病院病理診療科の、一癖も二癖もある病理医です。

 

病理医とは、内科医や外科医と同じ専門医のひとつで、顕微鏡による細胞や組織の観察。

 

さらには、亡くなった患者の解剖を通じて、病気の発見と発生の仕組みを解明するというものです。

 

病院に勤務する病理医であるにもかかわらず、京一郎は白衣はまとわず、常にスーツ姿。

 

しかもイケメンなのに、偏屈で毒舌、歯に衣着せぬ物言いをすることから、敵ばかり作ってしまいます。

 

性格が悪いことは京一郎も自覚していて、自分の診断が他の医師と対立しようものなら、完膚なきまでに論破し、相手が降伏するまで徹底的に闘い抜く悪魔のような顔を持っています。

 

でも、その根底には、自らの名誉は一切求めず、医師として最も重んずるべきものは医療の正義、そして患者の命であるというブレない姿勢があります。

 

現に岸が赴任してからというもの、病院の評判は劇的に良くなりました。

 

周囲の医師たちは、そんな岸を「強烈な変人だが、極めて優秀」と表し、医師としての技量は桁外れに有能なのですが、なるべく関わり合いたくない存在。

 

また、岸と同じ病院で働く、新米の女性心療内科医で、後に病理診断科で働く宮崎知尋(武井咲)は、真面目で、患者を思う気持ちを持ち、時折鋭い勘が働くことも。

 

後に、岸が信頼している少ない人物の1人である検査技師の森井久志(野村周平)とともに、岸の片腕ともなる千尋ですが、病理医としてまともに教えようとせず、知識も経験も乏しいことから、何かと岸に振り回されることに。

 

しかも、長瀬さんと武井さんは、今回のドラマが初共演でもあったのでした。

 

ほかにも、岸のもとを訪ねる美人外科医の細木まどか役に、女優の小雪さん。

 

病理医で、岸のもと指導医かつ教授である中熊薫役に、俳優の北大路欣也さんが出演しています。

 

このように、 「フラジャイル」は、ただ患者の命を救うため、そして己が信じる医療の正義のため、周囲との軋轢など一切いとわない偏屈イケメン天才医師・岸の闘いと活躍を描いていくドラマとして放送中です。

 

テレビ木曜22時 木曜劇場「ナオミとカナコ」

1月14日にスタートした「ナオミとカナコ」は、主人公のナオミとカナコを演じる女優の広末涼子さんと内田有紀さん。

 

今回のドラマが初共演となり、W主演にもなっていました。

 

原作は、奥田英郎さんの小説「ナオミとカナコ」。

 

下にご紹介のリンクのように、単行本として発売されています。

 

ナオミとカナコ [ 奥田英朗 ]

 

さらには、下にご紹介のリンクのように電子書籍版も発売されていました。

 

ナオミとカナコ【電子書籍】[ 奥田英朗 ]

 

「いっそ2人で殺そうか、あんたの旦那…」

 

ドラマがスタートするスポットCMからこのセリフが印象に残っていた「ナオミとカナコ」は、ナオミが広末さん演じる小田直美。

 

カナコは、内田さん演じる服部加奈子となっていました。

 

葵百貨店外商部に勤務するOL、

 

可南子のほうはというと、専業主婦で、直美とは大学時代の同級生であり親友でもあります。

 

そんな大学時代からの親友の直美と加奈子が、半年ぶりに再会することに。

 

しかも、加奈子のマンションに招かれた直美は、お互いの自宅が近くになったらしく、それを喜んでいたのでした。

 

遅れて、ことぶき銀行・ファイナンシャル営業勤務で、加奈子の夫である服部達郎(佐藤隆太)と、達郎の姉の服部陽子(吉田羊)もやってきて、4人が一緒に食事をすることになります。

 

食後、デザートの用意をしにキッチンに立つ直美と加奈子。

 

そのとき、直美が笑って加奈子の腕を軽く叩くと、飛び上がるほど痛がったり、洋ナシを見て固まり、額に脂汗を浮かべた加奈子の姿が。

 

感情が欠落したようなその表情に、直美は得も言われぬ違和感を覚えます。

 

自分の母親が父親にDVを受けていたこともあり、なんとか加奈子を助けようと考え始める直美。

 

そして、可奈子が達郎からDVを受けていることを知り、可奈子を救うために殺害まで計画し始めます。

 

つまり、「いっそ2人で殺そうか、あんたの旦那…」というセリフは直美のほうから発せられたものでもあったのでした。

 

ある日、チャイナタウンにやってきた加奈子は、そこで達郎二つの中国人・林竜輝(佐藤隆太/二役)と出会います。

 

後日、林は200万円の報酬と引き換えに、達郎になりすまし、日本を出国することを承諾。

 

そのころ、達郎に再び暴力を振るわれ、DVを受けていた加奈子は、達郎の殺害を真剣に考えるようになるのでした。

 

このように、「ナオミとカナコ」は、直美と加奈子の親友2人が、加奈子に暴力を振るう夫の殺人の計画。

 

そして実行するまでの過程や、2人は逃げ切れるかどうかまでをリアルに描いたサスペンスドラマとして放送中です。

 

【日テレ系】

 

テレビ水曜22時 水曜ドラマ「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」

1月13日からスタートしている「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~(以下、「ヒガンバナ)」は、新ドラマのスポットCMが流れる前から、2つのことがきっかけで知ることができていました。

 

ますひとつは、ロックバンド「BREAKERZ」のボーカルでタレントのDAIGOさんがレギュラー出演している、日テレのバラエティ番組「火曜サプライズ」で、DAIGOさん自身も知らなかった重大発表を通じて知ったこと。

 

一部生放送で行なわれた重大発表とは、DAIGOさんが「ヒガンバナ」に出演決定が告げられたことでもありました。

 

もうひとつは、昨年の大晦日に放送された日テレの長時間特番「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 笑ってはいけない名探偵24時」で、「ヒガンバナ」の主演である堀北真希さんが、刑事役そのものでバスに乗車したのをはじめ、ドラマの出演者のうち、

 

高梨臨さん

木下隆行さん(TKO)→ただしドラマではTKOの木本武宏さんが演じている

 

もバスに乗車したことで、あらためてドラマ「ヒガンバナ」を知ることができたのでした。

 

バスに乗った堀北さんは、ダウンタウンの松本人志さんや、浜田雅功さん、SMAPの中居正弘さんに超接近し、じーっと顔を目で眺めた後、

 

「シンクロしました…」

 

と言って席に戻ると、松本さん、浜田さん、中居さんともに、プライベートの恥ずかしい部分が堀北さんより暴露されることに。

 

最後は、中居さんが「Chage罪」で連行され、一緒にバスを降りたことで「ヒガンバナ」のくだりは終了となっていました。

 

いずれも、「ヒガンバナ」のドラマスタート前のいい宣伝になっていましたね。

 

話を戻して、水曜ドラマの「ヒガンバナ」は、2014年10月24日に日テレで放送された「金曜ロードSHOW!」の特別ドラマ企画で、「ヒガンバナ~女たちの犯罪ファイル」のタイトルで単発放送された作品のレギュラー化したものでもありました。

 

主演は、女優の堀北真希さんです。

 

ドラマのサブタイトルにもなっていた警視庁捜査七課とは、女性犯罪や女性犯罪被害者の対応を目的として新設された部署のことです。

 

警視庁捜査七課は、

 

来宮渚(巡査部長):堀北真樹

峰岸雪乃(警部補):壇れい

長見薫子(東京監察医務院監察医):知英

伊藤凛(巡査):高梨臨

柳幸子(警部補):YOU

瀬川すみれ(警視正):大地真央

 

というメンバーで構成され、 整った容姿で実力もあるにもかかわらず、人格的に問題のあるメンバーが少なくないとのこと。

 

そのため、本庁の男性刑事からは「見た目は美しいが猛毒を持つ」という皮肉を込め「ヒガンバナ」(彼岸花)と呼ばれていたのでした。

 

堀北さん演じる来宮渚は、過去の経験から人が持つ悪意に過敏に反応する体質の持ち主。

 

また現場では、被害者の感情にシンクロし過ぎると意識を消失し、意識を取り戻すころには、自分が倒れる直前に口に出した言葉を忘れてしまうといった特性を持つ女性刑事でもあります。

 

特に渚は、悪の感情に触れると毒舌になるため、外出時にはヘッドフォンからの音楽で外部からの情報を遮断しているのだそうです。

 

「笑ってはいけない名探偵24時」のときにも、パイオニア製のヘッドフォンをしていた姿が印象的でしたね。

 

また、今回の連続ドラマでは、特別ドラマ企画では描かれなかった渚の謎に包まれた過去が明らかに。

 

そのため、ドラマ企画から時間軸を少し前に戻し、渚と、雪乃が事件現場で出会うところからスタートしていたのでした。

 

渚の謎に包まれた過去。

 

その謎を解くキーマンとなるのが、フリージャーナリストの菊池謙人(DAIGO)でもあります。

 

渚が捜査する事件現場に現れては、「一目ぼれしちゃった」とグイグイ迫る中、謙人の本当の目的とは?

 

さらに、渚のシンクロ能力が覚醒したのには、“ある事件”がきっかけとなっていました。

 

果たしてその事件とは?

 

このように、「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」は、回を重ねるにつれ、徐々に紐解かれていく渚の過去。

 

そして謙人との関係からも毎週目が離せない刑事ドラマとして放送中です。

 

テレビ土曜21時 土曜ドラマ「怪盗 山猫」

1月16日スタートした「怪盗 山猫」は、ジャニーズの男性アイドルグループである、KAT‐TUNの亀梨和也さんが主演を務めるドラマです。

 

原作は、「心霊探偵 八雲」シリーズなど、スピード感のある映像的文章で不動の人気を誇る、神永学作「怪盗探偵 山猫」を初映像化したドラマでもあり、下にご紹介のリンクのように、文庫本、単行本が発売されています。

 

怪盗探偵山猫(黒羊の挽歌) [ 神永学 ]

 

怪盗探偵山猫(虚像のウロボロス) [ 神永学 ]

 

そして、下のリンクは電子書籍版となります。

 

怪盗探偵山猫【電子書籍】[ 神永学 ]

 

怪盗探偵山猫 黒羊の挽歌【電子書籍】[ 神永学 ]

 

怪盗探偵山猫 虚像のウロボロス【電子書籍】[ 神永学 ]

 

土曜の夜に、新たな怪盗ヒーロー、現る!

闇夜をかける1人の男。

世間を賑わす天才怪盗犯。

その名は「山猫」。

彼が現れるところ、鮮やかに盗みだされるは大量の資金。

暴かれるは、そこに蔓延する悪事の証拠。

彼は、世紀の大海賊か、はたまた正義の味方なのか

「なにが、正義だ…」と正義こそが笑われる世の中に、「なにが、正義だ」との真を問う、痛快・ピカレスク・怪盗エンターテイメント。

 

亀梨さん演じる、卑劣な手段で金儲けをする企業から大量の資金を盗み出し、同時に悪事を暴く山猫は、怪盗および探偵でもあります。

 

山猫は、武士道の本を常に所持し、突飛な行動が多く、常にハイテンション。

 

その反面、音程を外した歌は聴くに耐えないらしく、「音痴」と言われると激怒し、女にも手を上げ殴るほどキレることも。

 

一体彼は義賊なのか悪党なのか?

 

謎に満ちた怪盗山猫の動向は、世の人々の注目を集めています。

 

山猫には仲間がいて、職業はコピーライター。

 

山猫の事件を追ううち仲間になり、一見相棒の立ち位置のようだが、しばしば身代わりや囮の役をやらされる勝村英男(成宮寛貴)という男性がいます。

 

そしてもう1人、常に無表情かつ無愛想な性格の、高杉真央(広瀬すず)という名前の女の子。

 

山猫に出会うまではいじめられっ子で、孤独に苛まれていました。

 

真央は、「魔王」というハンドルネームでハッカーをしていましたが、父親が自分をかばって自首したことや、自分が周りに心を閉ざして向き合わなかったことを山猫に一喝されたことで心を開き、それまでの償いのため彼に協力することに。

 

この3人が中心となってドラマは展開していくのでした。

 

ほかにも、関本修吾(佐々木蔵之助)の部下で、正義感が強く、犯罪知識にも長けている女刑事。

 

勝村を「先輩」と呼び憧れていましたが、次第に山猫との関係を疑いはじめる霧島さくら(菜々緒)の存在も。

 

また、ストーリーが進むにつれ、悪事を行なう人間に対して制裁を加える武装集団・ウロボロスの存在によって、彼らの正体を探るべく、勝村の無実を晴らすために山猫たちが立ち上がることになっていくのでした。

 

このように、「怪盗山猫」は、「なにが、正義だ…」と正義こそが笑われる世の中に、「なにが、正義だ」との真を問う、痛快・ピカレスク・怪盗エンターテイメントのドラマとして放送中です。

  0 テレビ日曜22時30分 日曜ドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」

1月17日にスタートした、日テレの日曜ドラマ枠としては第4弾となる「臨床犯罪学者 火村英生の推理」は、主演では出演という形ですが、ドラマのタイトルにもなった火村英生役を演じるのは、俳優の斎藤工さんです。

 

原作は、推理作家の有栖川有栖(ありすがわありす)さんで、下にご紹介のリンクでご紹介のように文庫本も発売されています。

 

臨床犯罪学者・火村英生の推理(1) [ 有栖川有栖 ]

 

主人公の火村英生は犯罪学者で、英都大学社会学部の准教授。

 

「この犯罪は美しいか?」と、殺人現場に快楽を求め、「人を殺したいと思ったことがある」と公言し、究極の犯罪を追い求める、かなりヤバそうな男でもあります。

 

かたや、推理作家の有栖川有栖(窪田正孝)という、なんと原作者と同じ名前の男性が、「この犯罪はオモロイか?」と、火村の捜査を観察しながら、時に的外れな推理をくり出しつつも、危なげな火村の保護者役を自認する、ちょっと頼りげな男でもあります。

 

このように、およそ捜査現場には似つかわくない2人が、お互いの残念な欠陥を補完しながら、犯罪者が現場に残した複雑怪奇な“トリック”という挑戦状を、究極的に美しいロジックで解明。

 

予想を覆す真相を炙り出していきます。

 

それは、まるで美しい手品のように…。

 

このように、「臨床犯罪学者 火村英生の推理」は、犯罪学者の火村英生と、推理作家の有栖川有栖のコンビが活躍する本格推理エンターテインメントとして放送中です。

 

【テレビ朝日系】

 

テレビ木曜21時 木曜ドラマ「スペシャリスト」

10月22日からスタートした「スペシャリスト」は、SMAPの草彅剛さん主演の刑事ドラマです。

 

もともとは、もうテレビ朝日の長寿2時間ドラマといってもいい「土曜ワイド劇場」で2013年から放送されている刑事ドラマで、同じく草彅剛さんが主演。

 

連続ドラマとしてスタートするまでは、第4弾まで放送されていました。

 

また「土曜ワイド劇場」では、舞台が京都でしたが、今回の木曜ドラマ枠で連続ドラマ化されたことで、東京都の警視庁へと移ったのでした。

 

そのため、 京都府警刑事部捜査一課特別捜査係 → 警視庁・総合事犯対応係(仮称)

 

と、連続ドラマでは部署の名称も変わっています。

 

草彅さん演じる宅間善人は、京都府警広報課に勤める事務職の警察官。

 

しかし、10年前に殺人未遂容疑で逮捕され、滋賀中央刑務所に服役することになります(後に冤罪だと判明し、出所する)。

 

実はその間に、宅間は全受刑者の犯罪の技能・手口・心理状態などをデータベース化して記憶し、犯罪に精通した“スペシャリスト”とも言える能力を得たのでした。

 

いわば宅間は、「10年間服役した経歴を持つ異色の刑事」というわけです。

 

“犯罪心理のスペシャリスト”となった宅間は京都府警に設けられた『特別捜査係』に配属され、姉小路千波(南果歩)、松原唯子(芦名星)、堀川耕平(平岡祐太)という個性豊かな仲間とともに数々の難事件を解決してきました。

 

いまや京都では知らない人はいないほど有名になった宅間ですが、2015年12月12日放送の「スペシャリスト4」で高倉紀一郎京都府警本部長の死に直面。

 

そのことをきっかけに彼は京都を離れ、東京にやってくることになります。

 

自身の冤罪事件の真相も含め、自分を取り巻く大きな陰謀を暴くには“本丸”である警視庁に乗り込むしかない――。

 

そう考えた宅間は、警察庁幹部・滝道博喜(吹越満)に導かれ、警視庁に新設されたある部署に配属されることに。

 

そこで出会った女刑事・我妻真里亜(夏菜)や、捜査一課刑事・野方希望(和田正人)とともに、またもや事件に立ち向かっていくことになるのでした!

