準決勝ではブラジルが歴史的大敗で3位決定戦に 決勝戦はドイツ対アルゼンチン!

この記事は、2014年7月4日に更新の、ワールドカップブラジル大会はベスト8→ベスト4に! 準々決勝は7月9日よりキックオフ!の続きとなります。

 

ワールドカップブラジル大会も、ベスト4→ベスト2を決める準決勝が、7月9日に行なわれることに。

 

注目の結果は次のようになっていました。

 

ブラジル対ドイツ 1-7でドイツの勝利!

オランダ対アルゼンチン 0-0(PK2-4)でアルゼンチンの勝利!

 

これにより、3位決定戦はブラジル対オランダ。

 

決勝戦はドイツ対アルゼンチンとなったのでした!

 

●どうした? ブラジル! ドイツに1-7と歴史的大敗に…!

 

いやー、それにしても、脊椎骨折で欠場したスーパースターのネイマール選手と、主将のシウバ選手がいないだけで、ブラジル対ドイツ戦はあんなにもドイツの一方的な試合となるものなんでしょうか?

 

なにしろ、前半11分にドイツのミュラー選手が先取点を決めたのをはじめ、

 

クローゼ選手(前半23分)

クロース選手(前半24分)

クロース選手(前半26分)

ケディラ選手(前半29分)

 

と、前半の23分~29分の間になんと4失点!

 

後半も、シュールレ選手が24分と34分にゴールを決めたことで、2点を入れられてしまいます。

 

私も、声にこそ出しませんでしたが、前半の23分~29分にドイツが次々と4点も入れていたのを見ていて、

 

「どうした? ブラジル!」

 

と、これまでそんなに危なげなく勝ち進んでいたのを見ていただけに、信じられない思いがしたのでした。

 

まあブラジルも、後半の45分にオスカル選手がゴールしたことで、最悪のケースである0点だけは防ぐことができたようですけどね。

 

今回のブラジル対ドイツ戦については、ネットのユーザーさんより、たとえネイマール選手やシウバ選手が準決勝に出場してもドイツに負けていたかもしれないという考えが、掲示板でも数多く寄せられていました。

 

でも、もしネイマール選手とシウバ選手がドイツ戦に出ていたら、少なくとも1-7という大差で敗退することはなかったようにも思いますよね(それでも、ドイツの実力からして、ブラジルが勝っていたかどうかは微妙ですが…)。

 

●開催国として、サッカー王国の意地を見せるためにもブラジルには入ってほしいベスト3!

 

残念ながら優勝は逃しましたが、それでもまだブラジルにはオランダとの3位決定戦が残っています。

 

今年のワールドカップの開催国として、またサッカー王国としての意地を見せるためにも、なんとかオランダに勝って、ベスト3入りだけは果たしてほしいものです。

 

でなければ、ただでさえドイツ戦の歴史的大敗の後、サンパウロではバス約20台の放火や商品の略奪などがありました。

 

もしもブラジルが3位決定戦でオランダに敗退し、3位にも入らなかったとしたら、それこそ大規模な放火、略奪、暴動などが起きてもおかしくないでしょう。

 

 

ということで、3位決定戦となるブラジル対オランダの試合は、7月13日(日)に、フジテレビ系列で日本時間の午前4時半より放送され、キックオフは午前5時から。

 

決勝戦のドイツ対アルゼンチン戦は、7月14日(月)に、NHKで日本時間の午前3時に放送され、キックオフは午前4時からとなっていました。

 

ユーザーさんの間では、優勝はドイツで決まりという声が多かったみたいですが、私は24年ぶりの決勝進出を果たしたというアルゼンチンを応援したいですね。

 

とにかく、ワールドカップブラジル大会としては最後の試合となりますので、私も決勝戦のドイツ対アルゼンチン戦はリアルタイムでしっかりと見るつもりでいます!

 

 

ということで、次のワールドカップに関連した記事は、決勝戦における優勝国が決まり次第更新の予定です。 (180)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

スポンサード リンク