 

このように「スペシャリスト」は、草彅剛さんが主演の、「10年間服役した経歴を持つ異色の刑事」に「犯罪心理のスペシャリスト」を併せ持つ新感覚刑事ドラマとして放送中です。

 

なお、「相棒 season14」と「科捜研の女」については、昨年の10月よりまだドラマが続いていることから、ここでは省略させていただくことにしました。

 

記事をお読みになりたい方は、

「相棒season 14」はこちら

 

「科捜研の女」はこちらをクリック!

 

 

ということで、以上2016年1月スタートの、冬の新ドラマの記事をお送りいたしました。 (39)

この記事は、2014年11月6日に更新の、2015年10月、TBSテレビ、フジテレビ、日本テレビ、テレビ朝日の秋の新ドラマがスタート! の続きの内容でもあります。

 

さて、2016年も1月を過ぎたことで、TBSテレビ(以下、TBS)、フジテレビ、日本テレビ(以下、日テレ)、テレビ朝日による1月からの冬の新ドラマが、先週よりひと通り出揃ったようです。

 

そこで、秋ドラマに続き、テレビ東京をのぞく、キー4局による20時~21時までと、22時30分からスタートしている日テレの日曜ドラマ枠での新ドラマについても書いてみることにしました。

 

はじめに、今月1月にスタートした、TBS、フジテレビ、日テレ、テレビ朝日の新ドラマは次のようになっていましたので、まずはそちらからご紹介したいと思います(参考までに、前ドラマのタイトルも記載しています)。

 

 

【TBS系】

 

火曜22時 「ダメな私に恋してください」(前「結婚式の前日に」)

主演:深田恭子

 

金曜22時 「わたしを離さないで」(前「コウノドリ」)

主演:綾瀬はるか

 

日曜21時 「家族のカタチ」(前「田町ロケット」)

主演:香取慎吾(SMAP)

 

【フジテレビ系】

 

月曜21時 「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(前「5→9 ~私に恋したイケメンすぎるお坊さん~」)

主演:有村架純・高良健吾

 

火曜22時 「お義父さんと呼ばせて」(前「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」)

主演:遠藤憲一・渡部篤郎

 

水曜22時 「フラジャイル」(前「無痛 ~診える眼~」)

主演:長瀬智也(TOKIO)

 

木曜22時  「ナオミとカナコ」(前「オトナ女子」)

出演:広末涼子・内田有紀(W)

 

【日テレ系】

 

水曜22時 「ヒガンバナ~警視庁捜査七課」(前「偽装の夫婦」)

主演:堀北真希

 

土曜21時  「怪盗 山猫」(前「掟上今日子の備忘録」)

主演:亀梨和也(KAT‐TUN)

 

日曜22時30分  「臨床犯罪学者 火村英生の推理」(前「エンジェル・ハート」)

主演:斎藤工・窪田正孝

 

【テレビ朝日系】

 

[2015年秋のドラマよりひき続き放送中] 水曜21時 「相棒 season14」(前「刑事7人」)

出演:水谷豊・反町隆史

 

[2015年秋のドラマよりひき続き放送中] 木曜20時 「科捜研の女」(前「最強のふたり~京都府警 特別捜査班~」)

主演:沢口靖子

 

木曜21時 「スペシャリスト」(前「遺産争族」)

主演:草彅剛(SMAP)

 

 

ということで、あくまでも20時~22時30分にかけて、キー4局でスタートした2016年冬の新ドラマについて、まずは一覧でご紹介いたしました。

 

次の記事では、もう少し2016年の冬ドラマについて書いてみたいと思います。

次の記事では、2015年秋の新ドラマについてもう少し書いてみたいと思います。 (90)

この記事は、2015年11月6日に更新の、2015年10月、TBSテレビ、フジテレビ、日本テレビ、テレビ朝日の夏の新ドラマがスタート!の続きの内容となります。

 

では、2015年10月にスタートした、TBSテレビ、フジテレビ、日本テレビ、テレビ朝日の20時~22時、および22時30分からを含めた夏の新ドラマについて、もう少し書いてみることにしましょう。

 

新ドラマとはいえ、すでにこの時点で第5話、あるいは第7話を迎えているドラマもあったりしますが、まあそこは、いつものようにあまり気にしないでまいりたいと思います(実は相当焦ってますが…苦笑)。

 

【TBS系】

 

テレビ火曜22時 火曜ドラマ「結婚式の前日に」

「結婚式の先日」は、10月13日より放送されている、モデルで女優の香里奈さん主演のドラマでもあります。

 

香里奈さんにとっては、2011年10月にフジテレビ系列で放送された「私が結婚できない理由」以来、4年ぶりの主演となりました。

 

香里奈さん演じる、中堅不動産会社に勤務する芹沢ひとみは、東京・築地で寿司屋を営む父・芹沢健介(遠藤憲一)に男手ひとつで育てられました。

 

中堅不動産会社の中ではありながらも、男性社員に負けじとマンション開発に携わっているひとみ。

 

そんなひとみの前に、28年前に出て行った、母の加奈子(原田美枝子)が突然現れることに。

 

加奈子は、自分の夢を追って、家を、そして日本を飛び出した、超自由人で型破りな女。結婚式の前日に娘に三ツ指をつかれて挨拶されるのが夢で帰国し、結婚式にも出る気満々でした。

 

なぜなら、ひとみは医師の園田悠一(鈴木亮平)と婚約中で、100日後に結婚式を控えていた。

 

しかし当然のことながら、28年間ほったらかしで、どれだけ勝手な母親なんだと可奈子と口論になるひとみ。

 

しかも、結婚式を控え、幸せの絶頂期にあったひとみが突然、体調不良を訴え、脳腫瘍であると診断され、このままの状態では危険な命である状態だと宣されることに…。

 

このように、「結婚式の前日」は、結婚式を迎えたある女性が、脳腫瘍に罹り、絶望の縁に立たされる悲劇のヒロインの人生を、28年ぶりに日本に帰ってきた超自由人な母親との100日間の物語を含め、時に明るく時に悲しく描いたドラマとして放送中です。

 

テレビ金曜22時 金曜ドラマ「コウノドリ」

「コウノドリ」は、10月16日にスタートした、俳優の綾野剛さんが連続ドラマ単独初主演となったドラマでもあります。

 

原作は、漫画雑誌『モーニング』に連載中の、漫画家の鈴ノ木ユウさん。

 

下にご紹介のリンクのようにコミックも発刊されています。

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】コウノドリ(1) [ 鈴ノ木ユウ ]

 

【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】コウノドリ1巻【電子書籍】[ 鈴ノ木ユウ ]

 

なお、先ほどのリンクは1巻のみのご紹介でしたが、下のリンクでは、コミックとしては全12巻で完結となっていたことがわかりました。

 

コウノドリ  全巻セット(1巻~12巻) 鈴ノ木ユウ 講談社

 

ドラマの舞台は、「ペルソナ総合医療センター」という病院。

 

綾野剛さん演じる主人公の鴻鳥(こうのとり)サクラは、生まれてすぐ母を亡くし、乳児院と児童養護施設で育ちながら、「生まれてきたすべての赤ちゃんに“おめでとう”と言いたい」と願う愛情深い産科医です。

 

一方で「BABY」の名で、感情のすべてをピアノにぶつけ情熱的な演奏をする謎多き天才ピアニストでもあるサクラ。

 

初回では、客席はいっぱいなのに、都内のとあるライブハウスで行なわれたライブ演奏中のサクラは、開演10分でライブが終了してしまったのでした。

 

そんなサクラを、救急車から妊婦の受け入れ要請の連絡が入ってとまどう新米産科医の下屋加江(松岡茉優)が電話で呼び出していたのだ。

 

受け入れ要請の妊婦は、産科検診を受けず、妊娠週数も不明の「未受診妊婦」の矢野夏希でしたが、未受診妊婦はリスクが高すぎる。

 

万一、感染症などがあれば、医療スタッフにとっても他の患者にとっても、極めて危険な患者となる。しかし「未受診なのは母親のせいで、お腹の赤ちゃんに罪はない」と、サクラは新生児科にも受け入れ体制を組むように要請。新生児科のリーダー・今橋貴之(大森南朋)が、躊躇する白川領(坂口健太郎)らを抑え、受け入れを決めることに。

 

さらに、サクラは、未受診妊婦のフォローのために、メディカルソーシャルワーカーの向井祥子(江口のりこ)にも来てもらうように指示。そこへ、ベテラン助産師の小松留美子(吉田羊)も駆けつけるなど、初回であるにもかかわらず、かなりの豪華俳優陣が出演しています。

 

このように、「コウノドリ」は、ある時は冷静な判断力と患者にあたたかく寄り添う、心優しき産婦人科医。

 

またある時は、情熱的で謎多き天才ピアニストという2つの顔を持つミステリアスな鴻鳥サクラを描いたドラマとして放送中です。

 

テレビ日曜21時 日曜劇場「下町ロケット」

10月18日にスタートした「下町ロケット」は、2011年にWOWOWのオリジナルドラマ「ドラマW」で初めてテレビドラマ化されました。

 

2012年3月20日には、TBSラジオでもドラマスペシャルとしてラジオドラマ化されることになったそうです。

 

原作は、小説家の池井戸潤さんの小説「下町ロケット」。

 

下のリンクでもご紹介の小説となっています。

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】下町ロケット [ 池井戸潤 ]

 

【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】下町ロケット【電子書籍】[ 池井戸潤 ]

 

2015年10月3日から、続篇『下町ロケット2 ガウディ計画』が朝日新聞に連載され、2015年11月5日に単行本が刊行されました。

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】下町ロケット2 ガウディ計画 [ 池井戸潤 ]

 

【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】下町ロケット2 ガウディ計画【電子書籍】

 

また、10月3日から朝日新聞で連載されている続篇が、「下町ロケット」の後半5話で映像化されるなど、新聞とテレビの同時進行で描かれているドラマでもあるそうです。

 

主演は、2010年4月に放送された日曜劇場「新参者」以来、5年ぶりのTBSの連続ドラマに主演の、俳優の阿部寛さんです。

 

阿部さん演じる、主人公の佃田航平は、宇宙科学開発機構の元研究員でしたが、自分が開発したエンジンを載せたロケットの打ち上げ失敗の責任を取らされ、父親が遺した下町の工場「佃製作所」を社長として継ぐことになります。

 

小型エンジンの製造を主力とする「佃製作所」で、社長として第2の人生をスタートさせたが、宇宙への夢は捨てきれずにいた航平。

 

航平には、1人娘で高校生の佃利菜(土屋太鳳)がいて、父親の航平に対し、事あるごとに反発するのでした。

 

また、物語のキーマンとなる登場人物の1人、日本を代表する大企業である帝国重工の社長・藤間秀樹(杉良太郎)の存在は、佃製作所の前に立ちはだかる最大の敵でもあったのでした。

 

徹底した実力主義者で、将来は経団連の会長の座を狙っている野心家でもあるが、実は佃と同じ宇宙航空畑出身でありロケット打ち上げ失敗の過去も持つと言う藤間。

 

そんな藤間は、中小企業の佃製作所が大企業・帝国重工のロケットに部品供給ができるかどうか、最後の鍵を握っています。

 

さらには、藤間社長の悲願である純国産ロケット打ち上げプロジェクト「スターダスト計画」の舵取りを任され、佃の良きライバルともいえる存在である帝国重工部長・財前道生(吉川晃司)。

 

かつて佃が在籍していた宇宙科学開発機構の研究員であり、航平の元妻・和泉沙耶(真矢ミキ)も登場します。

 

全10話の予定で、前半を「下町ロケット」、後半を「下町ロケット2」を原作とし映像化する予定に。

 

物語の後半からは、ドラマと新聞連載が同時進行するという異例の試みも準備されています。

 

このように、「下町ロケット」は、生きるうえで必要なこととは? 働くことの意義とは? 幾多の困難を乗り越えながら、絶対に夢をあきらめなかった男と、社員のプライドとが紡ぎだす未来とは!?

 

すべての働く人たちにお送りする、感動のエンターテインメント巨篇ドラマとして放送中です。

 

【フジテレビ系】

 

テレビ月曜21時 「5→9 ~私に恋したイケメンすぎるお坊さん~」

10月2日よりスタートの月9ドラマ「5→9 ~私に恋したイケメンすぎるお坊さん~」は、原作が、下のリンクでもご紹介の、漫画家の相原実貴さんのコミック「5時から9時まで」。

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】5時から9時まで(1) [ 相原実貴 ]

 

【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】5時から9時まで(1)【電子書籍】

 

主演は女優の石原さとみさんで、イケメン僧侶を演じる、元ジャニーズのアイドルグループNEWSの元メンバーで、現在はソロとして活動している山下智久さんとは初共演のドラマとなりました。

 

石原さん演じる桜庭潤子は、英会話教室「ELA」の英会話講師。

 

将来はアメリカのニューヨークで働くことを夢見ています。

 

そんな潤子が、ある日、地元町内会の葬儀に出席していたときのこと。

 

やがて、焼香のために立ち上がろうとする純子でしたが、足がしびれて動けなくなることに。

 

おぼつかない足取りで焼香台に向かううち、前に突っ込みそうになります。

 

そこで、体を支えようと潤子が台に手をついた瞬間、台が傾いて香炉が宙を舞います。

 

宙を舞った香炉は、あろうことか、読経をしていた僧侶の星川高嶺(山下智久)の全身に降りかかってしまったのでした。

 

これが、今後も頻繁に出会うことになる潤子と高嶺との初めての出会いでもありました。

 

次なる出会いは、潤子は母親の桜庭恵子(戸田恵子)の策略で、見合いをすることになりました。

 

そうとは知らず、高級料亭にやってくる潤子。

 

通された部屋にいたのは、なんと高嶺でした。

 

驚いて部屋を出ようとする潤子に、入るよう促す高嶺。

 

すると、

 

「あなたを私の妻にして差し上げます」

 

と言い放った高嶺。

 

その後も、いつものように「ELA」に出勤し、教室のドアを開けた潤子の前に高嶺の姿が、

 

男女の生徒2人が来ると、高嶺は2人に丁寧にあいさつをしたり、授業が始まると、流ちょうな英語でプロポーズ。

 

しかもその日の夜、「ELA」にゼネラルマネージャーとして就任した清宮真言(田中圭)の歓迎会が開かれ、講師や生徒たちのなかに交ざって参加する潤子の前にまたしても高嶺の姿があったのでした。

 

このように、「5→9 ~私に恋したお坊さん~」は、モテ期到来の英会話講師とイケメン僧侶との極上ラブコメディとして放送中です。

 

テレビ火曜22時 「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」

10月20日からスタートしている「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」は、連続ドラマ初主演となる、俳優の松坂桃季さん主演のドラマです。

 

原作は、下のリンクでご紹介の、漫画家の山崎紗也夏さんが雑誌『モーニングで』連載されていた漫画『サイレーン』。

 

サイレーン 1

 

上のリンクでは1巻のみのご紹介でしたが、下にご紹介のリンクでは全7巻まで発刊されていたことがわかりました。

 

サイレーン  全巻セット(1巻~7巻) 山崎紗也夏

 

松坂さん演じる里見偲は、警視庁本庁機動捜査隊所属。

 

捜査一課への栄転を目指す刑事でもあります。

 

偲の相棒かつ恋人には、同じく警視庁本庁機動捜査隊所属の猪熊夕貴(木村文乃)。

 

偲と同じく、捜査一課への栄転を目指しています。

 

ただし、恋人同士だとバレると即異動となるため、公にはしていなく、周囲には秘密にしています。

 

その偲と夕貴という恋人同士の刑事に立ちはだかる敵は、「またこの女か! 少しはドラマでの出演を控えろ!」と言いたくなるくらい、最近では新ドラマがスタートするたびにこの人の名がキャスティングされている印象さえある、モデルの奈々緒さん演じる、完全悪女の橘カラ。

 

美容整形手術歴があるキャバクラ嬢でもあります。

 

カラと出会うきっかけは、ある日、2人のもとに女性の変死体が発見されたと無線で連絡。

 

事件が発生した店の従業員の中に、前日の晩に見かけたカラを偲が見つけたことによります。

 

そこから、偲の運命がカラによって狂わされていく展開になってくのかと思いきや、カラによって運命が狂わされていくのは、意外にも夕貴。

 

捜査のために駆けつけた夕貴と出会ったことにより、カラは夕貴に異常なまでに執着していくことになるそうです。

 

その理由は謎に包まれており、カラと殺人事件の関与を疑い、事件を暴こうとする里見とスリリングな戦いをくり広げることに。

 

次々に巻き起こる猟奇殺人事件の裏で暗躍する美女で、警察をあざ笑う完全悪女のカラ!

 

このように、「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」は、偲と夕貴という恋人同士の刑事が、とある殺人現場に突如現れた謎の美女カラと出会い、運命を狂わされていくクライム・ラブサスペンスとして放送中です。

 

テレビ水曜22時 水曜劇場「無痛 ~診える眼~」

10月7日にスタートした「リスクの神様」は、俳優の西島秀俊さんが主演のドラマです。

 

原作は、下のリンクでもご紹介の、小説家の久坂部羊さんの小説『無痛』に、オリジナルストーリーを加え、医療ドラマと刑事ドラマの要素を兼ね備えた1話完結型のドラマとなっているそうです。

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】無痛 [ 久坂部羊 ]

 

【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】無痛【電子書籍】[ 久坂部羊 ]

 

西島さん演じる「為頼(ためより)診療所」に勤務する為頼英介は、外見を見るだけで症状や予後がわかる「神の診察眼」ともいえる天才的な能力を持つ医師。

 

犯罪者にみられるエネルギー過多の一種である「犯因症」の兆候も見分けられるとのこと。

 

様々なことが見えるゆえに、医療に限界を感じたり苦悩することが多いため、自身の能力を隠した状態で、町医者として細々と診療所で患者を診てきました。

 

しかし、特殊能力に気づいた早瀬順一郎(伊藤淳一)に頼まれると優しい性格のため断りきれず、現場を訪れ捜査に協力することに。

 

「港中央警察署」の刑事課強行犯係・巡査部長の早瀬は、為頼の能力をいち早く見抜いた人物でもあります。

 

そのきっかけは、男が暴れている現場において、為頼が事件が起こる前に警察に通報していたことや、現場で傷ついた人々に迅速な処置を施す様子を見て興味を持ったことによります。

 

その後、早瀬は為頼に捜査協力を頼み、事件を解決に導くことに。

 

為頼と同じ能力を持つ医師は他にもいて、それが「白神メディカルセンター」の院長である白神陽児(伊藤英明)。

 

患者を最も苦しめる痛みを取り除き、“完全な無痛”で治療できる医療を目指しています。

 

このように、「無痛 ~診える眼~」は、医療ドラマと刑事ドラマの要素を兼ね備えた1話完結型のドラマとして放送中です。

 

テレビ木曜22時 木曜劇場「オトナ女子」

10月15日にスタートした「オトナ女子」は、このドラマが2年ぶりの主演となるという、女優の篠原涼子さんです。

 

篠原さん演じる、主人公の中原亜紀は、40歳独身の大手恋愛アプリ会社に勤務するOL。

 

これまで、広告の仕事をバリバリこなしてきましたが、会社が新規参入した「恋愛アプリ」(女性向け恋愛ゲーム)の部署に急に異動になります。

 

ウェーブのかかったロングヘアに胸の空いた服装が特徴的で、年齢を重ねてもお洒落で綺麗で仕事もできるものの、プライベートではダメな男に尽くしすぎてしまい振られるなど、恋愛に対しては不器用な一面も。

 

デビューを目指す年下のミュージシャンの伸治(斉藤工)と、愛猫のちくわと一緒に暮らしています。

 

40歳になっても独身であることから、全然モテない印象がある亜紀。

 

しかし、実は出版社に勤務するサラリーマン池田優(平山浩行)と交際中だったり、亜紀の部下である前川亮介(吉沢亮)も、亜紀に恋心を抱くなど、実際は人並みにモテているみたいです。

 

しかし、しっかり者で、一見“デキル女”に見える亜紀は、恋愛となると、“いい人過ぎ”て上手くいきません。

なぜなら、亜紀が男性と付き合うと、とことん尽くしてしまい、相手は出世していく“アゲマン”気質。

 

“便利で都合のいい女性”的な存在になっているからです。

 

彼氏の前では本音を出せない亜紀が心を許せるのは、亜紀と同年代のフラワーショップのオーナーの大前萌子(吉瀬美智子)と、バツイチで3人の息子を育てるシングルマザーの坂田みどり(鈴木砂羽)。

 

そして、先ほどもご紹介した愛猫のちくわだけとなっていました。

 

「オトナ女子」の予告篇CMの最初では、このちくわが必ず登場していますね。

 

このように、「オトナ女子」は、“アゲマンだけど自分は、幸せになれない”現代のアラフォー女性の3人が、だめな男に振り回されながらも時に傷付け合い、励まし合いながら、“幸せ”をつかむべく、夢をかなえるために奮闘していくドラマとなっています。

 

【日テレ系】

 

テレビ水曜22時 水曜ドラマ「偽装の結婚」

10月7日からスタートしている「偽装の夫婦」は、女優の天海祐希さん主演のドラマで、脚本が遊川和彦さん。

 

実は、2007年1月の冬ドラマとして日テレで放送されたドラマ「演歌の女王「以来、天海さんとは8年振りにタッグを組むことになるそうです。

 

本来番組のタイトル表示は「理想(この部分に×が入り、その上に「偽装」の文字が入る)の夫婦」であるそうです。

 

天海さん演じる嘉門ヒロは、図書館司書に勤務する45歳。

 

容姿端麗で頭脳明晰、身体能力も高く、「孤高の美女」「理想の女性」といわれながら、実際には人との付き合いが大嫌いだというヒロ。

 

それが、25年前の大学時代に一度だけ愛したものの、理由を明かさずそのまま姿を消し、逃げられた彼氏・陽村超治(沢村一樹)と再会するところから物語が始まります。

 

後に結婚し夫となる陽村の職業は、幼稚園園長代理で、人懐っこく明るい性格。

 

大学時代にはヒロと付き合っていましたが、実はゲイであったため、ヒロを心から愛することができず、姿を消してしまった陽村。

 

その2人が25年ぶりに再会すると、陽村の母親が余命いくばくない病気のことから、ヒロに偽装結婚を申し込むことに。

 

そんな出会いをきっかけに「偽装結婚」生活を始めてしまうのでした。

このように、「偽装の夫婦」のドラマは、偽装結婚をテーマにしたラブコメディとして放送中です。

 

テレビ土曜21時 土曜ドラマ「掟今日子の事件簿

10月10日にスタートした「掟上今日子の備忘録」は、女優の新垣結衣さん主演のドラマです。

 

原作は、下のリンクでもご紹介のように、西尾維新のミステリー小説「忘却探偵シリーズ」

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】掟上今日子の備忘録 [ 西尾維新 ]

 

【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】掟上今日子の備忘録【電子書籍】 [ 西尾維新 ]

 

なんでも、西尾さんの作品が実写化されるのは初めてであるそうです。

新垣さん演じる掟上今日子は、史上最もキュートな美女探偵。

 

しかし、寝ると記憶がリセットされる「忘却探偵」でもあるそうです。

 

つまり、寝てしまうと記憶が1日ごとにリセットされるので、守秘義務は絶対厳守!

 

このことは、彼女の体にも、

 

「私は掟上今日子。探偵。

 記憶が1日でリセットされる」

 

という言葉が、大事なこととして常にマジックで書かれているのだそうです。

 

そのため、どんな事件も1日で解決する最速の探偵でもあります。

 

まだ見た目は若いのに、白髪にメガネ姿が特徴の今日子。

 

そんな今日子に惚れてしまったのが、毎回何かの犯人に間違われては探偵のお世話になる「史上最も運が悪い男」隠舘厄介(かくしだてやくすけ・岡田将生)。

 

ゆえに、どんなに今日子と仲良くなっても、忘却探偵なので、次の日は完全に忘れられ、会うたびに「初めまして」と今日子から言われてしまう切ない恋模様。

 

さらには、アパルトマン兼カフェ兼探偵斡旋所「サンドグラス」のオーナーの絆井法郎(きずないほうろう・及川光博)と、従業員の也川塗(なりかわぬる・有岡大貴(Hey! Say! JUMP))に、幕間まくる(内田理央)の3人が、今日子と厄介の調査から恋路まで、強力サポートも!?

 

このように、「掟上今日子の備忘録」は、毎回起こる不思議な事件を、たった1日で解決するという「謎解きの面白さ」と、覚えていたくても覚えていられないという「忘却の儚さ」が交差したような探偵ドラマとして放送中です。

 

テレビ日曜22時30分 日曜ドラマ「エンジェル・ハート」

「エンジェル・ハート」は、10月11日にスタートした、俳優の上川隆也さん主演のドラマ。

 

日テレの日曜ドラマ枠としては第3弾となります。

 

スタート前から、ハードボイルドコミックで発刊され、アニメとしても放送された、漫画家の北条司さんによる「シティハンター」の世界観を受け継ぐとしてドラマとして注目されていた「エンジェル・ハート」ですが、実は今年が「シティハンター」の生誕30周年でもあったそうです。

 

「シティハンター」の世界観を受け継ぐとしてドラマということで、上川さん演じる主人公は、「シティハンター」と同じく冴羽獠(さえばりょう)となっていました。

 

獠は、大の女好きで、一見お調子者の男でもありますが、通称「シティハンター」と呼ばれている凄腕のスイーパー(始末屋)。

 

依頼を受け、街の悪者たちを懲らしめ、始末するのが獠の稼業でもあります。

 

獠には、相棒で婚約者の槇村香(相武紗季)という女性がいます。

 

いや、厳密に言えばいたと言ったほうがいいかもしれません。

 

獠を支え、ともに死力を尽くす最大の理解者でもあった香。

 

なぜ香が獠の相棒になったのかというと、かつて香は花園診療所の看護師をしていたが、獠の元相棒・槇村秀幸の兄の死がきっかけだったとのこと。

 

つまり、香は秀幸の妹でもあるわけです。

 

しかし「エンジェル・ハート」の初回から、この2人に絶体絶命のピンチが訪れます。

 

それは、香を襲った、子供をかばったことによる不慮の事故で脳死状態になり、命を落としてしまうことです。

 

だから、先ほど相棒で婚約者だったと表現したわけです。

 

そんな中、獠の前に現れた謎の美少女・香瑩(シャンイン・三吉彩花)。

 

香瑩は、元秘密結社「レギオン」の暗殺部隊所属の暗殺者で、組織時のコードネームは「グラス・ハート」。

 

幾多の暗殺行為に耐えかねて投身自殺を図りますが、レギオンが強奪した香のドナー心臓を移植されて復活。

 

しかも、香の心臓が移植されて蘇生するまで1年の歳月がたっていたのでした。

 

香の想いを受け継ぎ、獠の相棒となるのでした。

 

「エンジェル・ハート」は「シティハンター」の世界観を受け継ぐだけあって、喫茶店「キャッツアイ」も存在し、獠もよく顔を出している場所でもあります。

 

マスターは、傭兵時代に失明したため、常にサングラスを身に着けているファルコン(ブラザートム)という男性が勤めています。

 

このように「エンジェル・ハート」は、「シティハンター」の世界観を受け継ぐエンタテインメントドラマとして放送中です。

 

【テレビ朝日系列】

 

テレビ水曜21時 「相棒 season14」

「相棒 season14」は、10月14日にスタートした、俳優の水谷豊さんと、私としては、まだフジテレビの「GTO」で鬼塚先生を演じていた印象が強い反町隆史さんが新しい相棒として登場することに。

 

優秀なキャリアながらも、その変人ぶりから警視庁内の窓際部署「特命係」に所属している係長の杉下右京(演:水谷豊)が、自身の下についた相棒と共に超人的な推理力・洞察力を駆使して活躍していく刑事ドラマで、今回で第14シリーズを迎えました。

 

season14からは、新しい相棒は法務省キャリア官僚・冠城亘(反町隆史)!

 

つまり、相棒史上初の捜査員でも警察官でもない相棒が誕生したわけです!

 

水谷さん演じる、警視庁の窓際部署「特命係」に所属していた杉下右京は、かつての相棒の甲斐享(成宮寛貴)が逮捕されたために無期限の停職処分となり、ヨーロッパにいたのでした。

 

そんな中、法務省のキャリア官僚・冠城亘(反町隆史)が警視庁に出向してくることに。

 

冠城は、現場に興味があるとの理由から、人事交流で通例の警察庁ではなく、警視庁への出向を希望してきたのでした。

 

冠城は、あるじを失った「旧特命係」を仮住まいとするが、出向組は警視庁ではお客さま扱い。

 

特にやるべき仕事もなく、暇を持て余す毎日を送っていたのでした。

 

そんなある日、自傷事件がたびたび発生していた西多摩刑務所で、受刑者が刑務官を視刺殺した夜、冠城は法務事務次官・日下部彌彦(榎木孝明)に呼び出され、美倉の捜査に参加するよう命じられます。

 

こうして冠城は伊丹(川原和久)らとともに、初めての捜査に参加することになったのでした。

 

取調べを開始した伊丹や冠城に対し、美倉は驚くべきことを語り出しました。

 

なんと「田代が梅津を殺した」と語り「動機は敵討だ」と主張したからです。

 

これに興味を抱いた冠城でしたが、直後に首を傾げることとなります。

 

なぜなら、美倉は「死んだ梅津から田代に殺されたと教えられた」と口にしたからです。

 

美倉の言葉が事実だとすれば、梅津の幽霊が美倉に無念を訴えたのか…?

 

不可思議な謎に頭を悩ませつつ、特命係へ戻った冠城は見知らぬ人物と出会うことに。

 

そこには風変わりな男が座っていました。

 

眼鏡をかけた中肉中背の男で、なぜか神経質そうな素振りを見せている風変わりな男。

 

そう、誰あろう彼こそが杉下右京。

 

右京は、ヨーロッパから古巣である「旧特命係」へと戻って来たのでした。

 

そして、刑務所で発生した事件が無事に解決すると、首席監察官の大河内(神保悟志)が右京を訪ねてやって来ました。

 

久方ぶりの再会にあいさつを交わす右京。

 

そんな右京に大河内は、無期限停職解除の報という贈り物を手渡したのでした。

 

こうして、あらためて特命係の主に復帰した右京。

 

一方、冠城も日下部から許可を得て特命係に残留することとなったのでした。

 

このように、「相棒 season14」は右京と新相棒の冠城により新生特命係が誕生。

 

初回以降も、次々に発生していく難事件を解決していく刑事ドラマとして放送中です。

 

テレビ木曜20時 木曜ミステリー「科捜研の女」 いやー、先ほどご紹介の「相棒」もシリーズとして長く続いているけれど、「科捜研の女」も、テレビ朝日のドラマとしては長いですよね~。

 

それもそのはず、「科捜研の女」は現在の連続ドラマ最長の歴史を誇っているからです!

 

なにしろ、1999年にスタートしてから、数えて今年で17年に突入したそうですからね。

 

第15シリーズがスタートしたことで、主演で女優の沢口靖子さん演じる榊マリコも半年ぶりに帰ってきました!

 

京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員の榊マリコを中心とした、ひと癖もふた癖もある研究員たちが、法医、物理、化学、文書鑑定などの専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿を描く「科捜研の女」シリーズ。

 

第15シーズンでは、「科捜研の女」史上、マリコの最強の敵として、組織犯罪対策課(通称・組対ソタイ)に異動してきた女性刑事、落合佐妃子(池上季美子)が登場します。

 

佐妃子は、所轄署で銃器薬物の摘発を多数成功させてきた優秀な刑事で、京都府警は年々増加しつつある銃器、薬物犯罪への対策強化を掲げ、彼女を府警本部組織犯罪対策第三課(通称・組対三課)に抜擢されたのでした。

 

その手腕から“銃器薬物のクイーン”の異名を誇るほど、やり手の佐妃子。

 

ところが、彼女は事件解決のためならどんな犠牲を払ってもかまわないという歪んだ正義感の持ち主。

 

内部協力者を見殺しにしたり、同僚の刑事を裏切ったりすることも厭わない人物だったのです。彼女の行くところ、草木1本残らない――。

 

そんな冷徹な彼女は“死神”という悪名でも呼ばれていたのでした。

 

そんなマリコと佐妃子が、科捜研では“情報”をめぐって対立します。

 

ある日、マリコが科学を駆使して手に入れた“鑑定結果=真実”を、佐妃子は捜査に必要な“情報”のひとつとして扱い、時にはあえて隠したり、時には改ざんしたりして巧みに利用します。

 

マリコは科学者として歪んだ情報が真実の代わりとなってしまうことを許すことができず、あくまでも科学の力で佐妃子のいびつなやり方と対峙するのです。

 

火花を散らす、マリコVS佐妃子。

  2人の対立は、今後どう激化していくのでしょうか?

 

このように、「科捜研の女」第15シリーズは、久々の2クール(6ヶ月)で、ただいま放送中となっています。

 

テレビ木曜21時 木曜ドラマ「遺産争族」

10月22日からスタートした「遺産争族」は、テレビ朝日の連続ドラマ初主演という、俳優の向井理さんが主演のドラマです。

 

向井さん演じる佐藤育生は、内科医の研修医。

 

女手一つで母親の華子(岸本加世子)に育てられた育生は、公団住宅で母親と2人暮らしをしていました。

 

そんな育生が、あるどしゃ降りの雨の中、緊急呼び出しを受け、見舞いの花や果物で彩られた豪華な個室へ向かうことに。

 

そこには胸を掻きむしって苦しむ、患者であり、葬祭会社の大手「カワムラメモリアル」の代表取締役でもある河村龍太郎(伊東四朗)の姿がありました。

 

そして、龍太郎の長女・陽子(余貴美子)、次女の矢幡月子(室井滋)、三女の凜子(板谷由夏)、月子の一人息子の正春(鈴木浩介)が、心配そうな表情を浮かべながら様子を見守っていたのでした。

 

様々な近代的な葬儀を提案し、業界大手まで登りつめ、業界では“死神”と恐れられるやり手経営者の龍太郎には、溺愛する娘がいます。

 

それが、乗馬クラブのインストラクターで、23歳で結婚するも数ヶ月で離婚しバツイチとなった、河村楓(榮倉奈々)29歳。

 

もちろん楓も、龍太郎が入院している病院に駆け込んでいたのでした。

 

そんな育生と病院の屋上で密かに会う楓。

  実はふたりは龍太郎の病室で出会ったのをきっかけに、密かに交際をスタートさせていたでした。

 

「おじいさんが退院したら、あいさつに行く」

 

育生はそこで、楓との結婚を申し込みに行く決意をしたことを明かします。

 

一時は、葬儀の仕事を終え、病室へやって来た陽子の夫の河村恒三(岸部一徳)が「覚悟しておいたほうがよさそうだ」とつぶやいたほど危ない状態だった龍太郎。

 

しかし数日後、龍太郎はすっかり元気になり、退院したのでした。

 

そしてその晩、河村家で退院祝いが開かれることに。

 

すると楓はそこで、家族に育生をあらためて紹介しようと考え、退院祝いの場に育生が現れたのでした。

 

突然の育生の登場に驚きを隠せない一同。さらにそこで育生の医師としての“闘わない”生き方を聞かされ、微妙な空気が生まれてしまうことに…。

 

「万事休す」と思ったその時、恒三からある提案が。

 

日を改め、育生の母と一緒に食事をしようという恒三の言葉に喜ぶ楓たちだったが、恒三は何かを企むような顔を…。

 

なんと恒三は育生を河村家の婿として迎えたいと申し出たのでした!

 

思いもよらぬ申し出に育生も華子も唖然…! 幸せを目前にした育生と楓は、とてつもない高い壁に阻まれることとなります。

 

こうして育生は、結婚を機に婿入りし、河村家に引っ越すことに。

 

つまり、佐藤育生→河村育生となったのでした。

 

そう、遺産相続問題が勃発することになる大家族に育生が婿入りしたことで、今後は、遺産を巡っていがみあい、策を巡らせ合う、欲望にまみれた一族の中に、育生も「遺産相続」ならぬ「遺産争族」に巻き込まれてしまうことになっていくのです。

 

このように、「遺産争族」は、「結婚」「家族」「遺産相続」といった、いつの時代にもかかわってくる普遍的な家族問題と、現代世相の風刺を絡ませて描くホームドラマとして放送中です。

 

 

ということで、以上2015年10月スタートの新ドラマの記事をお送りいたしました。 (82)

この記事は、2014年8月20日に更新の、2015年7月、TBSテレビ、フジテレビ、日本テレビ、テレビ朝日の夏の新ドラマがスタート!の続きの内容でもあります。

 

さて、2015年も10月を過ぎたことで、TBSテレビ(以下、TBS)、フジテレビ、日本テレビ(以下、日テレ)、テレビ朝日による10月からの秋の新ドラマが、先週よりひと通り出揃ったようです。

 

そこで、夏ドラマに続き、テレビ東京をのぞく、キー4局による20時~21時までと、22時30分からスタートしている日テレの日曜ドラマ枠での新ドラマについても書いてみることにしました。

 

はじめに、今月10月にスタートした、TBS、フジテレビ、日テレ、テレビ朝日の新ドラマは次のようになっていましたので、まずはそちらからご紹介したいと思います(参考までに、前ドラマのタイトルも記載しています)。

 

なお、以前までこの記事では新ドラマとして、タイトルをクリックすると、それぞれの公式サイトにアクセスできるようリンクを貼っていましたが、終了したことで外しています。

 

ただし、テレビ朝日の「相棒 season14」と「科捜研の女」のドラマについては、他局の秋ドラマ終了後も続いていますので、リンクはそのままにしています。

 

さらに、以前まで「37.5℃の涙」が放送されていた、TBSの木曜21時のドラマ枠は、20時より「モニタリング」が2時間のレギュラー番組でスタートしたことにより、現時点では廃枠となっています。

 

 

【TBS系】

 

火曜22時 「結婚式の前日に」(前「ホテルコンシェルジュ」)

主演:香里奈

 

金曜22時 「コウノドリ」(前「表参道高校合唱部!」)

主演:綾野剛

 

日曜21時 「下町ロケット」(前「ナポレオンの村」)

主演:阿部寛

 

【フジテレビ系】

 

月曜21時 「5→9 ~私に恋したイケメンすぎるお坊さん~」(前「恋仲」)

主演:石原さとみ

 

火曜22時 「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」(前「HEAT」)

主演:松坂桃季

 

水曜22時 「無痛 ~診える眼~」(前「リスクの神様」)

主演:西島秀俊

 

木曜22時  「オトナ女子」(前「探偵の探偵」)

主演:篠原涼子

 

【日テレ系】

 

水曜22時 「偽装の夫婦」(前「花咲舞が黙ってない」)

主演:天海祐希

 

土曜21時  「掟上今日子の備忘録」(前「ど根性ガエル」)

主演:新垣結衣

 

日曜22時30分  「エンジェル・ハート」(前「デスノート」)

主演:上川隆也

 

【テレビ朝日系】

 

水曜21時 「相棒 season14」(前「刑事7人」)

出演:水谷豊・反町隆史

 

木曜20時 「科捜研の女」(前「最強のふたり~京都府警 特別捜査班~」)

主演:沢口靖子

 

木曜21時 「遺産争族」(前「エイジハラスメント」)

主演:向井理

 

 

ということで、あくまでも20時~22時30分にかけて、キー4局でスタートした2015年秋の新ドラマについて、まずは一覧でご紹介いたしました。

 

次の記事では、もう少し2015年の秋ドラマについて書いてみたいと思います。 (81)

この記事は、2015年8月10日に更新の、2015年7月、TBSテレビ、フジテレビ、日本テレビ、テレビ朝日の夏の新ドラマがスタート! の続きの内容となります。

 

では、2015年7月にスタートした、TBSテレビ、フジテレビ、日本テレビ、テレビ朝日の20時~22時にかけての夏の新ドラマについて、もう少し書いてみることにしましょう。

 

新ドラマとはいえ、すでにこの時点で第5話、あるいは第6話を迎えているドラマもあったりしますが、まあそこは、いつものようにあまり気にしないでまいりたいと思います(苦笑)。

 

【TBS系】

 

テレビ火曜21時 火曜ドラマ「ホテルコンシェルジュ」

「ホテルコンシェルジュ」は、7月7日より放送されている、モデル、女優、歌手と幅広く活躍している西内まりやさんの連続ドラマ初出演となるドラマでもあります。

 

ある夏の朝、外資系ホテル「ホテルフォルモント」のロビーを、西内さん演じる天野塔子が意気揚々と歩いていました。

 

彼女は今日から、「ホテルフォルモント」の職場で、ホテルコンシェルジュとしての新たな仕事を始めることになります。

 

天野塔子は、料飲部に配属され、3年間のレストラン勤務を経て、念願のコンシェルジュに抜擢された新米コンシェルジュ。

 

やや短慮な性格から仕事で失敗することが多く、幹部からは辛辣な評価をされていました。

 

しかし、コンシェルジュとして、お客様の悩みと心に真摯に向き合う一途な姿勢を崩さない一生懸命さから、徐々に信頼を勝ち取っていくことになります。

 

ネットのユーザーさんからは、かつて故・石ノ森章太郎さん原作で、1990年~2002年にかけて、全第5シリーズとスペシャル版を含めTBSで放送された、俳優の松方弘樹さん主演の「HOTEL」のドラマと「ホテルコンシェルジュ」が似ているという指摘がありました。

 

たしかに天野は、俳優の高嶋政伸さん演じる、ベルボーイの赤川一平をイメージさせるところがありますし、お客様の悩みと心に真摯に向き合う点も似ていたりしますね。

 

何よりも、ホテル内で毎回のように何かしらの事件が起きるのもそっくりだったりします。

 

「ホテルコンシェルジュ」は、新人の女性コンシェルジュの天野をはじめ、個性豊かなホテルマン&ホテルウーマンが、お客様からの様々なトラブルを解決していく姿を1話完結で描くドラマとなっています。

 

テレビ木曜21時 木曜ドラマ劇場「37.5℃の涙」

7月9日にスタートした「37.5℃の涙」は、下のリンクでもご紹介の、漫画家の椎名チカさん原作のテレビドラマ。

 

女優の蓮佛美沙子さんによる、民放ドラマ初主演のドラマでもあります。

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】37.5℃の涙(1) [ 椎名チカ ]

 

37.5℃の涙 全巻セット(1巻~4巻) 椎名チカ

 

蓮佛さん演じる杉崎桃子の職業は保育士ですが、前の保育園では、ぎこちない笑顔がゲインで保護者とコミュニケーションがとれず、1年でクビになったという苦い経験がありました。

 

その桃子を、ふたたび保育士として採用したのは、訪問型の病児保育を提供する「リトルスノー」の共同経営者である朝比奈元春(成宮寛貴)。

 

そこで桃子は、病気の子供をお世話する病児保育士として働くことになったのでした。

 

「37.5℃の涙」のドラマにおける37.5℃とは、子供が保育園に行ける体温のボーダーラインであるそうです。

 

たとえば、子供が熱を出しても保育園には預けられない。

 

病気の子供を置いて仕事には行けない。

 

でも働かなくては生きていけない…。

 

このような、身動きの取れない親たちに手を差し伸べる存在が病児保育士の役割でもあったのでした。

 

「37.5℃の涙」は、そのような病児保育士を主人公にしたドラマとなっています。

 

テレビ金曜22時 金曜ドラマ「表参道高校合唱部!」

「表参道高校合唱部」は、7月17日にスタートした、私としては初めて存在と名前を知った、女優の芳根京子さん初主演の連続ドラマです。

 

舞台は、東京・原宿の表参道にある「表参道高等学校」。

 

高校には合唱部があり、合唱の名門校でもありましたが、実は廃部寸前の危機に立たされていたのでした。

 

また、この高校の生徒間には、上位から「1軍」「2軍」「圏外」という区分が存在し、合唱部を含む「圏外」生徒は、オタクや不登校生徒が属することに。

 

そのため、上位生徒から関わりを避けられる空気があったのでした。

 

そんな中、香川県から転校してきたのが、芳根さん演じる香川真琴。

 

なんでも、両親の離婚危機で母の実家がある東京に引っ越すことになり、表参道高校に転校したそうです。

 

地元の高校では合唱部に所属していました。

 

その香川真琴の合唱に対する熱意と、廃部寸前にあった合唱部の活動を復興させるべく、合唱部員たちが合唱部の立て直しに奔走する姿を描いたのが「表参道高校合唱部!」のドラマとなっています。

 

テレビ日曜21時 日曜劇場「ナポレオンの村」

7月19日にスタートした「ナポレオンの村」は、下のリンクでもご紹介の書籍にありますように、科学ジャーナリストで、日蓮宗僧侶、立正大学客員教授でもある高野誠鮮(じょうせん)の『ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?』を原案にしたドラマ。

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】ローマ法王に米を食べさせた男 [ 高野誠鮮 ]

 

主演は、俳優の唐沢寿明さんです。

 

唐沢さん演じる浅井栄治は、東京オリンピックのプロジェクトにかかわるなど、やり手の職員として、庁内では有名な東京都庁職員でもあります。

 

そんな浅井が、「役人は役に立ってこそ“役人”である」という確固たる信念のもと、東京都西部の限界集落である「星河市神楽村」の立て直しのために、星河市に赴任することになりました。

 

浅井が暴走しないよう、市長から監視役を命じられている、星河市役所農林商工課職員の岬由香里(麻生久美子)という女性も登場します。

 

かつて、

 

「余の辞書に不可能はない」

 

と、かつてフランスに名言を残したのは、偉大な英雄であるナポレオン。

 

しかし浅井は、

 

「この村の辞書に不可能という文字はない」

 

と、ナポレオンばりの合言葉と、不可能を可能に変える底知れぬバイタリティーを持っていたのでした。

 

「ナポレオンの村」は、浅井の類まれな行動力と奇抜なアイデアで、限界集落が蘇っていく爽快なサクセスストーリーのドラマでもあります。

 

なお、岬由香里役の麻生久美子さんは、今回がなんとTBSの連続ドラマ出演が19年ぶりでもあったそうです!

 

【フジテレビ系】

 

テレビ月曜21時 「恋仲」

7月20日よりスタートの月9ドラマ「ようこそ、わが家へ」は、月9初主演となる、俳優の福士蒼太さん主演のドラマです。

 

スタート前のスポットCMでは、「この夏一番あつくて切ない王道ラブストーリー!!」 として宣伝されていましたね。

 

東京の小さな建築事務所のアシスタントとして、うだつのうがらない日々を過ごしている、福士さん演じる三浦葵は、妹の七海(大原櫻子)とマンションで2人暮らし。

 

元カノの冴木瑠衣子(市川由衣)にも甲斐性のなさからふられるなど、仕事同様恋愛もうまくいっていない、踏んだり蹴ったりの毎日を送っていました。

 

そんな葵が、ある夏の日に、葵の初恋の相手で幼なじみの芹沢あかり(本田翼)と、7年ぶりとなる運命の再会を果たします。

 

学生時代は、当たり前のように毎日一緒だった2人。

 

しかし、あかりは高校3年生の花火大会の夜、突然葵の前から姿を消してしまったのでした。

 

胸の奥に秘め、決して忘れることのできなかった思いは、突然の再会で葵の心を突き動かします。

 

しかし、彼女の隣には、葵の親友だった蒼井翔太 (野村周平)の姿が。

 

しかも翔太は、あかりの彼女として現れたのでした。

 

字は違えども、同じ2人の「あおい」でもあるわけです。

 

第1話では、いまからそう遠くない未来で、とあるチャペルで結婚式が行なわれ、新婦はあかり。

 

しかし、夫となる新郎の姿はまだありませんでした。

 

実はそのころ、葵はチャペルに向かって猛ダッシュ。

 

新幹線の駅に降り立った翔太もチャペルへと急いでいました。

 

つまり、1人は花婿として、もう1人が友人代表として、それぞれ結婚式に出ることになっているのです。

 

実際の最終回の結末はどうなるかわからないものの、「恋仲」の第1話では、2人の“あおい”のどちらかがあかりと結婚するまでの物語と紹介されていました。

 

テレビ火曜22時 「HEAT」

7月7日からスタートしている「HEAT」は、まだ「GTO」の鬼塚先生のイメージがある、EXCILEのAKIRAさん主演のドラマでもあります。

 

不動産会社「クローバー都市開発」に勤務する、AKARAさん演じる池上タツヤは、再開発プロジェクトを進行していた南臨海市をライバルである濱田直紀に横取りされ、新たな候補地を、東京の西南部に位置する地方都市の幸多市(さちおおし)に決めました。

 

しかし幸多市には再開発に反対する住民が多く、困惑するタツヤの前に現れたのは、幸多市消防団第11分団のリーダー・安住咲良(あずみさくら・栗山千明)。

 

咲良と出会いを機に、地権者たちの個人情報を手に入れるべく、タツヤは素性を隠して消防団に入団することに。

 

しかし入団すると、待っていた仕事はペットの捜索など小さなものばかり。

 

第11分団は、消防団として住民に信用されていなかったのでした。

 

「HEAT」は、消防団を舞台にしたのは、本作が史上初となるドラマでもあります。

 

テレビ水曜22時 水曜劇場「リスクの神様」

7月8日にスタートした「リスクの神様」は、意外にもフジテレビのドラマが初主演でもあった、俳優の堤真一さんが主演のドラマです。

 

日本最大の商社「サンライズ物産」は、新たに危機対策室を設立することに。

 

その危機対策室長として呼ばれたのは、アメリカで数々のリスクを解決し、「リスクの神様」とまで言われた、堤さん演じる西行寺智でした。

 

その頃、サンライズ物産と生島電気との間で立ち上げた合弁会社にて「LIFE」プロジェクトがスタートします。

 

しかし「LIFEバッテリー」を搭載した掃除機に重要な欠陥が見つかり、電機部主任・神狩(かがり)かおり(戸田恵梨香)は責任をとらされることに。

 

社内で行き場を失う神狩を、西行寺は危機対策室に迎え入れ、あらゆる危機、リスクについて対策を行なっていくのでした。

 

このように、「リスクの神様」は、企業を守る危機管理専門家たちの活躍を描く、硬派な本格社会派ドラマとなっています。

 

テレビ木曜22時 木曜劇場「探偵の探偵」

7月9日にスタートした「探偵の探偵」は、原作が、小説家の松岡啓祐さんの推理小説「探偵の探偵」のドラマとなっています。

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】【夏の文庫キャンペーン2015】探偵の探偵 [ 松岡圭祐 ]

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】【夏の文庫キャンペーン2015】探偵の探偵(2) [ 松岡圭祐 ]

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】【夏の文庫キャンペーン2015】探偵の探偵(3) [ 松岡圭祐 ]

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】探偵の探偵(4) [ 松岡圭祐 ]

 

女優の北川景子さんのフジテレビ連続ドラマ初主演であり、初の探偵役で本格的アクションにも挑戦したドラマです。

 

北川さん演じる紗崎玲奈(ささきれな)は、亡き妹のため命がけで探偵を追う探偵。

 

容姿端麗、頭脳明晰で、記憶力が以上によく、物事を総合的に判断して最適な行動を選択することができる能力の持ち主でもあります。

 

一方で、実妹の死にまつわる残酷な過去をきっかけに、「探偵のすべてを知りたい、でも探偵にはなりたくない」という奇抜や希望を以って、玲奈は、中堅調査会社スマ・リサーチ社が併設する「探偵養成所スマPIスクール」に入学。

 

同社が経営するPIスクール(探偵学校)で2年間にわたる修行を経て、2013年4月に同社に入社します。

 

以降、新設された悪徳探偵業者を調査・追及する「対探偵課」において、たったひとりの調査員として切り盛りする、孤独な女探偵として活動していくのでした。

 

「探偵の探偵」は、悪徳探偵専門の探偵として、紗崎玲奈が活躍する連続ドラマとなっています。

 

【日テレ系】

 

テレビ水曜22時 水曜ドラマ「花咲舞が黙ってない」

「花咲舞が黙ってない」は、7月8日にスタートしたドラマですが、実は2014年4月16日~6月18日にかけて、同じタイトルの「花咲舞が黙ってない」のドラマが全10回で放送されたことがあったのでした。

 

なので、通常であれば続篇ということで「続」あるいは「新」を付けるところですが、第1シリーズと同じく、新ドラマも「花咲舞が黙ってない」となっていたのでした。

 

でも、あくまでも「花咲舞が黙ってない」の第2シリーズですからね。

 

原作は、下のリンクでもご紹介の、小説家の池井戸潤さんの経済小説『不祥事』『銀行総務特命』。

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】【夏の文庫キャンペーン2015】不祥事新装版 [ 池井戸潤 ]

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】【夏の文庫キャンペーン2015】銀行総務特命新装版 [ 池井戸潤 ]

 

主演は、第1シリーズにひき続き、女優の杏さんです。

 

杏さん演じる花咲舞は、東京第一銀行の支店統括部臨店班(臨店班とは、問題を起こした支店へ直接出向き、業務指導し問題解決を図る部署のこと)。

 

かつて赤坂支店、中野支店でも明るく親切なテラー(窓口担当者)として同僚や顧客から人気があった舞でしたが、突然臨店班に異動を命じられるになりました。

 

不正行為やメガバンク独自の理不尽な慣習の犠牲になる人々を見過ごす事ができずに、間違っていると思った事は徹底的に追及する舞。

 

しかし行員の粗探しをするような臨店の仕事には戸惑いを感じていて、時に悩むことも。

 

納得いかない命令に反論するときは、「お言葉を返すようですが」と切り出す面もあったりします。

 

かつては舞の上司だった、上川隆也さん演じる相馬健とは、いまや臨店班でコンビを組む仲に。

 

それでも、言いたいことをすぐ口に出す舞の暴走には、相馬も日々手を焼いているようでした。

 

「花咲舞が黙ってない」第2シリーズは、東京第一銀行の臨店班、花咲舞と相馬健のコンビが、銀行内の様々なトラブルを解決してゆくドラマとなっています。

 

テレビ土曜21時 土曜ドラマ「ド根性ガエル」

かつて、1972年~1974年まで、朝日放送で放送されていた、漫画家の吉沢やすみさん原作のテレビアニメ「ド根性ガエル」(全103話)。

 

その後、1981年9月7日~1982年3月29日まで、今度は日本テレビでアニメ「新・ど根性ガエル」(全30話)として放送されたのでした。

 

「ド根性ガエル」が実写版でドラマ化されることについては、以前よりネット上で明らかとなり、賛否両論を含め話題となっていたのでした。

 

そこで発表されていたのは、実写版「ド根性ガエル」の主人公のひろし役として、俳優の松山ケンイチさんが演じるということ。

 

そして、7月11日に「ど根性ガエル」のドラマがスタートしたことで、

 

ひろしの母親:薬師丸ひろ子

吉沢京子:前田敦子

五郎:勝地涼

五利良イモ太郎(ゴリライモ): 新井浩文

佐川梅三郎(梅さん):光石研

山中ヨシコ(ヨシコ先生):白羽ゆり

町田先生:でんでん

 

など、主要な登場人物が明らかとなってきたのでした。

 

原作の時代設定が1970年代だったのに対し、ドラマ版は2015年が舞台に。

 

ひろしも30歳となり、一時はニートのような毎日を送っていたもののの、ある騒動をきっかけに、ゴリライモが社長を務めるパン工場「ゴリラパン」で働くことに。

 

一方で、離婚し、バツイチとなって戻ってきたことで、両親はすでに他界し、いまは祖母と暮らしている、女優の前田敦子さん演じる京子ちゃんに、ひろしがプロボースしては玉砕していたのでした。

 

そして、スポットCMのときから、そのCGのクオリティの高さで注目していた、平面ガエルのピョン吉。

 

しかも、ピョン吉の声を担当していたのは、女優の満島ひかりさんなんですが、これが、かつてアニメ版のピョン吉の声を担当していた千々松幸子さんに負けじと劣らぬクオリティの高さが、ネット上で話題となっていたのでした!

 

このように、土曜ドラマ「ど根性ガエル」は、原作から16年後の後日談という設定のオリジナルストーリーで、30歳になったひろしとピョン吉の姿を中心に描いたドラマとなっています。

 

テレビ日曜22時30分 日曜ドラマ「デスノート」

7月5日にスタートした「デスノート」は、2006年に公開された実写映画版、2015年のミュージカル版に続き、今回初めて実写テレビドラマ化されました。

 

主演は、窪田正孝さんです。

 

「デスノート」の主人公で、窪田さん演じる夜神月(やがみライト)は、居酒屋でアルバイトをしながら公務員を目指している、ごく平凡な大学生。

 

過去に母親を亡くした際に、父親が仕事に追われていたことから、父親に確執を持っており、世の中を斜に見ていたのでした。

 

ある日のこと、月は、親友の鴨田が高校時代の同級生・佐古田に恐喝される現場に遭遇。

 

恐喝をやめさせようとするも、力なく為す術もなかった月は、自分の無力さを知り、「力が欲しい」と願うのでした。

 

すると、そんな月の頭上に、夜空からDeath Note(以下、デスノート)と表紙に書かれた黒いノートが落ちてきました。

 

「名前を書かれた人間は死ぬ」という、裏表紙の記述に呆れながれも、ついデスノートに佐古田の名前を書いてしまった月。

 

そして翌日、佐古田が死亡したという知らせが入ったことで、月はそれが本当に人間を殺せるノートであったと知るのでした。

 

月にデスノートを預ける「黒い死神」リュークについては、実写版では俳優さんが演じるのではないかと思いましたが、実際は声とモーションアクターという形になっていましたね。

 

「デスノート」は、名前を書いた人間を死なせることができる死神のノート「デスノート」を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・L(エル・山崎賢人)たちによる頭脳戦を描いたドラマとなっています。

 

【テレビ朝日系列】

 

テレビ水曜21時 「刑事7人」

「刑事7人」は、7月15日にスタートした、少年隊の東山紀之さん主演の連続ドラマ。

 

「水9」と呼ばれているテレビ朝日の水曜午後21時の時間枠のドラマとしては、東山さんは初主演となるそうです。

 

「警視庁捜査一課12係」に所属する、東山さん演じる天樹悠は、事件とは一見無関係かと思われる「時間」にこだわる風変りな刑事。

 

警視庁遺失物センターから、「刑事の墓場」と揶揄される警視庁捜査一課12係に異動となったのでした。

 

そこには、天樹以外に、次の6人の刑事が登場します。

 

沙村康介:高嶋政伸

山下巧:片岡愛之助

永沢圭太:鈴木浩介

水田環(たまき):倉科カナ

片桐正敏:吉田鋼太郎

堂本俊太郎:北大路欣也

 

このうち、北大路さん演じる堂本俊太郎は。厳密に言うと刑事ではなく、法医学教授で、悠の義父でもあるとのこと。

 

それでも、刑事7人のメンバーとなっていたのでした。

 

「刑事7人」は、警視庁捜査一課12係で出会った同僚らと反発しながら徐々に絆を深めて行き、7人の刑事が難事件を解決していく物語となっています。

 

テレビ木曜20時 木曜ミステリー「最強のふたり~京都府警 特別捜査班」

7月16日にスタートした「最強のふたり~京都府警 特別捜査班」は、俳優の橋爪功さんと、女優の名取裕子さんとのW主演のドラマです。

 

橋爪さん主演のテレビ朝日のドラマといえば、「京都迷宮案内」の新聞記者である杉浦恭介役。

 

名取さん主演のテレビ朝日のドラマといえば「京都地検の女」で、検事の鶴丸あやと、いずれも木曜ミステリーの大ヒットドラマとして知られています。

 

なんだか、この2つのドラマの主演を務めていた、ミステリードラマの2台巨頭とも言える橋爪さんと名取さんの2人が共同主演するだけでも最強のように感じますね。

 

「京都府警捜査一課 夏木班」に所属の、橋爪さん演じる東雲尋八は、嘱託刑事として、定年退職後に夏木班に復帰。

 

いわば出戻り刑事となるのですが、飄々とした、つかみどころのない男性でもあります。

 

けれど、長年の捜査活動で培った多くの情報源を持っており、フラフラと街に出かけては、事件とは直接関係ないと思われる情報を次々と集めてくるといった一面を持っています。

 

もう1人の、名取さん演じる夏木朝子は、数々の部署を渡り歩いてきた経験から、警察内に多くのファンがいる人気者。

 

夏木班の班長で警部でもあります。

 

朝子は、そのファンである警察内の味方たちをうまく動かし、捜査経験が少ないことを利用して大胆な捜査を遂行するのでした。

 

酸いも甘いも噛み分けた、いい年齢を武器にしたとも言える、若い主人公にはできない、朝子のような、署内の味方を自在に使った“王道捜査”と、尋八のような、外のネットワークをフル活用した“脇道捜査”。

 

その2つが重なり合ったとき、通常の捜査ではたどり着けない、解決の一歩先にある知られざる真実が浮かび上がってくるのかもしれない。

 

「最強のふたり~京都府警 特別捜査班」は、そんな痛快ミステリーとなっています。

 

テレビ木曜21時 木曜ドラマ「エイジハラスメント」

7月9日からスタートした「エイジハラスメント」は、内館牧子さんの著書『エイジハラスメント』原作となっています。

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】エイジハラスメント [ 内館牧子 ]

 

内館さんにはいくつか肩書きがある中で、一般的に知られているのは脚本家で作家。

 

当時は女性唯一だった、元横綱審議委員会委員でもあった方ですよね。

 

主演は、女優の武井咲さんです。

 

そのためか、マスコミおよび公式サイトでは、「武井咲×内館牧子待望の初タッグ!」と大々的に紹介されていました。

 

「若くて美しい新入社員」への差別やいじめをテーマにした「エイジハラスメント」のエイジハラスメントとは、いまだ日本企業にはびこる年齢差別のこと。

 

総合商社「帝都物産」の新入社員であり、武井さん演じる吉井英美里がヒロインとなっています。

 

英美里は、意欲、能力、向上心にあふれるうえに、若さと美貌を併せ持った新人OL。

 

しかし、希望していた繊維部門の配属は叶わなかったばかりか、“女性起用”は口先だけの旧体質な総務部へ配属されてしまいます。

 

総務部が英美里に求めるのは、若さと美しさだけ。

 

しっかり働き、ゆくゆくは役員になりたいという高い志と目標を持っていた英美里の夢はあっさりと打ち砕かれてしまったのでした。

 

課長職以下の事務系社員が対象となる制服の着用を義務付けられた、英美里の総務部の仕事といえば、電球の交換から名刺発注といった、いわば社内の“なんでも屋”。

 

それでも、実家の借金を返す使命があるらしく、それを胸に、言われた仕事はきちんとこなしていきます。

 

若さと美貌を持つがゆえに、ただ笑顔を見せるだけでも、男性社員からチヤホヤされる英美里。

 

そのため、あっという間に年上の女性社員の嫉妬の対象となるばかりか、OLたちとのランチや会合は常にパスをしていることから、“和を乱す”存在として目を付けられてしまいます。

 

また、女性初の総務課長で、まだフジテレビのドラマ「書店ガール」の西森理子役の印象が残っている、女優の稲森いずみさん演じる大沢百合子にとって、英美理の存在は百合子の神経を何かと逆なでするものでもあったのでした。

 

英美里には決めゼリフがあり、それがなんと、「テメェ、五寸釘ぶちこむぞ」でもありました!

 

総務部で、あらゆる煮え湯を飲まされ、耐え忍ぶ日々を送る英美里でしたが、ついに限界のときが訪れ、会社の旧態依然 とした体質に反旗を翻すことを決意。

 

そして、理路整然と年齢差別やいじめに立ち向かい、やがては“総務の女王”と噂されるほど自由闊達に働き始めることになるのでした。

 

そんな、新人OLを狙う差別や、嫉妬、いじめに、吉井が敢然と立ち向かうドラマが「エイジハラスメント」でもあります。

 

 

ということで、以上2015年7月スタートの新ドラマの記事をお送りいたしました。 (122)

この記事は、2014年5月2日に更新の、2015年4月、TBSテレビ、フジテレビ、日本テレビ、テレビ朝日の春の新ドラマがスタート! 日テレでは日曜ドラマも!の続きの内容でもあります。

 

さてさて、2015年も7月を過ぎたことで、TBSテレビ(以下、TBS)、フジテレビ、日本テレビ(以下、日テレ)、テレビ朝日による7月からの夏の新ドラマが、先週よりひと通り出揃ったようです。

 

そこで、春ドラマに続き、テレビ東京をのぞく、キー4局による20時~21時までだったところを、春より、22時30分からスタートしている日テレの日曜ドラマ枠での新ドラマについても書いてみることにしました。

 

はじめに、今月7月にスタートした、TBS、フジテレビ、日テレ、テレビ朝日の新ドラマは次のようになっていましたので、まずはそちらからご紹介したいと思います(参考までに、前ドラマのタイトルも記載しています)。

 

なお、新ドラマのタイトルをクリックすると、それぞれの公式サイトにアクセスできます。

 

【TBS系】

 

火曜22時 「ホテルコンシェルジュ」(前「マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜」)

主演:西内まりや

 

木曜21時 「37.5℃の涙」(前「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」)

主演:蓮佛美沙子

 

金曜22時 「表参道高校合唱部!」(前「アルジャーノンに花束を」)

主演:芳根京子

 

日曜21時 「ナポレオンの村」(前「天皇の料理番」)

主演:唐沢寿明

 

【フジテレビ系】

 

月曜21時 「恋仲」(前「デート〜恋とはどんなものかしら〜」)

主演:福士蒼汰

 

火曜22時 「リスクの神様」(前「戦う!書店ガール」)

主演:福士蒼汰

 

水曜22時 「探偵の探偵」(前「心がポキッとね」)

主演:北川景子

 

木曜22時  「医者たちの恋愛事情」(前「問題のあるレストラン」)

主演:斉藤工

 

【日テレ系】

 

水曜22時 「花咲舞が黙ってない」(前「Dr.倫太郎」)

主演:

 

土曜21時  「ど根性ガエル」(前「ドS刑事」)

主演:松山ケンイチ

 

日曜22時30分  「デスノート」(前「ワイルド・ヒーローズ)

出演:窪田正孝

 

【テレビ朝日系】

 

水曜21時 「刑事7人」(前「新・警視庁捜査一課9係」)

主演:東山紀之

 

木曜20時 「最強のふたり~京都府警 特別捜査班~」(前「出入禁止の女~事件記者クロガネ~)

主演:橋爪功・名取裕子

 

木曜21時 「エイジハラスメント」(前「京都人情捜査ファイル」)

主演:武井咲

 

 

ということで、あくまでも20時~22時30分にかけて、キー4局でスタートした2015年夏の新ドラマについて、まずは一覧でご紹介いたしました。

 

次の記事では、2015年夏の新ドラマについてもう少し書いてみたいと思います。 (122)

この記事は、2015年5月2日に更新の、2015年4月、TBSテレビ、フジテレビ、日本テレビ、テレビ朝日の春の新ドラマがスタート! 日テレでは日曜ドラマも!の続きの内容となります。

 

では、2015年4月にスタートした、TBSテレビ、フジテレビ、日本テレビ、テレビ朝日の20時~22時にかけての冬の新ドラマについて、もう少し書いてみることにしましょう。

 

新ドラマとはいえ、すでにこの時点で第5話、あるいは第6話を迎えているドラマもあったりしますが、まあそこは気にしないでまいりたいと思います(苦笑)。

 

【TBS系】

 

テレビ火曜21時「マザー・ゲーム~彼女たちの階級」

「マザー・ゲーム~彼女たちの階級」は、4月14日より放送されている、連続ドラマ初出演の女優の木村文乃さんが、バツイチ・シングルマザー役に初挑戦のドラマでもあります。

 

弁当屋を立ち上げるため、祖父の家で多忙な毎日を送る、木村さん演じる、主人公のバツイチ・シングルマザーである蒲原希子は、仕事をするため、5歳の息子・陽斗を預ける保育園を探しています。

 

けれど、保育園児童待機の問題で区役所で断られてしまうなど、なかなか見つからずにいました。

 

そんな中、奈良岡フネ(室井滋)という女性の誘いで、彼女が園長を務めるしずく幼稚園のに入園を決めることに。

 

ところが、そこは登園時には高級外車がプチ渋滞を起こし、高級ブランドを身につけた富裕層が集まる名門幼稚園だったのでした。

 

それでも希子は、しずく幼稚園で待ち構える様々な困難に立ち向かっていくことに。

 

東京近郊の名門幼稚園を舞台に、バツイチでシングルマザーの希子とセレブ主婦たちの友情と葛藤を描いたヒューマンドラマとなっていたのでした。

 

テレビ木曜21時 木曜ドラマ劇場「ヤメゴク~ヤクザ辞めさせていただきます~」

4月16日にスタートした「ヤメゴク~ヤクザ辞めさせていただきます~」は、元AKB48の大島優子さんが連続ドラマ初主演を務めています。

 

日本の警察に現実に存在するという、組織犯罪対策部(マル暴)内の「暴力団離脱者相談電話」(通称・足抜けコール)。

 

大島さん演じる、主人公の永光麦秋(ながみつばくじゅう)という名前の女性は、警視庁が設置した「足抜けコール」係に勤務する女性刑事。

 

「足抜けコール」係は、ヤクザの世界から一般社会に戻りたい人を手助けするためにある組織でもあります。

 

永光は、その足抜けコール相談担当員で、階級は巡査部長(愛称はバク)。

 

かつては天真爛漫な新人警官でしたが、ある出来事をきっかけに、ヤクザを心底憎む様になってからは、冷酷非情な性格へと変貌すします。

 

そのため、少しでもヤクザに利益供与する者に対しては、たとえカタギであろうと情け容赦なく制裁を加える一面もあるのでした。

 

その警視庁内の“足抜けコール”を舞台に、ヤクザを堅気に戻すため、巨大な的な自分の身ひとつて立ち向かっていく主人公の葛藤と成長、周囲の人間模様を描く刑事ドラマでもあります。

 

テレビ金曜22時 金曜ドラマ「アルジャーノンに花束を」

「アルジャーノンに花束を」は、4月10日に放送がスタートした、山下智久さん主演のドラマでもあります。

 

原作は、下のリンクでもご紹介の書籍で、世界的ベストセラー、ダニエル・キイス著『アルジャーノンに花束を』。

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】アルジャーノンに花束を新版 [ ダニエル・キイス ]

 

そこに脚本家の野島伸司さんがエッセンスを加え、現代版「アルジャーノンに花束を」を誕生させたということです。

 

山下さん演じる、主人公の白鳥咲人は、年齢は28歳ですが、知能は6歳並みの知的障害者。

 

周囲の人間のからかいまで友情の証と受け取る、人のいい好青年で、過去に少年刑務所に入っていたなど、かなり訳ありな若者たちが集まる「ドリームフラワーサービス」という花の配送センターで働いています。

 

純粋で心の優しい咲人の夢は、ママが好きになってくれる“お利口さん”になることでもありました。

 

一方で、「脳生理科学研究センター」では、白いネズミのアルジャーノンへの知的能力向上の動物実験が成功。

 

次なる臨床試験の被験者を捜していたのでした。

 

母親に喜んでほしい、みんなと対等になりたいという思いから賢くなりたいとずっと願っていた咲人。

 

白いネズミのアルジャーノンの実験の次のステップとなる、人体への臨床実験において、咲人はある日、白いネズミと同じ知的能力を向上させる脳手術を受けることになるのでした。

 

「アルジャーノンに花束を」は、咲人が、「脳生理化学研究センター」で知能能力を向上させる実験を受けた、白いネズミの「アルジャーノン」との出会いをきっかけに、知能を飛躍的に向上させる手術を受けることに。

 

手術によって天才的な知能を手に入れ、いままで見えていないことが見えるようになったことで、愛や憎しみ、喜びや孤独を知ることになる姿を描いた、人間の心を知るドラマとなっています。

 

もうひとつ、「アルジャーノンに花束を」については、かつて関西テレビとMMJ(メディアミックスジャパン)の制作で、2002年10月8日~12月17日にかけて火曜22時の時間帯で全11回にわたって放送されたことがありました。 ただし、主人公の名前は白鳥咲人ではなく藤島ハルに。

俳優でタレントのユースケ・サンタマリアさんが演じていました。

 

テレビ日曜21時 日曜劇場「天皇の料理番」

4月26日にスタートした「天皇の料理番」の原作は、下にご紹介のリンクの上下巻の書籍にもありますように、直木賞作家・杉森久英さんの『天皇の料理番』です。

 

 【楽天ブックスならいつでも送料無料】天皇の料理番(上) [ 杉森久英 ]

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】天皇の料理番(下) [ 杉森久英 ]

 

TBSの60周年特別企画として、日曜劇場で放送中の「天皇の料理番」。

 

けれど、実は「天皇の料理番」は、

 

1980年版:1980年10月19日~1981年3月22日(全19回)

主演:堺正章(秋山篤蔵)

 

1993年版:1993年2月8日「月曜ドラマスペシャル」

主演:高嶋政伸(秋山篤蔵)

 

のように、過去TBSで2度にわたってドラマ化されることに。

 

そして、今回の3度目となるリメイク版では、TBSの連続ドラマでは単独初主演となる俳優の佐藤健さんが秋山篤蔵役を演じることになったのでした。

 

堺さん、高嶋さんと同じく、佐藤さん演じる秋山篤蔵は、少年期から修行や勉強もしない不良な日々を過ごしていた、片田舎の厄介者。

 

そんな篤蔵が、ひょんなことから食べたカツレツがきっかけで、西洋料理の料理人になることを決意。

 

夢をつかみ取るために心機一転上京し、多くの試練に立ち向かっていきます。

 

当時の日本人としては珍しかったフランス・パリへの修行に赴き、差別・偏見と闘いながらも世界最高峰のオテル・リッツのシェフとなり、ついには26歳という若さにして宮内省厨司長・皇室の台所を預かることに。

 

言わば 「天皇の料理番」 となるのでした。

 

「天皇の料理番」は、妻を愛し、家族を愛し、師を慕い、仲間を頼り、夢を信じ、そして料理を愛し抜いた篤蔵の姿。

 

そして、天皇の料理番として日本の料理界の頂点に立った男の苦闘と栄光の軌跡を描いたドラマとなっています。

 

【フジテレビ系】

 

テレビ月曜21時 「ようこそ、わが家へ」

4月13日よりスタートの月9ドラマ「ようこそ、わが家へ」は、嵐のメンバー相葉雅紀さんの月9初主演。

 

しかも原作は、下のリンクでもご紹介の、作家の池井戸潤さんの人気小説『ようこそ、わが家へ』で、フジテレビ初の池井戸作品でもあったのでした。

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】ようこそ、わが家へ [ 池井戸潤 ]

 

相葉さん演じる、人と争うのが苦手で気弱な性格の倉田健太は、29歳で、職業は本の装丁などを手がけるデザイナー。

 

そんな健太が、ある日仕事帰りの駅のホームで、割り込み乗車で女性を突き飛ばした男性を柄にもなく注意することに。

 

するとそれを境に、

 

健太の妹:倉田七菜(有村架純)

健太の母:倉田珪子(南果歩)

健太の父:倉田太一(寺尾聰)

 

の家族からなる健太の家では、身の回りで様々な嫌がらせが起り始め、健太と家族はストーカーの恐怖にさらされていくのでした。

 

時を同じくして、健太の父の太一は、会社の不正と闘うことに。

 

このように、「ようこそ、わが家」は、ストーカーとの対決だけでなく、企業ドラマも描かれているサスペンスタッチのホームドラマとなっています。

 

そのほかに、ヒロインで、円タウン出版社のタウン誌記者の神取明日香役として、女優の沢尻エリカさんが出演しています。

 

テレビ火曜22時 「戦う!書店ガール」

4月14日からスタートしている「戦う!書店ガール」は、AKB48のチームBのメンバーである渡辺麻友さんと、女優の稲森いずみさんとのW主演。

 

原作は、下のリンクでもご紹介の書籍で、碧野圭さんの『書店ガール』となっていました。

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】書店ガール [ 碧野圭 ]

 

大型書店の「ペガサス書房」で働く、渡辺さん演じる、コネ入社のお嬢様である北村亜紀と、稲森さん演じる、たたき上げの苦労人で副店長の西岡理子の2人の年齢差は、23歳と40歳。

 

それだけに、世代間のギャップや、境遇の違いなどで衝突もしばしば。

 

しかし、誰よりも本を愛する気持ちだけは一緒だったのでした。

 

「戦う!書店ガール」は、そんな正反対の2人が、仕事や恋の困難に果敢に挑み乗り越えていくことで、自分自身に足りなかったものや忘れていたものに気付き、互いに成長していくウーマンライフドラマとなっています。

 

テレビ水曜22時 「心がポキッとね」

どの春ドラマよりも早く、4月8日にスタートした「心がポキッとね」は、フジテレビ系列の「マルモのおきて」以来4年ぶりとなる、俳優の阿部サダヲさん主演の連続ドラマ。

 

脚本家の岡田惠和さんによる完全オリジナルストーリーとなっていました。

 

阿部さん演じる小島春太は、以前は大企業でやり手のビジネスマンとして営業成績も良く、バリバリ仕事をしていましたが、オーバーワークから心身が病んだことで、最終的に仕事と家庭を失ってしまいます。

 

ホームレス生活をしていた春太でしたが、アンティーク家具のオーナーに拾われることに。

 

その後、アンティーク家具店「リオ ボニート」で家具修理を担当することになったのでした。

 

このドラマでは、

 

葉山みやこ(水原希子):無職の女性。心に想いを寄せている

大竹心(藤木直人):「リオ ボニート」のオーナー

鴨田静(山口智子):春太の元妻で、春太のDVにより離婚している

 

の、春太を含めた「病んでるオトナ」4人が登場。

 

「心がポキッとね」は、これら4人による、奇想天外に絡み合う人間関係を軸に、人と人とが心の奥深くでつながる関係を模索する姿を、軽やかに明るく、時にブラックユーモアを交えて描くラブコメディとなっています。

 

テレビ木曜22時 木曜劇場「医師たちの恋愛事情」

「医師たちの恋愛事情」は、4月9日にスタートした、まだ「昼顔~平日午後3時の女性たち」のドラマの印象が残る、いま最もセクシーな俳優の斎藤工さんによる、フジテレビのドラマ初主演となります。

 

斎藤さん演じる守田春樹は、「恋より仕事」がモットーの外科医。

 

そんな春樹が、外科医としての腕を磨くために「江洋医科大学附属病院」に赴任します。

 

そこで、仕事に没頭し、婚期を逃してしまった、女優の石田ゆり子さん演じる、外科医の近藤千鶴に出会うことになります。

 

「医師たちの恋愛事情」は、大学病院を舞台に、仕事の忙しさから恋愛の仕方を忘れてしまった医師それぞれが「秘密」を抱えながらも、出世争い・恋愛・不倫・三角関係など、さまざまな欲望が渦巻く中で生きていく、「医療ドラマ」と「恋愛ドラマ」が融合した「医療ラブストーリー」とも言えるドラマでもあります。

 

【日テレ系】

 

テレビ水曜22時 水曜ドラマ「Dr.倫太郎」

4月15日にスタートの「Dr.倫太郎」は、俳優の堺雅人さんが主演。

 

実は、意外にも日本テレビの連続ドラマ初主演であったことがわかったのでした。

 

堺さん演じる、独身の日野倫太郎は、鋭い洞察眼と人間力で、傷ついた人の心にとことん寄り添い、悩める心を解きほぐしていく「彗南大学病院」に勤務する精神科医。

 

書籍も出版し、テレビにも出演することで、彼の診療を待ち望む人々は増える一方となっていました。

 

けれど、実は、恋愛が不得手でもあった倫太郎。

 

そんな倫太郎が、女優の蒼井優さん演じる、新橋の売れっ子芸者と出会うのですが、この芸者との出会いが、彼の人生を大きく狂わせていくことになるとは、このときの倫太郎は知る由もなかったのでした。

 

「Dr.倫太郎」は、そのような精神科医の姿を描いたドラマとなっています。

 

テレビ土曜21時 土曜ドラマ「ドS刑事」

4月11日にスタートした「ドS刑事」は、私の中ではまだ、かつて日テレの土曜21時台に放送されていた刑事ドラマ「デカワンコ」で、犬並みの嗅覚を武器としていた花森一子のイメージが残っている、女優の多部未華子さんが主演。

 

原作は七尾与史の小説『ドS刑事』で、下にご紹介のリンクのように4冊が販売されています。

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】ドS刑事(風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件) [ 七尾与史 ]

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】ドS刑事(桃栗三年柿八年殺人事件) [ 七尾与史 ]

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】ドS刑事(三つ子の魂百まで殺人事件) [ 七尾与史 ]

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】ドS刑事(朱に交われば赤くなる殺人事件) [ 七尾与史 ]

 

多部さん演じる、前髪ぱっつんのボブスタイルの髪型と、黒のパーカーに黒のコートを合わせたファッションの黒井マヤは、川崎青空警察署刑事第一課強行犯捜査係に着任したばかりの巡査部長。

 

忠誠心もなく、規則も守らず、人が困った顔を見るのが大好きというとんでもない一面を持つ女刑事でもあったのでした。

 

そんなマヤは、着任早々に起きた事件をあっという間に解決し、周囲を唖然とさせることに。

 

実は、マヤは相手の情報を調べつくし、それを武器に敵を追いつめるのを得意とする“ドS刑事”でもあったのでした。

 

また、マヤが抜擢し、バディを組む巡査で、関ジャニ∞の大倉忠義さん演じる代官山脩介は、何かに気づいたときに、「えー、あー」と大きい声で叫ぶ癖を持ち、しかも高所恐怖症。

 

そのようなヘタレな一面があることで、マヤに良いようにこき使われているのでした。

 

ドS刑事は、多部さん演じる黒井マヤか、刑事になった理由は、悪人を好きなだけ“いたぶる”ことができると思ったから…。

 

しかし、鋭い洞察力で誰よりも早く犯人にたどり着く能力を持ち、サディスティックな言動で世の悪人たちを一掃する、ちょっと困った美人刑事。

 

そんな「史上最強のドS刑事」の活躍を描いたドラマとなっています。

 

テレビ日曜22時30分 日曜ドラマ「ワイルド・ヒーローズ」

日テレにおける、初めての記念すべき最初の日曜ドラマである「ワイルド・ヒーローズ」は、4月19日にスタートしました。

 

連続ドラマ初主演であったEXCILEのTAKAHIROさん演じる、主人公の青年・瀬川希一は、医療機器メーカーの冴えない営業マン。

 

転勤で10年ぶりに地元に戻った希一でしたが、ある夜、偶然にも、ヤクザに命を狙われている、桜田ひよりさん演じる五嶋日花里を助けて逃げることに。

 

いきなり追われる身となった希一が頼ったのは、下に挙げる、かつてのヤンキーグループ「風愛友」(フーアーユー)の悪ガキ仲間たち。

 

三木洸介(ミッキー):青柳翔(劇団EXILE) 佐伯春太郎(チョコ):岩田剛典(EXILE / 三代目J Soul Brothers) 徳井哲平(ポンジャラ):野替愁平(劇団EXILE) 神部剛(ピーちゃん):八木将康(劇団EXILE) 林田典明(テンテン):黒木啓司(EXILE) 里島 透(メロス):佐藤大樹(EXILE)

 

ところが希一には、高校時代のある出来事がもとで、地元で「“最強のヘタレ”」という不名誉な伝説を残していて、それ以来、当時の仲間とも疎遠になっていたのでした。

 

ワイルド・ヒーローズは、 「主人公と、高校時代の悪ガキ仲間による7人の友情」をテーマに、かつてヤンキーだった主人公が、6人の仲間とともに少女を救うドラマとなっていました。

 

【テレビ朝日系列】

 

水曜20時 「警視庁捜査一課9係」

「警視庁捜査一課9係」は、4月22日にスタートした、俳優の渡瀬恒彦さん主演の警察ドラマ。

 

実は、2006年4月19日によりスタートしていて、これまで通算シリーズ9本に、スペシャル2本。

 

スピンオフドラマ1本が放送されています。

 

つまりは、今年でめでたく9周年を迎えたことになるわけですね。

 

大都会の東京で日々多発する凶悪犯罪。

 

警視庁は、その事件解決のため捜査第一課に「第9係」を新設しました。

 

捜査一課9係には、

 

係長・加納倫太郎(渡瀬恒彦)

浅輪直樹(井ノ原快彦)

小宮山志保(羽田美智子)

村瀬健吾(津田寛治)

青柳靖(吹越満)

矢沢英明(田口浩正)

 

のように、1人の係長と6人の刑事たち。

 

「警視庁捜査一課9係」は、6人の刑事たちが、加納係長のもとに難事件を解決していく警察ドラマでもあります。

 

木曜20時 木曜ミステリー「京都人情捜査ファイル」

4月25日にスタートした「京都人情捜査ファイル」は、俳優の高橋克典さん主演の連続ドラマ。

 

テレビ朝日系『土曜ワイド劇場』にて、4月25日に単発放送され、4月30日より木曜ミステリーにてレギュラー放送がスタートしました。

 

京都府警察本部内にある「犯罪被害者支援室」は、凶悪な犯罪に巻き込まれた被害者や遺族に、事件の捜査や裁判の進捗、適応される法的制度などさまざまな情報を提供し、相談に応じながら生活の手助けをするセクション。

 

ドラマの舞台となった京都のみならず、全国の警察本部に実在するものでもあるそうです。

 

高橋さん演じる戸隠鉄也は、京都府警警務部・犯罪被害者支援室・戸隠班の班長で、階級は警部補。

 

元は京都府警五条中央署の刑事でしたが。過去に妻が通り魔事件の被害者となった際、遅々として進まない捜査状況から捜査員に食ってかかることに。

 

その際に大阪府警支援室に支えてもらった経験から、警視長に「捜査権を持った支援活動をしたい」と直訴し、支援室に異動してきたのでした。

 

その戸隠鉄也に加え、京都府警警務部・犯罪被害者支援室の室長で、階級は警視の、女優の松下由樹さん演じる吉崎仁美と、京都府警察の京都府警・警務部長で、階級は警視長の、俳優の松平健さん演じる岩瀬厚一郎も登場します。

 

松下さんは、高橋さんの相手役として久々の共演となり、松平さんにいたっては、今回のドラマが待望の初共演となったそうです。

 

またこのドラマでは、いままでの刑事ドラマとは異なり、 事件で断たれてしまった人たちの希望と絆を軸に、犯罪被害者支援室に属する警察官たちの活躍を描いた人情ドラマであり、時代劇のような勧善懲悪的要素も盛り込まれているということでした。

 

テレビ木曜21時 木曜ドラマ「アイムホーム」

4月16日にスタートの「アイムホーム」は、SMAPの木村拓哉さんがテレビ朝日の連続ドラマ初主演として、始まる前から話題となっていました。

 

しかも夫婦の設定で、妻役で女優の上戸彩さんとは初共演だったそうですからね。

 

原作は、下のリンクでご紹介の、漫画家の石坂啓さんの人気コミック『アイムホーム』上下巻となっています。

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】アイムホーム(上) [ 石坂啓 ]

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】アイムホーム(下) [ 石坂啓 ]

 

主人公であり、木村さん演じる家路久(いえじひさし)は、葵インペリアル証券の第十三営業部の部員。

 

そんな久が5年前、単身赴任先で帰宅路、工場の爆発に巻き込まれて意識不明状態になってしまいました。

 

3ヶ月後に意識を取り戻してからリハビリを重ねて復職したものの、事故当時から5年前までの記憶をなくしていて、第一営業部から不要人材が集められる第十三営業部に左遷されます。

 

5年前の爆発事故で記憶をなくした久には、妻の家路恵(上戸彩)も息子もいるものの、なぜか久の目には顔に仮面をかぶったように見えることに。

 

当然、表情も感情もうかがい知ることができません。

 

妻子に対して愛情があるのかさえわからないことで、久は苦悩。

 

一方で、久の記憶の中には離婚した前妻と娘への愛着が…。

 

一体、空白の5年間はどんな日々だったのでしょうか?

 

久はそれを探るため、手元に残った謎の10本の鍵の束をもとに、過去の自分を探す旅に出ることになります。

 

「10本の鍵の束の謎とは?」

 「過去の妻子とはなぜ別れてしまったのか?」  

「そして…現在の妻子はなぜ、久からは仮面のように見えるのか?」

 

「アイムホーム」は、10本の鍵を手に、過去に関わった人々たちの家々を訪れ、少しずつ謎を解き明かしていく久の姿を、時にコミカルに、ときにハートフルに。

 

そして、時にブラックに描いていくホームドラマとなっています。

 

ちなみに、NHKの夜の連続ドラマ(よるドラシリーズ)で2004年11月15日~12月16日に「アイ’ム ホーム 遥かなる家路」というタイトルで、5週にわたり全20話で放映。

 

主人公の家路久役は、俳優の時任三郎さん、光平崇弘さん(第11話)が演じていたそうです。

 

 

ということで、以上2015年4月にスタートした、当時新ドラマだったドラマの記事をお送りいたしました。 (103)

この記事は、2014年1月26日に更新の、2015年1月 TBSテレビ、フジテレビ、日本テレビ、テレビ朝日の20時~22時にかけての冬の新ドラマがスタート!の続きの内容でもあります。

 

さてさて、2015年も4月を過ぎたことで、TBSテレビ(以下、TBS)、フジテレビ、日本テレビ(以下、日テレ)、テレビ朝日による1月の春ドラマが、先週よりひと通り出揃ったようです。

 

でも遅い場合は、4月30日にスタートした新ドラマというのもありましたからね!

 

そのため、この記事の更新日が4月をすぎ、5月2日での更新となったのでした。

 

今回の春ドラマでは、まずTBSが月曜20時台のドラマ枠を廃止したり、フジテレビも、火曜21時台のドラマ枠を廃止し、バラエティの新番組をスタートさせるといった異変がありました。

 

異変といえば、やはり日テレの日曜日の22時30分より日曜ドラマをスタートさせたことでしたね。

 

そこで、冬ドラマに続き、テレビ東京をのぞく、キー4局による20時~21時までだったところを、日テレの日曜ドラマ枠であった22時30分にかけて放送がスタートした春の新ドラマについても書いてみることにしました。

 

はじめに、今月4月中にスタートした、TBS、フジテレビ、日テレ、テレビ朝日の新ドラマは次のようになっていましたので、まずはそちらからご紹介したいと思います(参考までに、前ドラマのタイトルも記載しています)。

 

※新ドラマのタイトルをクリックすると各公式ページにアクセスできます。

 

【TBS系】

 

火曜21時 「マザー・ゲーム~彼女たちの階級~」(前「女はそれを許さない」)

主演:木村文乃

 

木曜21時 「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」(前「美しき罠~残花繚乱~」)

主演:大島優子

 

金曜22時 「アルジャーノンに花束を」(前「ウロボロス~この愛こそ、正義。」)

主演:山下智久

 

日曜21時 「天皇の料理番」(前「流星ワゴン」)

出演:佐藤健・黒木華・小林薫・伊藤英明・桐谷健太ほか

 

【フジテレビ系】

 

月曜21時 (前「デート~恋とはどんなものかしら~」)

主演:相葉雅紀(嵐)

 

火曜22時 「戦う!書店ガール」(前「ゴーストライター」)

主演:渡辺麻友(AKB48)・稲森いずみ

 

水曜22時 「心がポキッとね」(前「残念な夫」)

主演:阿部サダヲ

 

木曜22時  「医者たちの恋愛事情」(前「問題のあるレストラン」)

主演:斉藤工

 

【日テレ系】

 

水曜22時 「Dr.倫太郎」(前「○○妻」)

主演:堺雅人

 

土曜21時  「ドS刑事」(前「学校のカイダン」)

出演:多部未華子・大倉忠義(関ジャニ∞)ほか

 

NEW!

日曜22時30分  「ワイルド・ヒーローズ」

出演:TAKAHIRO(EXCILE)

 

【テレビ朝日系】

 

水曜21時 「新・警視庁捜査一課9係」(前「相棒season13」)

出演:渡瀬恒彦・井ノ原快彦・羽田美智子ほか

 

木曜20時 「京都人情捜査ファイル」(前「出入禁止の女~事件記者クロガネ~)

主演:高橋克典

 

木曜21時 「アイムホーム」(前「DOCTORS 3~最強の名医~」)

主演:木村拓哉

 

ということで、あくまでも20時~22時30分にかけて、キー4局でスタートした2015年春の新ドラマについて、まずは一覧でご紹介いたしました。

 

今度更新予定の記事では、2015年春の新ドラマについてもう少し書いてみたいと思います。 (195)

この記事は、2015年1月26日に更新の、2015年1月 TBSテレビ、フジテレビ、日本テレビ、テレビ朝日の20時~22時にかけての冬の新ドラマがスタート!の続きの内容となります。

 

では、2015年1月にスタートした、TBSテレビ、フジテレビ、日本テレビ、テレビ朝日の20時~22時にかけての冬の新ドラマについて、もう少し書いてみることにしましょう。

 

新ドラマとはいえ、すでにこの時点で第3話を迎えているドラマもあったりしますが、まあそこは大目に見てくださいね(苦笑)。

 

【TBS系】

 

テレビ月曜20時 月曜ミステリーシアター「警部補・杉山真太郎~吉祥寺署事件ファイル」 

今年でデビュー20周年を迎える、俳優の谷原章介さんですが、意外にも、今回の新ドラマが民放の連続ドラマ初主演なのだそうです!

 

そんな、民放の連続ドラマ初主演の谷原さんによる「警部補・杉山真太郎~吉祥寺署事件ファイル」は、1月12日にスタート。

 

3人の子供を持つ吉祥寺署の警部補・杉山真太郎として、仕事と家族の間で奮闘する人間くさい刑事を演じます。

 

テレビ火曜21時 「まっしろ」

堀北真希さん演じる、看護師を主人公とした医療ドラマ「まっしろ」は、1月13日にスタートしました。

 

結婚する元カレを見返そうと、政財界や芸能人、文化人などセレブたちが集まる東王病院に転職した、「無印」の有村朱里(ありむらあかり)。

 

しかしそこは、病院内の出来事は一切他言できず、失敗すれば退職を余儀なくされる“白い大奥”のような場所でもあったのでした。

 

さらに、看護師の服装はデザインを重視しただけでなく、放送当時は不衛生なため、ほとんどの病院で廃止されたナースキャップを、看護師憧れの象徴としてあえて復活させることに。

 

これに、看護婦の職分のランクによって真珠を付ける(有村朱里のように、採用6ヶ月未満の「無印」もあり)ことで、一風変わった医療ドラマとなっていたのでした。

 

テレビ木曜21時 木曜ドラマ劇場「美しき罠~残花繚乱~」

「美しき罠~残花繚乱~」は、1月8日にスタートした、女優の田中麗奈さん主演のドラマ。

 

田中さんにとっては、7年ぶりの連続ドラマ出演となるのだそうです。

 

原作は、小説家の岡部(おかべ)えつの恋愛小説『残花繚乱』となっていました。

 

田中さんが演じるのは、一大流通グループ、ショウズホールディングス傘下のオーガニックカフェチェーン「アレグロ」店長で、美人妻の西田りか。

 

りかには、恋に落ちて3年になる、妻が柏木美津子(若村真由美)の夫で、浮気癖のある柏木荘太(村上弘明)の不倫相手がいたのでした。

ところが、りかが壮太に裏切られ、捨てられてしまうことになります。

 

それを画策したのは、なんと壮太の妻の美津子だったのです…!

 

そんなりかに、映画館で偶然出会った男で、りかに思いを寄せる青年実業家(青柳翔)を美津子から紹介されることに。

 

しかも、それも美津子がりかに仕掛けた罠でもあったのでした。

 

その後も、りかの周囲は敵だらけとなり、互いに騙し合い、牽制し合う中、誰が真の幸せに辿り着くことができるのか?

 

熱く切ない大人たちの闘いが「美しき罠~残花繚乱~」のドラマによって始まるのでした。

 

テレビ金曜22時 金曜ドラマ「ウロボロス~この愛こそ、正義。」 

「ウロボロス~この愛こそ、正義。」は、1月16日にスタートした、俳優の生田斗真さん主演の刑事ドラマです。

 

原作は、漫画家の神崎裕也さんの累計120万部を発行する人気漫画『ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-』であるそうです。

 

新宿第二警察署刑事課に勤務する、ふだんはさえない印象であるものの、実は署内で検挙率No.1の刑事の龍崎イクオ役を演じる生田さん。

 

また、「ウロボロス」の主要人物であり、暴力団・松江組の幹部である段野竜哉役を演じる小栗旬さんとは、2007年に放送されたフジテレビの「花盛りの君たちへ」以来、約8年ぶりの共演となったそうです。

 

イクオと竜哉は、2人が小学生のとき、母親のように面倒を見てくれた施設職員の結子先生(広末涼子)が何者かに殺されるのを目撃。

 

犯人について2人は警察に証言しますが、その言葉は“金時計”をした警察関係者に握りつぶされ、なぜか事件はもみ消されてしまったのでした。

 

それから20年。

 

イクオは刑事で竜哉は暴力団といった、警察とヤクザの関係に…。

 

一般社会では決して交わることのない2人の目的は、事件を握りつぶした「金時計の男」を警察内から探し出し、真実を探り出し、最強の権力組織である“警察”の闇を暴くことでもあったのでした。

 

テレビ日曜21時 日曜劇場「流星ワゴン」

「流星ワゴン」は、1月18日にスタートした、俳優の西島秀俊さんと香川照之さんとのW主演の連続ドラマ。

 

原作は、小説家の重松清さんの、累計発行部数100万部を突破した長編小説『流星ワゴン』となっていました。

 

西島さん演じる、主人公の永田一雄は、真面目でしっかりした性格で、何よりも妻の永田美代子(井川遥)と子供を大切にする38歳の会社員。

 

香川さん演じる、永田一雄の父親の永田忠雄は、破天荒で血気盛んな性格。

 

金融業など数々の事業を興して成功させたこともありました。

 

妻と息子を大切にし、日々を正直に生きる一雄でしたが、妻子の心の闇を見過ごしてしまったことで家庭が崩壊。

 

一方妻は、完璧すぎる夫から逃れたいと感じ、ふとしたきっかけから心のバランスを崩してしまうのでした。

 

絶望の淵に追い込まれ、「もう死んでもいい」とさえ感じていた一雄。

 

そんなとき、突如目の前にワインカラーのワゴンカーが現れます。

 

運転していたのは橋本義明(吉岡秀隆)と、助手席に座るその息子。

 

やがて、決して分かり合えないと思っていた父親の忠雄が、一雄と同じく38歳の同い年の姿で現れるでした。

 

行き先は、一雄の人生にとって大切な分岐点。

 

後悔の人生をやり直すためのドライブが「流星ワゴン」のドラマによって始まるのでした。

 

【フジテレビ系】

 

テレビ月曜21時 「テート ~恋とはどんなものかしら~」

「デート ~恋とはどんなものかしら~」は、1月19日にスタートした、フジテレビの月9ドラマでもあります。

 

主演の杏さんは、フジテレビの「月9」枠では今回のドラマが初出演かつ初主演であるとのこと!

 

杏さん演じるのは、東大大学院を卒業し、国家公務員として内閣府の研究所で働く、30歳手前の堅物女子(リケジョ)の藪下依子。

 

一方、「高等遊民」を自称するも、実際はニートと変わらない日々を送る谷口巧(長谷川博巳)は、自宅で美術教室を営む母親の留美(風吹ジュン)と2人暮らし。

 

そんな堅物女子とアラフォーニートによる、“恋愛力ゼロ”の女と男のロマンチック・ラブコメディとなっていました。

 

テレビ火曜21時 「ゴーストライター」

「ゴーストライター」は、1月13日にスタート。

 

主演の中谷美紀さんとしては、なんと13年ぶりの連続ドラマ主演となるのだそうです!

 

中谷さん演じる、30代にしてたぐいまれなる才能と美貌を兼ね揃えた、天才小説家と呼ばれる遠野リサは、大手出版社・駿峰社主催の新人賞受賞式に選考委員として出席。

 

リサが出した小説は必ずミリオンセラーになるだけでなく、実写映画はどれも大ヒットするのでした。

 

そんな、すでに名声を手に入れながらも、実は、1人息子と母親との家族の関係の破綻に悩んでいたリサ。

 

さらに、最新作の「エバーフレッシュ」への悪評に行き詰まるリサの前に、小説家を夢見て東京にやってきた20代の女性の川原由樹(水川あさみ)が現れます。

 

田舎で待つ婚約者には1年限りという約束をして、最後の挑戦と意気込み東京へやってきて、いくつもの新人賞の応募を続けた由樹でしたが、ついに結果を出すことなく1年がたつことに。

 

それでもあきらめきれない由樹は、新人賞には申し込まず手元に残していた原稿を持って駿峰社を訪れたとき、新人編集マンの小田颯人(三浦翔平)に声をかけられます。

 

その目的は、由樹が持ち込んだ原稿を読むことではなく、「遠野リサのアシスタントを探している」という、あのリサのアシスタントの仕事の紹介だったのでした。

 

そして由樹は、原稿を受け取ってもらうことを条件に仮採用でアシスタントをやることになりました。

 

最初は、リサに憧れを抱いていたはずが、次第に激しい憎悪を抱くことになる作家志望の由樹。

 

そんな、リサと由樹との泥沼な愛憎劇が、「ゴーストライター」のドラマによってくり広げられていくのでした。

 

テレビ火曜22時 「銭の戦争」

もともとは、2007年に韓国で放送されていたテレビドラマ「銭の戦争」を原作として、関西テレビが舞台を日本の東京に置き換えて製作されたのが、火曜日22時より放送中の「銭の戦争」でもありました。

 

主演の、SMAPの草彅剛さん演じる白石富雄は、東京大学卒のエリート証券マン。

 

ところが、金も職も婚約者も全て失い、借金まみれのホームレスに…!?

 

家族や自分を苦しめた金貸し業に自らも足を踏み入れることで、どん底から這い上がっていく、痛快エンタテインメントとなっています。

 

テレビ木曜22時 「残念な夫」

「残念な夫」は、1月14日にスタート。

 

主演の玉木宏さんが、子どもの誕生で夫婦の危機を迎えてしまった父親役に挑戦しています。

 

玉木宏さん演じる、夫の榛野陽一と、妻の知里(倉科カナ)の夫婦は、温かくて明るい、誰もが思い描くような“理想の家庭”を夢見て結婚。

 

しかし、その夢は知里の出産を期に変化しようとしていました。

 

それは、陽一には、仕事ができて、他人には親切であること。

 

知里はそれを理解しているからこそ、陽一が育児を手伝わないことにイライラが増していたのでした。

 

さらに、育児にお金がかかることを知った知里は、趣味などに浪費する陽一に小遣い制度導入を宣言。

 

このように、出産直後から育児に追われる知里は、新婚のころのような初々しさをなくし、豹変していくのでした。

 

果たして陽一は、妻との産後危機と対立を乗り越え、“最高のパパ”に成長することができるのでしょうか?

 

テレビ木曜22時  木曜劇場「問題のあるレストラン」

「問題のあるレストラン」は、かつてフジテレビで2013年1月の木曜22時に放送されていた連続ドラマ「最高の離婚」の制作陣が送る、真木よう子さんのフジテレビ連続ドラマ初主演となるドラマでもあります。

 

真木よう子さん演じる田中たま子は、真面目に働くのが好きな独身女性。

 

小さな仕出し会社に勤めていたたま子は、その会社がカリスマ社長・雨木太郎(杉本哲太)率いる大手飲食会社「ライクダイニングサービス」に吸収合併されたのを機に、全国展開を見据えた新規店舗のプロジェクトに参加することになりました。

 

しかし、「ライクダイニングサービス」は極端なほど男性偏重で、手柄はすべて男たちのもの。

 

おまけにセクハラ、パワハラが日常的に横行していたのでした。

 

それでもたま子は、物件や料理人探しに奔走し、やがて優れた腕を持つシェフ・門司誠人(東出昌大)と出会います。

 

そんな折り、たま子は、高校時代の友人でもある同僚・藤村五月(菊池亜希子)が、屈辱的ともいえる酷いセクハラを受けた上に異動させられたことを知り、ある復讐を決行することに。

 

職を失ったたま子は、元同僚でプライドばかり高い東大卒の新田結実(二階堂ふみ)、家出中のフリーターで人間嫌いの雨木千佳(松岡茉優)、高校時代の同級生で子どもを連れて家を出た専業主婦・森村鏡子(臼田あさ美)、前の会社の同僚だが謎の多い烏森奈々美(YOU)。

 

そして、女装好きのゲイという理由で仕事を得られなかった一流パティシエの几ハイジ(安田顕)にも声をかけるのでした。

 

そんな中、「ライクダイニングサービス」が門司をシェフに起用したことで、たま子にとっては恋の相手であり、敵対する相手にもなることに。

 

門司がシェフを務める表参道にオープンさせる新店舗「シンフォニック表参道」のすぐそばにある雑居ビルの屋上で、先ほどの問題のある女性たちと一緒にレストランを始めようと、ビストロ「フー」を立ち上げました。

 

そのビストロは、格安で借りたペントハウスを厨房とし、屋上テラスにカウンターとテーブル席を作ったもの。

 

当然、雨の日はお休みとなるのでした。

 

このように、様々な問題を抱える女性たちがレストランを開店して、人生を変えるレシピを探していく物語が「問題のあるレストラン」のドラマとなっていました。

 

【日テレ系】 テレビ水曜22時 水曜ドラマ「○○妻」

「○○妻」は、1月14日にスタート。

 

意外にも、柴崎コウさんはこのドラマで連続ドラマ初主演なのだそうです!

 

ドラマのタイトルにもなっている「○○妻」の○○とは、一部の方が思い付いたかもしれない「契約妻」ではないとのこと。

 

それでも、夫を完璧な内助の功で支える、主演の柴崎コウさん演じる良妻・ひかりと、歯に衣着せぬ発言で人気のニュースキャスターの夫・正純(東山紀之)は、家族や世間を欺き、6年もの間「契約書」1枚でつながった契約夫婦でもあったのです。

 

正純はひかりとの正式な結婚を望みプロポーズするものの、それを断り、あくまでも「契約」にこだわるひかり。

 

なぜ、ひかりは正純と籍を入れられないのか?

 

そこには、ひかりの壮絶な過去が明かされたとき、本当の○○妻の姿が見えてくるのでした。

 

テレビ土曜21時  「学校のカイダン」

「学校のカイダン」は、1月24日に、広瀬すずさんの主演でスタートしました。

 

タイトルからして、よくある学校の怪談ものと思いきや、実は「コトバで世界を変える、物語、はじまる。」とあるように、1人の底辺女子高生が、学校の頂点へ革命のカイダンを駆け上げるという意味でのカイダンだったのでした。

 

学校の頂点へ革命のカイダンを駆け上げるための彼女の武器は、誰もが手にできる、そして世界で最も強力なたったひとつの武器「コトバ」=スピーチ。

 

「学校のカイダン」は、私立明蘭学園高等学校を舞台に、1人のド底辺の「女子高生」で新・生徒会長でもある春菜ツバメ(広瀬すず)と「スピーチライター」という、歴史上語り継がれる名スピーチを生み出し、それを演出することを職業とする雫下彗(神木隆之介)との天才スピーチライターとの出会いから始まるドラマとなっていました。

 

【テレビ朝日系】

テレビ木曜20時 木曜ミステリー「出入禁止(デキン)の女 ~事件記者クロガネ~」

なんと、24年連続で連続ドラマの主演を務めるという前人未到の記録を更新中の女優の観月ありささんが、初の事件記者役に挑戦しているドラマが「出入禁止の女」です。

 

そんな、主演の観月ありささんが演じる鉄忍布(くろがねしのぶ)は、新聞社「京都タイムス」社会部の遊軍記者。

 

何度も硬派な告発記事を書き、受賞経験もある名物記者でもあるのでした。

 

つい最近まで、硬質なスクープが目玉の「京都新報」という新聞社でしたが、オーナーが変わったのを機に社名も路線も一変。

 

売り上げ重視の大衆向け新聞となっていたのでした

 

そんな方針を嫌い、多くの記者が「京都タイムス」を去る中、なぜか職場に残った忍布。

 

大胆にして粘り強い取材力、真実をつまびらかにするという信念を持った敏腕記者ぶりが、時にヤリすぎて「出入禁止」になることもしばしば。

 

「男社会で生きていくには、へりくだることも必要」という考えを持つデスク・古林千華子(財前直見)と激しく対立しながらも、わが道を行き、大胆かつ粘り強い取材でさまざまな事件の意外な真実を明らかにしていきます。

 

そのように、鉄忍布ら京都タイムズ社会部の記者たちが体当たりで事件を取材し、時に葛藤し時に憤慨しながらも、隠された深層に迫る姿を描くドラマとなっていました。

 

テレビ木曜21時 「DOCTORS 3~最強の名医~」

2011年の第1シリーズ「DOCTORS~最強の名医~」の第3シリーズとして1年半ぶりに復活。

 

1月4日の新春スペシャルを経て1月8日よりスタートしたのが、沢村一樹さん主演の「DOCTORS 3~最強の名医~」です。

 

沢村さん演じる医師・相良涼介は、ふだんは患者に笑顔で接するスゴ腕のスーパー外科医。

 

その一方で、自分が信じる医療のためなら目的や手段を選ばない非常な一面も持ち合わせているのでした。

 

「医師である前に真っ当な人間でありたい」という信念を持つ相良が、堂上総合病院の医師たちと対立をくり返しながらも病院の再生に尽力していく本格医療ドラマでもあります。

 

また、シーズン1から続く、好敵手という表現がピッタリの森山卓(高嶋正伸)の強烈すぎるキャラクターと、相良VS森山“”との対立構図も見どころのひとつとなっているということでした。 (167)

スポンサード リンク